健康

高血圧症の方くれぐれもお気をつけ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




現代社会における「高血圧症」。これも一つの病気です。そして今回お伝えするキーワードとテーマです。

血圧が、高いと様々な病状が、生じて来ます。

私も高血圧の方を沢山見て来ました。

その原因と対策法を今から各項目で、お伝えして参ります。

この記事を作成した目的とその対象者を今からお伝えして行きます。

高血圧の方。

血圧の上昇を抑える為に、その対策法をお伝えする事。

ストレス社会において、いかにどぅ健康管理に取り組むか。

高血圧症対策として、身体が資本と言う事を伝える為。

改めまして上記の方を対象と言う理由で、作成させて頂きます。

予めご了承下さい。




そもそも高血圧症とは何か?

血圧とは心臓から送り出される血液が血管壁を押す圧力のことで、この圧力が高すぎる状態を高血圧症といいます

この症状が長期にわたって続くと、いわゆる「血管病」であり、その中でも動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞などを突然起こしやすくなり、血管のダメージを受けやすく固くなりやすなります。

更に血流が悪くなると、血管が破けたり詰まったりしかねません

高血圧の基準値は?

一般的に最高血圧が140で最低血圧が90以上の方が、高血圧症として認知されます。

高血圧になると心筋梗塞や体調不良を起こしやすくなる事ももよく聞きます

具体的に言うと、急に具合が悪くなる事が、よく聞きます。実際私の知人も血圧が上がって気持ち悪くなったりする事も聞きます。

高血圧になると体調が崩れる。

繰り返しお伝えする様で、大変恐縮ですが、今まで私が、見て来た中では、そぅ言う体調を崩す方が、大勢おりました。

一番分かりやすいのは、やはり当日休み。いわゆるドタキャンです。

あと早退する方もおりました。




ではどぅ言う方が高血圧症になりやすいか?

まさにタイトルである「高血圧症の方くれぐれもお気をつけ下さい」。と言う意味合いかが、この場で、ハッキリと記されます。

言葉悪くて大変恐縮ですが、一体どの様な方が、高血圧症になりやすいのか!?

今からお伝え致します。

過度な塩分の摂取。

まず食塩の取りすぎが大きくあげられて来ます。適量でなら大丈夫ですが、過度に取りすぎると塩化ナトリウムが溜まりやすくなり、ナトリウム濃度を調節しようとする働きにより、循環血流量が増加する傾向になります。

現代社会においてインスタントラーメンや、冷凍食品、ハンバーガーなどファーストフードが代表的であり野菜や果物等に含まれる、酵素の摂取が、現象傾向にあります。また過度カロリー摂取も要注意です。

肥満体型の方。

この事は、肥満体型には気を付けろ!の記事と併せてご覧頂くとより詳しくお伝えする事になります。

その肥満度が上昇すると高血圧の因子になりかねません。特に内臓脂肪型肥満の方は、血圧上昇の関連が高く心臓の負担にもかかりやすくなります。

食塩の取りすぎでもお伝えしましが、カロリーの取り過ぎでも肥満になります。

過度な飲酒。

過度の飲酒は血圧を上昇させます。取りすぎると血管病を起こしやすくなります。

仕事を終えた後、やはりと言っても過言じゃありませんが、どぅしても気の合った仲間内で、一杯飲みたいと言う気持ちになりますよね

また飲み食いしながらのカラオケ等も楽しみたいですよね。けど楽しむあまり、この様に適量を超えて酔っぱらう位の勢い、自分の体に合わない位まで、過度な飲酒をすると危険水位になり得ません。

いくら楽しみだからと言っても飲み過ぎには、くれぐれもお気をつけて下さい

運動不足の方。

現代社会では「エレベーター、エスカレーター」と言ったのが、台頭し一般化されてます。

階段による昇降が減りつつあります。また他の項目でもお伝えしておりますが、運動不足になると体が固くなりやすく血液や酸素の流れが悪くなります

また肥満になる原因でもあります。今の時代運動するのは、正直難しい時代です。

ただその中で少ない時間を見つけるか、あるいは休日を利用して、優酸素運動をし、風呂上がりのストレッチを習慣化させ、常日頃から体を柔らかくして、内臓脂肪を減らしやすい体にし、より健康的な体の改善をすべきです。

喫煙。

喫煙は血圧を上げる作用があります。さらに動脈硬化も進行させるので、狭心症や心筋梗塞のリスクも高まります。

また血液を汚れやすくしますので、血管が傷つきやすくもなります。

ストレス。

これも他の項目でもお伝えしてます。この項目では動脈硬化との関連が高いので要注意です。

また冬場など寒冷になると血圧が高くなりやすくなります。特に外仕事や外回りの方は、気を付けて下さい。




まとめ。

本文を振り返ってお伝えしたい事は、高血圧症になりやすい方の携行として強い印象は、やはり人一倍ストレスを感じやすい方です。

言葉を変えれば、ストレスの耐性に弱い方でもあります

更に神経質な方においては、ストレスを感じやすいので、結果として血圧上昇の要因となり得ます。

改めてお伝えすると、そぅなりますね。やはり高血圧症になりやすい根底は、ストレスになります。

そのストレス発散として、飲酒喫煙に走り、やがてそれがストレスを和らげる様、脳に記憶され、脳から神経の伝達命令習慣となります

更に過食症や運動不足になると尚更高血圧症になりやすくなります

くれぐれも気を付けて下さい。

いかがですか?いくらストレス社会と言われがちの現代社会において、正直難しいと局面になります。

本文でもお伝えしましたが、高血圧症の薬を飲んでも、時には「気持ち悪くなる」事も稀にあります。私は血圧の薬は、飲んだ事がありませんので、正直分かりません。

なので、薬を常用している方は、体調面にもお気をつけ下さい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。