イノベーション

現実世界と言う過酷なサバイバルで生き残る為に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




現実世界は、もぅ太古古来の大昔から本当に、過酷で厳しい現実を常に突きつけられる日々の連続です

何故ならそれは一つの時代の終わりを告げると共に、新たな時代の幕開けの到来のお告げでもあります

これまでの世界と歴史の動きの流れを辿ると、いかにも「現実世界がどれだけ過酷な世界」を示しているか!それが本当に、伝わって来ます。

大昔のサバイバルをテーマにした、作品を見てもその事が、示され伝わって来ますが、今の現代社会においても全く同じ事が、よく伝わって来ます。

またその過酷な競争で生き残るのもかなりシビアとなります。実際に名門と呼ばれるスポーツクラブが、それを示しております。

それだけ過酷なサバイバルで、生き残るのは、生半可な志じゃ駄目だと言う事です。

ただ大学卒の肩書きだけじゃなく、幼少期の頃からフィンランドなど北欧の様に、(実社会)で活躍出来る為において、自分を高める必要が、あるからです

それが出来る方こそ道を切り開けるのです!

予めご了承下さい。




現実世界と言う過酷なサバイバルで生き残る為に。

私の様な者が、言うと大変おこがましく聞こえますが、この大海原に轟く雷鳴によって、時には海を渡る船が、沈没する時もあります。

その事を例えて、この現実世界は、それだけ過酷で極まりないのが、事実です。

これまでの歴史の歩みとその語り継がれを見ていると、必ず過酷な現実を突きつけられてます。

歴史は繰り返される((( ;゚Д゚)))

そのことわざが、昔から語り伝えられる様に、今尚我々の世代でも、その教えが強く語り継がれております。

その例えを示すなら「メガカンパニー」つまり最大手企業の採用基準が、良い例です。

東証一部上場の中でも本当の意味で、世界的であり歴史的に認知度が高く、国際社会で戦い抜き生き残れる企業の採用基準は、最低でも(大卒)となっているのが、ほとんどだと見ています。

中にはそぅでない企業も存在しますがね。

何しろ国際社会で戦い抜く為には、まず国際社会で戦えるだけの人材の採用をしないと、生き残れないのが、実情です

その証拠に力なき企業。または力尽きた企業は、力ありし企業に買収されるか、もしくは自己破産となり企業が倒産になる事もあります。

その内の一つが世界的な大惨事による出来事。

その過酷なサバイバルの象徴となる一つが、度重なる「世界的な大惨事」となります。

2020年初頭だと何と言っても「新型コロナウイルス」による世界的大感染による経済活動の自粛停止が、象徴的な大惨事となります。

4月初旬から中旬にかけて、新型コロナウイルスの発祥地となる中国湖北省武漢市が、解放され、まるでコロナウイルス終息を象徴しているか(*´-ω・)の様な出来事が、報じられました

今回の出来事は、100年くらい前の「世界大恐慌」と同じ位の規模であり、あたかもその当時と似ているか?の様な光景となっております。

アメリカの動向も世界の命運を握る。

この先のアメリカ大統領選挙の行方も一つ今後の世界情勢の鍵となります

何しろアメリカは、世界のリーダー国として君臨すると同時に君主なき国家であり、君主なき国家は政治の中枢である(大統領)が、君主となります

そのアメリカの大統領の存在によって、国際社会の鍵であり、運命を左右する事となります。

あとは、やはり大震災等の自然災害、リーマンショック等の金融危機、テロや政治的な出来事などによる社会的事件等も(世界的な大惨事)の象徴的とも言えます。




過酷な現実は人々にとって試練となる。

まさに本当にそぅ思います。先程お伝えした(世界的な大惨事)の例を元にお伝えすると、いかに現実世界が、どれだけ過酷なのか!それが伝わって来ます。

同時にそれが試練となり、各々の方にとって「人生の転機となり分岐点」の(シグナル)となる事でもあります。

こぅ言う世界的な絶滅による出来事の危機に直面すると、正直言って「ネガティブな思考」に陥ります方が、大半な方となります。

実際に報道とかで、見ると(派遣切りや企業倒産)も現実として、取り上げられてますからね(>_<)。

アメリカにおいても2020年4月に発表された「新規失業保険者数の数」も先月の2倍となる(664万8000件)に達したと伝えられてます。

世界的壊滅な危機の時にこそ、自分の真の実力が試される時です。

これ普通に自分自身に突きつけられたら、正直言って本当にネガティブになりますね。

場合によっては、絶望的となり(自殺)するケースも考えられます。年齢がある程度高齢になったらする方も出て来る可能性もありますね。

先程もお伝えした様に、それは絶望的ではなく、本当に各々の方にとって(転機となる試練)のお告げと言う事です。

会社に執着するのでなく、自分にしか出来ない。

それも危機に直面しても乗り越えられるだけの「稼ぐ力」を身に付ける為の期間でもあります。

同時にそれを乗り越える事で、乗り越えた時にこそ、本当の意味で、現実世界と言う過酷なサバイバルで、生き残れるきっかけとなります。

その危機を乗り越える為には身体が資本なり。

この場だと一番最大となるスキルは、「身体の健康管理」となりますが、これは当然の事です。

そもそも身体が資本であり、健康体であってこそ過酷なサバイバルに生き残る為に、必要なスキルとなります

その延長線上において、世界情勢の本質を見抜けるだけの洞察力も必要です

確かに日本経済新聞やウォール・ストリート・ジャーナル等でもそれだけの情報発信は、していると思いますが、果たしてそれが、本当に真実か!?どうか疑う事もあります

報道によって(デマ)が、報じられ時には混乱を招く事もあります。

混乱に惑わされず自分を強く持つ事!

その混乱に惑わされない為にも(物事の真実を見抜けるだけの洞察力)、またはその真実の情報を持つ方を味方につける事が、必要です。

その上において、会社勤めに頼るのでなく、自分の力で稼ぐスキルを身に付ける事です。

言い換えれば独立起業をし、己の本質を知り、自分にしか出来ないそれも逆境に強い稼ぐスキルを身に付ける事です。




まとめ。

ここまで過酷な現実を生き残る為には、どぅすれば良いのか!についてお伝えして参りました。

仰有る通りいつの時代問わずいつの元号においても必ず過酷な現実世界が、突きつけられ訪れます。

お伝えしたい事は、これまでの歴史が、その現実を乗り越えられて来たのは、やはりそれだけの知恵と能力を磨いて来たからだと見ております。

その事をお伝えすべくこの記事を作成する事にしました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

その現実世界と言う過酷なサバイバルの試練を乗り越えたからこそ。

かつて100年くらい前に、起きた世界大恐慌のきっかけから始まった「第二次世界対戦」後の世界。


戦争の傷痕後の世界って、正直言って、かなり滅び去った後の世界となっているのは、事実です。築き上げ来た文明も崩壊された後となっております。

この先に待ち受ける現実は、まさに本当の意味での過酷なサバイバルと言う試練の始まりです。


しかしその滅び去った後の世界を建て直し、今の社会が、存在します。その過程において、新たな文明が誕生し、新たな会社が誕生し、そして新たなリーダーも誕生しました。

そぅ。試練を乗り越えた先に、その強さを象徴とする社会が誕生します。


そのパートナーとなる存在を皆様に、ご紹介したいと思います。


何しろ起業支援、新規事業計画、助成金等の相談も受け付けており、その道標となる存在です


その果てに新たな時代に必要となるイノベーターが、誕生します。それだけの存在を生み出す力が、あるパートナーのなる企業です。


過酷なサバイバルを乗り越えた方にとってのパートナーとなる存在です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。