投資金融

バリュー株は格言の証しである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




さてさて。この記事では「バリュー株」と言うのをキーワードにし、テーマとしてお伝えして行きます。

このキーワードを始めて聞く方が、いる可能性がありますので、バリュー株と言うのがどぅ言うのか?からお伝えして行こうと思います。

その上において、この記事の対象者の方が、どの様な方なのか?その事をお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

故に何故バリュー株は格言の証しである。理由も兼ねてお伝え致します。

予めご了承下さい。




バリュー株とは。

バリュー株とは、一言であり結論から言うと(割安株)の事です。

理由については様々ですが、例えば(企業が本来期待されている売り上げや利益が、期待に応えられず本来の株価指数とは、程遠い割安な株価として)示されている場合が多いです。

ただその一方で知名度が低い企業でも(堅実的な経営による利益を上げている)企業も中には、存在しております。

割安放置の銘柄が多い為、正直成長期待が高いグロース株に行きがちになりやすいですが、このバリュー株の中には、割安株でも質が高くグロース株以上に力が、ある企業も存在します。

バリュー株投資に必要な尺度とは。

分かりやく言うとPERとPBRの二つで、その尺度を図る事で分かります。

念の為この二つの用語も簡単にお伝えしておきます。

PERとは。

別名として、株価収益率と言います。具体的にお伝えしますと、会社の株価と利益の関係性を示しております。

この指数を元に株価の割安か割高かの尺度を示す事が出来ます。

PBRとは。

別名として、株価純資産倍率と言います。具体的にお伝えしますと、会社の株価と純資産の関係性を示しております。

こちらも割安割高の尺度を図れます。

そぅ最低この二つの指数を元に、利用すれば割安か割高かを知る事が出来ます

配当利回り率が高い事も条件の一つ。

この上において(配当利回り率)が高い事も重要です。

PERが10倍以下、PBSが1倍以下、配当利回り率が3倍以上を基準にスクリーニングすればバリュー株銘柄が出て来ます

ただし割安だからと言って安心感は、持てませんやはりROEが10倍以上であり、フリーキャッシュフローが黒字で、DEレシオが1倍以下と言った 成長力が強く無借金堅実経営企業を確実に探す事が必要です




バリュー株がおすすめな理由は。

そぅ実はこの手法こそが、バリュー株の醍醐味であり、日本のみならずアメリカでも、バリュー株で利益を上げている方がいます

実際に(ウォーレン・バフェット、ピーター・リンチ、ベンジャミン・グレアム)がその代表格ですからね。

まさに格言ですね。

そのバリュー株で儲ける事で、格言な理由を今からお伝えして行きます。正直この手法で(ミリオネア)になった方もこの地球上に存在しますからね。

バリュー株の基準とは。

先程のPER10倍以下、PBR1倍以下、配当利回り率が3倍以上を元にした尺度を用いる事を復習とし、その中においてバフェット氏の理論を元に言えば、(優れた企業は株価下落、業績悪化は関係なく、下がるのは一時的な事である)と言う考えを元にした手法を取ってます。

つまり(不景気で続くと倒産します。これは当たり前です。しかし!その中において企業の力や経営力をしっかりと判断する事が重要)であると。

つまりただ割安だけでなく、いかにどれだけ力があり優れた企業を見極める必要があります

これをしくじると、割安の落とし穴に落とされるのが、オチですね(;^_^A。その為のROEが最低10倍からなのですね(*_*)

これぞバリュー株の効果なり!

そぅ。このバリュー株投資は、きちんとした銘柄探しをしなければ、市場のイレギュラーに飲まれますいくらベテランの投資家でも苦戦する事を聞く事もあります

またこのバリュー株投資は、非常に超長期投資の為、根気強さと精神力が、必要不可欠です。

割安な上に中々株価上昇まで時間が、物凄くかかるので、利益を生み出すのは、数年かかると言われます。

ただし企業が、いつ本来の株価が戻り、本来の力を発揮し、利益を得られる事で、爆発的に伸び上がる事もあります。

バリュー株は安い時に買う事。

そぅ大切なのは(株価暴落、市場や会社のイレギュラーによる株価下落)の時において、安い時に買う事。ただしただ割安でなく、企業力がある割安銘柄を購入する事。

このバリュー株投資による格言とは、こぅ言う事です。

この投資で企業分析力を養う事が出来れば、今後の投資にも役立つ事が出来るでしょう。

現に彼等バリュー株投資家がそぅですから。

そぅ言ったバリュー株の場合って、確実で適切な情報が、必要となります。




まとめ。

ここまでバリュー株の事をお伝えして来ました。

世界的名だたる投資家の方々の中でもバリュー株と言った割安株で、資産を積み上げて来た投資家もはかり知れません。

日本株の中でも名だたる企業において、かなり割安に放置された銘柄が、数多く存在しております。

そぅ言った企業は、本来であれ、かつての成長企業の頃から積み上げて来た企業力が、あります。

そぅ言った割安で巨大企業を見つけて、安い時に株を購入すれば、いつしか莫大な利益を得られる可能性が、あります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。