投資金融

資産運用をするなら投資と投機の違いの区別から知るべきです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




資産運用をするなら常識的に考えたらやはり投資によるやり方で、お金を増やして行く方法が、望ましい事は、正直な所だと私は、思っております。

分かりやすく言えば、何処かの積み立てファンドに、毎月決まった額を積み立てて資産を増やすと言うのが、分かりやすいです。

あとは、やはりウェルネスナビも分かりやすい投資の例えとなります。

ただ短期間で一気に資産を増やしたい方も中には、いらっしゃる事も事実です。

私もどちらかと言えば、そぅ言った考えです。

それが投機と言う事になります。

短期間。それも1分1秒におけるわずか数コンマの単位で、一気に資産を倍増させると言うやり方で、資産を倍額する方もおります。

それが投資と投機の違いと言う事になります。

詳しい事につきましては、後程別の項目で、お伝えさせて頂きます。

お話しを進める前に、この記事の作成した理由と対象となる方をお伝えさせて頂きます。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。




資産運用をするなら投資と投機の違いの区別から知るべきです!

改めまして資産運用を始めるにあたって、投資と投機の違いと区別をお伝えし、その意味と内容を説明しないといけません。

何せ中長期的視野で、お金を増やしたいのか?それとも短期間で一気に資産を増やしたいのか?そこからですね。

この記事をご覧になられた皆様は、果たして短期間で稼ぎたいのか?それとも中長期で、資産を倍増させたいのか?

答えは自分を知り、どちらが向いているかによります。

その前に投資と投機の違いとその内容について、お伝えさせて頂きます。

投資とは。

一言で言えば、資産を何かの金融商品を購入する事です。

またビジネスと言った事業にも投資と言う言葉を使う事もあります。

分かりやすく言えば、中長期的な視野で、お金を増やすと言う事になります。

安い時に安い株を購入し、利益の基準を決めて、利益確定すると言うのが、投資の基本です。

バリュー株グロース株の投資をご経験されている方ならこの意味が、よく分かりますが、お金を企業に出資し、投資した企業の事業によって、株価が、上がった時に利益として確定する。

どちらの株式投資も最低でも中長期的視野が、必要となります

投機とは。

この記事で、お伝えしたい事は、この投機です。

何故投機の事をお伝えしたいのか!?またどぅして投機的視野で、時と場合によっては、必要なのか!?

まずはその投機の事からお伝え致します。

改めまして投機の意味は、先程も冒頭でお伝えしましたが、市場の参加中の時間で、短期間それも1分1秒と言う数コンマの時間で、利益を獲得する手法として伝えられてます。

丁度今の時代の象徴的な資産運用として知られるオンライントレードが、その事を強く表しております。

私は、FXCFDが、強い印象を見受けますが、株式投資においてもかなりデイトレードで、売買している方もおります。

言ってしまえば、一発逆転を狙うギャンブルと言っても良いかもしれませんね

言葉を変えれば、不確実でありながら大きな当たりを狙って利益を取る方法も投機と言います




それでも投機でお金を増やすなら。

先程もお伝えしましたが、この記事で伝えたい目的は、投機で売買して稼ぎたい方の為に、お伝えすると言う目的が、あります。

かの有名な投機家として知られるウィリアム・デルバード・ギャンが、その独自の投機的な手法を編み出した事は、有名な話しです。

またジョージ・ソロスもかなり投機的手法の持ち主として知られております。

具体的に話せば、長くなりますが、彼等の様に、一発逆転による辺り一攫千金で、お金を増やしたいならやはり投機的な手法が、望ましいです。

やはりデイトレードが最適です。

ギャンとソロスの頃は、市場動きを予測して、行っていたのは、お間違い御座いません。

今の時代インターネットによるリアルタイムのオンライントレードが、主流となってますので、まぁ投機で、勝負するならやはりデイトレードが、一番最適であり無難なやり方となります。

ただ先程から何度も口酸っぱくお伝えしておりますが、ディトレードになるとわずか数分数秒によるほんのわずかな数コンマの時間単位で、売買するのが、基本となります。

勿論ファンダメンタルズ分析も大切ですが、基本は、チャート分析によるトレードが、基本となります。

まぁMACD辺りは、基本的に使用する事になるでしょう

あとは、ローソク足による値動きです。

個人的にボリンジャーバンドを使用する事を推奨致します

理由としてローソク足と平均足の動きと共に、そのローソク足と平均足の移動平均の上下に値動きの幅を示す線が、特徴的なテクニカル指標となります。

つまり移動平均だけに頼らず、ボリンジャーバンドの指数を用いて、短期的売買を繰り返す方法が、分かりやすいと私は、考えております。

ただし別の収入口も作るべきです。

これはウィリアム・デルバード・ギャンが、そぅでしたが、投機的売買になると、確かに儲かった時は、それでヨシですが、逆に値動きが、読めず大損をする事も時には、御座います

もし築き上げた資産が、一気に無くなる事を想定して、本業とまでいかなくても副収入的な収入口は、保険代わりとして整えておくべきです

分かりやすく言えば、正社員で働くか、時間の融通が効くパートの仕事をすべきと言う事です。




まとめ。

ここまで本文で、投資と投機の違いの意味をお伝えして参りました。

改めて振り返りますと、どちらかと言ったら投機の事を熱く語ったなって言うのが、実情です。

事実投機の事をメインに、お伝えしたと言うのが、本心です

今後投機で、売買を考えるなら秒数コンマの値動きで、チャートの値動きを読める力を養うべきです。

それと同時に、別の収入口も用意すべきです



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。