社会

お金の勉強をするなら専門家の力を借りる事が堅実的である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事をご覧になられる前に、予めお断りしておきます。

この記事をご覧になれる前に、まずこちらの記事をご覧になられる前に、ご覧下さい。

何故なら併せてご覧になると、その意味が分かって来ると思うからです

我々が生きる人類は、ありとあらゆる面において必ずお金が、関わって来ます

子供の頃は、お金の教育は受ける可能性が、出て来ると思いますが、今度いざ大人になったら・・・・今の時代は、高校生の頃からか??。

アルバイトと言う名目で働き、時給契約で給料を支払うと言う形で、お金がもらえます\(_ _)。

この様な形で、限られた給料の中で、お金の事を勉強して、支払われた給料の中で、どぅやってお金をやりくりして行く事が、大切です。

社会に出れば、あらゆる面においてお金と向き合う機会が、増えて行きます。

その為に、ファイナンシャルプランナーと言った専門家の方の力を借りる事が、堅実的と言えます。

そろそろお話しを本題に進めさせて頂きます。

その前に対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

Contents

何故お金の事を勉強する必要があるのか!?

どぅしてお金の勉強をする必要が、あるのか!?についてですよね。

改めてお伝えしますと、我々人間は、生きる以上必ずお金が大きく関わって来ます

衣食住と言った物を購入して支払うのに、必ずお金の支払いが、絶対的となって来ます。

いつの時代からそぅなったか分かりませんが、とにかく何かを購入やら支払うのに、必ずお金が、大きく関わって来ます。

どぅしてそぅなのか!?その事を各項目で、お伝え致します。

生きる以上お金と一生涯付き合うから。

衣食住と言った事は、必ずお金を支払わないといけません。

子供の頃は、親が稼いだお金で、養って貰う形になります。

けれど学生生活を卒業し、社会人として何処かに勤める事になれば、自分で働いて稼いだ給料で、一ヶ月の生活を賄わなくては、いけなくなります。

自然界が、そぅである様に、人間もまたいつか親元を離れ自立して行きます。

国によっては、成人したら実家を出ると言う習慣が、あります。

そぅなって来ると、仕事をして一ヶ月の給料の中で、税金と社会保険は当然引かれます。

その上において家賃を絡んだ光熱費、食事代、シャンプー、トイレットペーパーと言った生活雑貨、インターネットが絡んだ携帯電話料金は、最低給料から引かれます。

また時と場合によっては、衣服と言った物にもお金を使います。

その中で、どぅやってお金の計算をして行くか!が、お金と上手く付き合う方法です。

将来のライフプランに備える必要があるから。

一ヶ月の給料の中から色々と引かれます。

やがて誰かと結婚をして、家庭を持つ様になれば、マンションの一室を購入するか、土地を買って家を建てるか!も一つのライフプランになります。

その上において老後の人生設計を描く事も大切になって来ます。

人はいつしか現役を終えて、やがて次の世代に託して、役割を終えると言うのが、宿命です。

その事を例えて、いつか更年期となり、老後による年金暮らしによる隠居生活を送る事になります。

今の時代ですと、医療の進歩によって高齢の方でも健康体の方が、増えて来ており、70歳を越えても現役バリバリの方が、多い時代ですが。

何よりお金が必要だから。

結論はそぅなります。

最低限お金がないと、欲しい物が買えなくなります。

また体を悪くなった時に、医者も行けなくなります。

そぅ考えると、お金が必要なのは、事実です。

専門家の力を借りるとこぅ言うメリットがあります。

お金の事を勉強するなら参考書を読む方法が、空いた時間を使って勉強が、出来ます。

時間は要しますが、専門書を読めば、空いた時間を使ってお金の勉強は、出来ます。

ただ専門書を読むだけでなく、ここは時間を作ってファイナンシャルプランナーと言った専門家の方に一度お会いし、その上で専門家の方とパートナーシップを組むのが、手っ取り早いです。

そのお金の専門家の方の力を借りるとどぅ言うメリットが、あるのか!?

その事をそれぞれの項目でお伝えして参ります。

年金対策が出来る。

今の時代人生100年と言われている時代です。

それだけ長寿の時代となって来ております。

厚生年金、国民年金と言った年金を支払っていれば、いずれ年金が、支給されます。

国民年金の場合国民年金基金と言うのを支払えば、厚生年金の支給額とほぼ同じ位もらえます。

それだけでなく、給料の中で年金が、プラスされるライフプランを提案が、ありますり。

確定拠出年金の事を知る事が出来る。

今の時代企業勤めによっては、iDeCo事確定拠出年金による年金の支払いが、義務つけられている企業も存在します。

また銀行と言った金融機関によっても個人でiDeCoを開設して、自分で出来る事も可能です。

言ってしまえば、個人型確定拠出年金と言うべきです

iDeCoは、確定拠出型年金法に基づいて、実施されている私的年金制度です。

自分で申し込み、自分で運用方法を選んで、掛金を運用します。

この確定拠出型年金の仕組みと運用方法の説明も受けられるのが、ファイナンシャルプランナーと言った専門家によるアドバイスの特権です。

ライフプランの設計のアドバイスを得られる。

ファイナンシャルプランナーと言ったお金と言った専門家の方は、人生のライフプランによる設計の提案のプロです。

分かりやすく言えば、結婚をして家を購入したい、子供を作り育てたいと言った人生の計画の相談のアドバイスを受けられると言う事です。

資産運用と貯蓄計画の提案が受けられる。

この時代年金の支給が、65歳を越えて満額支給が、受けられるかどぅか正直不透明極まりないです。

そぅ考えますと、将来のライフプランは、決して安泰とは言えません。

そこで、貯蓄計画から資産運用によるお金を作り出す事で、お金を作り出す事が、出来ます。

一番分かりやすいのは、この二つです。

積み立て投資。

ウェルスナビ。

積み立て投資とウェルスナビで、毎月決まった額を積み立ててお金を運用して増やすと言うやり方が、一般的な資産運用による貯蓄計画じゃないかなって思います。

まとめ。

ここまで本文で、本気でお金の勉強をするのであるなら専門家の力を借りる事が、堅実的である事をお伝えして参りました。

本文でもお伝えしましたが、生きている限り必ずお金と一生涯お付き合いして行く事に、なります。

何にしてもお金が、ないと厳しい事もあります。

その為に、限られた給料の中で、どぅやってお金の管理とやりくりをして行くに伴って、将来のライフプランの設計をして行く事が、肝心です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Warning: Undefined array key "disp_views" in /home/xs943060/nobuyuki-shirai.com/public_html/wp-content/themes/xeory_extension/lib/functions/postviews.php on line 647

コメント

  1. armlock より:

    こんにちは。ご無沙汰しております。

    本当にお金がないと何もできませんよね。
    ライフプランを真剣に考えないとと考えさせられました。
    専門家に相談することも検討しないと。勉強になりました。

    いつもありがとうございます。

    1. 編集長 より:

      armlock様。

      こちらこそご無沙汰しております。

      兼ねてよりご連絡が、遅くなり大変申し訳御座いませんでした。

      仰る通りお金が、ないと何も出来ません。

      何より専門家の方の知恵を借りて、ライフプランを計画すべきです。

      この記事は、その事をお伝えする為に作成しました。

コメントを残す

*

CAPTCHA