ビジネス

歴史は終わりと始まりから作られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事では、終わりと始まりをメインテーマであり、歴史の歩みと語り継がりをキーワードにした事を投稿させて頂きます。

太古の昔いわゆる恐竜が存在していた時代が、それを意味しております何故なら今我々が生きている時代

つまり現代社会において「恐竜は絶滅」しているからです!他に例えるなら「幕末時における武士から貴族の時代の切り替え」これを例えると「人類は終わりから始まり、始まりが時代を作り出す」。と言う事になります。

故にその始まりが終わりを告げ、また新たな始まりが始まる

そぅ。それがこの現実世界の一つの歯車となります。

その終わりと始まりがの繰り返しこそが、長きに渡る人の成長と共に、歩んで来た「歴史の積み重ね」となります。

言い換えれば「破壊と誕生」ですね。

この記事の対象となる方をお伝えした後に、各項目で、その事をお伝えして参ります。

予めご了承下さい。




歴史は終わりと始まりから作られる。

歴史は常に一つの終わりと始まりから常に作られ続けている。それは、一つの「破壊、創造、誕生」によって生まれる。

この画像の卵から生まれる雛が、誕生するかの例えを示している通り、その雛が、やがて新たな時代と歴史を作るイノベーターの可能性を秘めている者である事も。

その新たなイノベーターこそ、歴史の終わりと言う破壊をし、始まりと言う創造と誕生を作り上げる象徴となる。

それこそが、まさに歴史は終わりと始まりから作られる存在として君臨するであろう。

まさに終わりと始まりは革命その物を現している。



イノベーションとは破壊、創造、誕生から始まる。

そぅですね。これはもぅ今までの記事でもお伝えしております通り、まさにその通りです。

また今冒頭でもお伝えした通りでもあります。

イノベーション=改革:革新:新機軸。もぅ長きに渡り幾度なく、歴史上において繰り返されて来ました。

そぅですね(-_-;)。ジャンヌダルクですかね( ´~`)。イノベーションを起こした例えで言うなら。

まぁ私自身が、本当に衝撃を受けた偉人の一人でもありますからね。

ジャンヌダルクは、今じゃ本当にフランスを変えた偉大なる女性として、本国フランスを始め、各国の歴史上でも語り継がれている女性です。

その彼女の功績を称え、「映画、著書」などでその人物像を作品として語り継がれてます。

私の場合は、1999年に公開された映画で、その功績を見ましたが、彼女を駆り立てたのは、神の声による導きによる行動です。

常に神の声を信じてました。それ以上に「若さゆえによる男以上の大胆で、物怖じしない勇猛果敢さ、行動力、決断力」が、何よりフランスを変えた原動力が、強く印象に残ってます。

当時のフランスはイングランドの支配下に置かれてました。

そのジャンヌの勇ましさと行動力で、支配家を次々と解放された事が、何よりフランスを変えた原動力です。

いや。これは本当に凄いなって思います。ただ生涯の終え方が、正直悲劇的であり、哀れだったのが、残念です



他の例で例えると、やはり幕末から明治維新の日本ですね。

今の日本社会の原点に等しいです。黒船来航がきっかけで、一つの時代の終わりを告げ、新たな時代の改革推進となりました。

その頃から株式会社設立、交通網の開拓、学問の発達などが、著しい時代となったのが、印象的です。

忘れてはならないのは、昭和時代における高度成長社会です。

一度戦争で壊滅した日本を世界最大的な国にまで、発展したのが、何よりのイノベーションです。



ビジネス界の破壊、創造、誕生。

今の社会で言うと、ビル・ゲイツ氏のWindowsの発表によるインターネット社会の開拓

スティーブ・ジョブズ氏のiphoneの発表が、それを意味します

更に言うとyoutubeも一つのビジネス界の破壊、創造、誕生を記しております。



映画監督もイノベーターである。

あっ。ジェームズ・キャメロン監督もその象徴ですね。

タイタニックでCGを取り入れた手法で、一つの映画の形を作り上げた方ですからね

日本なら黒澤明、宮崎駿両監督です。この両者の存在により、世界の映画会に影響を及ぼしたのも過言ではありません。

そぅ考えると、一つの概念を破壊し、その破壊から創造か生まれ、やがてその創造が誕生し、一つの時代の象徴の始まりとなる。

それがイノベーションとなる。

これが歴史の積み重ねとなり、歴史上のイノベーター達の共通点です。




歴史の意味それは?

それは今も先程もお伝えした通り、破壊から始まり、その破壊から生まれし創造が働き、やがてその創造が誕生する時代の繰り返しと積み重ねが、歴史の積み上げとなる。

代々語り継がれる遠い教えにより、一人の行動から歴史が、動く事も歴史上の存在意義となります。

その理由は少なくとも我々が、生まれてから見て来た社会の流れが、それを意味します。



イノベーターは時代の象徴。

まさにその通りです。これまでにおける歴史上に語り継がれる様々な元号であり、その数々の時代。

その時代を作り上げ、一つの形を築き上げて来た者こそ、まさにその時代を象徴するイノベーターと呼ばれる存在です。

その方々の功績こそが、歴史の終わりを告げ、新たな時代の始まりの象徴となる。

それがまさにイノベーターと言うべきです。




リーダーシップとはイノベーションを起こす事。

勿論その通りです。昔でも今の現代社会上において例えるなら「組織」のリーダーが、最もリーダーシップを象徴的となります。

リーダーの役割、立場は正直千差万別となりますが、共通するなら「組織のシステムを構築する」。

つまり組織のシステムを作り出し、その組織を発展させる為のイノベーションとなります。

成功を納めて来た経営者などのリーダー達の著書が、その理由を示しております。

また歴史を築いた偉人達もその理由を示しております。



イノベーターと呼ばれるリーダーは。

リーダーシップに相応しい人物は、第一にリーダーとしても、一人の人としても模範となるのに最も相応しい「能力、人格、指導力、行動力、決断力、判断力、勇猛果敢さ、大胆さ」その上で「世の中の流れの本質を見抜き、その流れを改革出来る器」こそが、リーダーシップの条件だと思います。

また偉いからと言って何でも自分のやり方通りにならないと嫌だ!と言う抑圧」ではなく、「部下の意見を尊重し、常に部下を働きやすく、部下が組織を発展すべき環境を作り上げる」。

その上において「どんな批判を受けてもその圧力に屈しない精神力」。

この条件を重ね備えた人物こそが、イノベーションを起こせるリーダーシップだと思います。



リーダーは常に敵が多い。

リーダーは、常に敵が多く、批判を受けやすい嫌われ者です。

そのバッシングに屈せず、常に改革を推進し、物事に屈しない精神力が、なければならない立場です。

当然全員が、そのリーダーを支持する訳じゃありません。

一人でも多くの方に対し、組織を発展させイノベーションを起こせる人物を育て、やがてその部下と共にイノベーションを起こせるリーダーシップを発揮してこそ、リーダーの役割となります。




太古の帝国王国を築いた物こそが人類の象徴。

結論はそぅです。日本もそぅですが、古代(エジプト、ローマ、ギリシャ)神話が、太古の帝国王国を築き、その歴史の始まりとなります。

後世で言うなら、自由と平等を求めて移民をし、その移民達によって生み出された「アメリカ合衆国」が、それを意味します。

君主なき国家として、自由と平等を常に掲げ、実力行使によって世界を牽引している国の象徴です。



太古の帝国王国の存在があってこそ歴史が存在する。

そぅ。太古の帝国王国が存在したからこそ、今の時代が存在するのです。

そしてそれと同時に歴史の終わりと始まりは、常に弱肉強食と言う過酷で、残酷な現実世界と共にこの先も永遠に語り継がれるであろう。




まとめ。

ここまで歴史は常に終わりと始まり作られると言う事をお伝えして来ました。

こぅして振り返ると、やはり歴史の歩みと語り継がりは、常に一つの時代の終わりよる破壊から始まり、その破壊から新たな始まりによる誕生が、次なる時代の夜明けであり幕開けとなる。

歴史は常に人々の成長と共に記されている。

我々生きる者こそが、歴史を作り上げたイノベーターである。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歴史の終わりと始まりから誕生した象徴的となる存在です。

今からお伝えする存在は、まさに長きに渡り続く「歴史の終わりと始まり」の連鎖が、続く中において、一つの象徴的な存在として相応しく君臨する存在となります。

何故ならこの存在は、終わりから始まる事により、新たな時代の始まりの支えとなるべく誕生した存在です。更に言えば、歴史の代弁者とも言えます。

この存在こそ歴史の代弁者です!

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。