世界情勢、世界的危機

投資信託とは何なのか?わかりやすくお伝え致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私が投資を始めて投資したのが、この記事のテーマとなる投資信託です。

当時は投資の事が、何も知らず右も左も分からない状態で、始めました。

よく耳にする何とかファンドと言うのが、あります。

例えば新興国の資源やら何やらって。

それが、投資信託の事になります。

その投資信託となりますが、一体どの様な金融商品となるのか?その事を踏まえてお伝えして参ります。

お話しを進める前に、この記事の作成した目的と対象となる方をお伝え致します。

続きまして対象となる方をお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。

投資信託とは何なのか?わかりやすくお伝え致します。

さて改めましてその投資信託って一体どの様な金融商品であり、一体どの様な形で投資する事になるのか?

まずはそこからお伝えしないといけませんね。

その投資信託ですが、先程お伝えしておりますが、英語名でファンドと言います

繰り返しお伝えする形になりますが、何とかファンドと言うのが、耳にする機会が、御座います。

そのファンドこそ投資信託となります。

具体的に言えば、投資家にファンドとして扱い募集をかけて、お金を集めると言う仕組みです。

その運用成果と実績によって、投資家に分配される仕組みです。

基本的には、証券会社の口座を開設して購入するのが、一般的となります。

ただ銀行でも取り扱っている事も事実です。

ただ投資だけあって元本が、保証されていると言う事は、御座いません。

投資信託は複数の種類で組み込まれている。

正直申し上げます。投資の基本は、元本が保証されていませんし、当然それに伴うリスクと隣り合わせとなります。

その事をご了承の上、投資信託を始める事をお勧め致します。

まず投資信託の場合は、基本的に二つのタイプに分かれております。

の2種類に分かれております。

追加型は、いつでも購入出来るタイプであり、単位型は、購入期間が限定されているタイプと言う特徴が、あります。

最低限この2種類のタイプは、必ず覚えて下さい

この2種類に基づいて国内、海外、国内外、新興国のどの国のファンドに投資をするか!?となります。

まぁ。国内か海外のどちらかに投資をすると言う事になります。

その上において、株式、債券、不動産投信、その他資産、資産複合のどれに投資するか!

更にインデックス型の様に、日経平均株価と東証株価指数等と連動するタイプもあれば、アクティブ型の様に、指数を上回るリターンを狙えるタイプも存在しております。

つまりどの国のどの商品に、組まれたファンドに投資をしたいか!

まずは、それからです。

投資信託の仕組みを知る必要があります。

ただいくらこのファンドに、魅力を感じて投資をしたい!それは本当に分かります。

私も投資信託を始めた頃は、本当に右も左も何も分からないで、その商品に投資をした位です。

勿論ファンド名に引かれて投資信託を購入したいです。

ただその中で、必ず落とし穴が、あると言う事も踏まえた上で、お願い致します。

何故なら先程の話しに戻りますと、ファンドは、国内、外国、国内外、新興国のいずれかの国に投資をし、その上において、それ等の国々の株式、債券、不動産投信、その他資産、資産複合のどれかに、組み込まれています。

と言う事は、その商品に関連した物をチェックする事になります。

例えば、新興国の株式ファンドなら新興国の組み込まれている企業をチェックする事が、大切になります。

世界情勢と経済動向をチェックする必要があります。

まず投資信託の商品の目論見書を拝見し、その関連している国の情勢、経済動向を日頃から見る事が、とても大切だと言う事です。

例えばブラジルの資源ファンドなら当然ブラジルの社会と経済情勢を知らなければなりません。

更にその資源ファンドに組み込まれている企業、その企業が、どの国との結び付きが、強い事も知る必要があります。

それでも投資信託を始める初心者の方に。

ここまで投資信託の事をお伝えして来ました。

正直ファンドに投資をすると言うのが、メインとなります。

ただ株式投資、FXトレードの様に短期的な売買をする投資でなく、本当に中長期的視野で、やるのが、基本です

分かりやすく言えば、ウォーレン・バフェットの様に、バリュー株による超長期的視野での投資が、基本となります。

投資信託は中長期的視野で。

今もお伝えして来ましたが、投資信託の場合は、基本的に中長期的視野での投資が、基本です

何故ならファンドが、メインテーマとしている事に投資をし、そのファンドの実績に伴って、上手くお付き合いする形となります。

言ってしまえば、ファンドと上手く付き合う事になると言う事です。

またドル・コスト平均法を取り入れるやり方もありです。

ドル・コスト平均法とは。

そのドル・コスト平均法とは何なのか?

金融商品による投資は、常に価格が変動する事が、常識です

その変動する価格の中で、常に一定の金額で購入する事が、このドル・コスト平均法となります。

購入時より金額が、安値の時には、買い増しをし、逆に高値の時は、購入するのを様子見ると言う事になります

分配金が貰えるのも魅力的。

これは私個人的には、とても魅力的と言えます。

基本的に分配金が、貰えるファンドと貰えないファンドこそ存在しますが、貰える場合ですと、購入した口の数が、多ければ多いほどその文分配金の貰える額が、多いです。

ただファンドに組み込まれている企業やら実績が、悪化すると分配金の基本額が、減らされる事も時には、御座います

その辺をご了承下さい。

まとめ。

ここまで投資信託の事をお伝えして来ました。

やはり投資だけあって、必ずリスクとの隣合わせが、基本となります

また投資信託と上手く中長期的視野で、お付お付き合いする事もとても大切です

mattoco(マットコ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。