世界情勢、世界的危機

FXをやるなら経済指標の発表を重視して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



読者の皆様。

この記事をご覧になられる前に、予めお伝え致します。

また経済指標が、何か!を知りたい方とさせて頂き、その上においてどの経済指標を重視すべきか!について知りたい方も対象とさせて頂きます。

確かに言われて見ますと、経済指標の発表の結果によって、外国為替市場や株式市場と言った物をまたがる世界経済の動きが、左右されて来ます。

経済指標の発表が、市場の予想より上回れば、当然株を買われる事が、多くなります。

その国の株式市場の終値が、上がる事もあります。

逆に市場の予想より下回れば、株価が、下がります。

その事も比例して、FXに大きく関わる外国為替市場においても市場の予想より上回り前向きだと判断されれば、円が売られ米ドルと言った通過が、買われやすくなります。

逆のパターンなら円が買われる結果となります。

その経済指標の発表が、どれだけ重要なのか!

その事を念頭に、そろそろお話しを進めさせて頂きます。




Contents

経済指標の発表を重視すべき理由は?

さてどぅして投資をするにあたって、経済指標の発表が、それだけ重要視すべき!なのかですよね。

世界経済を大きく動かすのは、最低でもこれだけは、出て来ます。

物。

人。

金。

政策。

お伝えする順番こそあべこべでありデタラメとなりましたが、人の存在から始まり、経済政策による計画を立てて、その経済に必要な資金を調達し、その後物を作り上げると言うシナリオとなります。

その作った物が、大ヒットすれば、その国だけに止まらず、世界経済を活性化による成長に繋げられます。

その経済の働きの結果によって、経済指標の発表の結果にも繋がって来ます。

どぅして経済指標の発表を重視すべきなのか!

思い当たる理由をお伝え致します。

経済の動向に左右されるから。

その時の経済指標の発表の内容にもよりますが、基本的に、経済指標の発表が、市場の予想よりも上回れば、経済の力強さが、示されます。

分かりやすい経済指標の発表は、この二つです。

雇用統計。

GDPの発表。

雇用の発表は、労働者の発表となります。

一方のGDPは、経済の力強さを示します。

この二つの経済指標の発表が、市場の予想より上回れば、それだけでも経済が、上向きと判断されます。

株式市場と外国為替市場に大きく関わるから。

その時の経済指標が、どれかにもよりますが、私個人的には、消費者物価指数と中央銀行の政策です。

理由して消費者物価指数は、消費者の購買意欲を示しており、この消費者の購買意欲が、高まれば、景気が良いと判断されます。

そぅなって来ると、景気が上向きと見られ、結果として株価指数が、上向き傾向になります。

あと金融政策ですが、政策金利や物価目標やらによる金融により、その国の景気の舵取りを担う事になります。




必ず見るべき経済指標をお伝え致します。

さてその経済指標ですが、他の項目では、株式市場、外国為替市場、景気の先行き等様々な面で、大きく関わっていると言う事をお伝えして参りました。

その経済指標が、一体どの部分を見て、どの経済指標を必ず見るべきか!をお伝えして参ります。

その経済指標の重視すべきポイントをお伝え致します。

雇用。

景気。

物価。

金融政策。

最低でもこの4点に大きく関わる経済指標は、絶対に見るべきです

その経済指標が、どれに関わっているのか!

その事をこの項目で、お伝え致します。

雇用統計。

雇用統計の中でも世界中が、最も注目している経済指標が、米雇用統計です。

何故アメリカの雇用統計となりますと、世界経済の中心地は、アメリカとなります。

そのアメリカの米雇用統計の中で、失業率と非農業部門雇用者数の発表が、世界経済の先行きの動向を左右します。

つまりアメリカだけに止まらず、世界中の雇用統計による失業率の低下と雇用者数人口の増加の発表が、市場予想より上回れば、それだけ労働者人口が、活発となります。

GDP。

GDP

日本語に略すと国内総生産と呼ばれております。

その国のGDPの発表が、景気の力強さを示します。

GDPの伸び率や高さが、高ければ高いほど、その国の景気が、良好だと判断されます。

別の角度でGDPの内容を説明しますと、その国の経済活動状況の活動内容を示しております。

消費者物価指数。

消費者物価指数は、消費者が、物を購入するサービス等の動きを現す経済指標の一つです。

必ずと言って言い位、毎月発表される経済指標として知られております

物価の特徴として、金融緩和等の金融政策により、市場等にお金が、回る事により物を作る等による経済が、活性化される事で、物を買う人が、出て来ます。

買えば買うほど、物価が上がる事で、経済が上向きとなります。

逆にお金回りが悪くなり、デフレ等になると物価が低下しやすくなります。

また過度なインフレ状況になる場合でも物価意欲の低下の恐れも生じて来ます

この消費者物価指数は、その国の経済の体温計として知られており、その国の経済政策を判断させる上で、非常に重要な経済指標として知られております。

中央銀行の政策。

主な国の中央銀行の政策をお伝え致します。

日本:日銀金融政策決定会合。

アメリカ:FOMC。

ユーロ圏:ECB理事会。

イギリス:金融政策委員会。

オーストラリア:政策金利発表。

ニュージーランド:政策金利発表。

と言うのが、主な中央銀行の金融政策として知られております。

大体の方は、日本、アメリカ、ユーロ圏の三大市場をメインに見る方が、多いかと思います。

この中央銀行の金融政策の主な役割は、その国の経済の方針を決める為の舵取りです。

言葉を変えれば、経済をコントロールする為の会議と言うべきです。




まとめ。

ここまで本文で、FXをやるなら経済指標の発表を重視をすべきである事をお伝えして参りました。

改めまして本文を振り返って、経済指標に詳しい方や専門家の方々が、この記事を見た瞬間全然専門的な事書いてねぇじゃん!

って思われる確率が、高いと見てます。

確かにより専門的な説明になりますと、それだけでもかなり長文で説明となります。

その事を避ける為に、最低限見るべき経済指標を絞り込んで、お伝えする形を取らせて頂きました。

やはりどの国でFXをやるなら雇用、景気、物価、金融政策を見るべきです。

その事をお伝えすべくこの記事を作成しました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA