世界情勢、世界的危機

CFDの取引とは何なのか?その事をこの記事でお伝え致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

CFDの取引の事って何なの?そのCFD取引とはどぅやってやるの?

その事をテーマにお話しを進めさせて頂きます。

この記事の目的をお伝え致します。

となります。

巷では、株式を扱うFXと言われております。

簡単に言えば外国為替から株式を扱うFXと思えば、分かりやすいです。

そろそろお話しを本格的に進めさせて頂きます。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。

CFDの取引とは何なのか?その事をこの記事でお伝え致します。

では改めましてこの記事のテーマとなるCFDの事をお伝え致します。

CFD。別名Contract For Differenceのそれぞれの頭の部分を取った略式名称の事を指します。

日本名でお伝えすると「差金決済取引」の事を意味します。

冒頭でもお伝えしましたが、FXと同じ分類に属し、FXの様に外国為替だけに特化せず複数の物を対象とした取引が、可能となる金融商品です

その対象となる商品をお伝え致します。

基本的に株式や商品と言った物をメインに、行っておりますね

まずCFDを取引すべき時間は?

これは基本的には、FXと同じく24時間による取引が、可能です

もっと簡単に言えば、自分の都合の良い時間に取引をするのが、一番確実で懸命だと言う事です。

専業トレーダーの方ならやりたい時間に出来ますが、普段会社等に勤めていると、やはり米国市場に合わせて取引をする機会が、多くなります。

なので日本時間の夜21時位からスタートをするのが、やりやすく勤めている方にとっては、ベストタイムとなります。

やはり米国が、世界金融市場の中心地ですからね

FXと同じ様に米ドル円の組み合わせがメインの取引をすれば、分かりやすい形で、市場に参加が、出来ます。

CFDのチャート分析方法は。

CFD取引でのチャート分析は、基本的にFXと同じタイプとなります

なので、FXのテクニカル分析で、慣れた方にも安心して取引が、可能です。

ただし取り扱う商品が、基本的に株価指数や株式が、メインとなりますので、正直トレードのボードを見て慣れない内は、戸惑う事もあります。

ただチャート分析に関して言えば、FXと同じですので、チャート分析が、好きで慣れている方には、まず安心して取引が、出来ます。

CFDで日経平均指数の取引は出来るの?

基本的に日経平均指数の取引は、可能です。日経平均だけに止まらずダウ平均と言った世界の主要株価指数も対応は、しております。

また株式銘柄も1万を超える銘柄も取り扱っております

ただチャート分析になって来ると、正直かなりその人の根気が、試される形に陥ります。

ただFXよりは、取り扱い商品が、多い分その時の動向次第は、FXとの併用取引が、可能です。

何故CFDとFXが併用なのか?

株式が活発な時には、CFDをメインに。

外国為替が、活発な時は、FXをメインに取引を行えば、市場参加が、やり易いと言う事になります。

余はどちらがメインイベントなのか!それだけです。

CFDを始めるならまず口座を開設してからです。

これは当然の事です。

金融商品を扱う訳ですからそりゃそれ相応の口座を開設しないといけません。

CFDも基本的に、FX同様インターネット上での取引となります

なので、まず最初にインターネット環境を整えないとお話しは、進められません。

ただ今の時代スマホを持つ事が、当たり前の時代となりますので、インターネット環境の問題改善に関しては、まずスマホを持つ事で、即解決となります。

まぁ願わくば、Wi-Fi環境が、あれば更に円滑的です。

その次は、口座開設です。

日本国内で、一番CFD取引で有名なのは、IG証券様です。

あとは楽天証券様、DMM証券様、GMOクリック証券様、くりっく株365と言った所が、有名所です。

まぁその人の好みややり易さによりますが、IG証券様で、口座を開設すれば、無難です。

CFDにかけられる証拠金は。

いわゆるレバレッジの事です。

ただこれ正直申し上げますと、FXの様にかなりハイレバッジをかけての取引は、望めないのが、CFDのデメリットの一つです。

大体が、3.3倍のレバレッジで、最大5版のレバレッジでの取引が、可能です

いくらFXよりも幅広い商品での取引が、行えるCFDとは言え、こぅ言ったハンデによるデメリットも実在するのも一つの特徴とも言えます(;´д`)。

なので、海外FX業者の様に、とてつもないハイレバッジをかけて大儲けを考えている方は、高望みは望めないと考えてCFDの取引を行うべきです。

あるしFXと同じです。

まぁ。そぅ言う事になります。

結局は、証拠金をレバレッジで、掛けて取引を行う面に関しては、FXと共通しております。

勿論突然のイレギュラーによる相場の変動も隣り合わせとなります

結論を申し上げますと、市場に参加する時は、必ず確実に参加出来る時間を作ってやるべきです

まとめ。

私の中では、第二のFXとも言えるCFDですが、扱う商品が、株価指数と株式が、目に入りました

頭でっかちに、外国為替だけに偏らずその時の市場の動向を判断して、FXと併用して取引を行う必要性が、あると言う事が、資産運用を行う上で、堅実的でローリスク的なやり方となります。

DMM CFD

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。