イノベーション

歴史と現実は常に難攻不落の中で存在する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この「難攻不落」の言葉を聞いて最初どぅ思いますか?この言葉の4文字熟語を知らない方が、大勢だと思います。

私も昔知らなかったです。何しろ大の国語嫌いですので

その言葉の意味をお伝えしておきます。

と言う最低この二つの意味が、出て来ます。そぅ。本当にこの世の中は、難攻不落だらけである

その言葉通り攻めるのがとても難しく、落ちるのに中々落ちない事。

もぅこれは本当に太古から続く歴史上において根付いている事でもあり、未だ解決出来ない事の一つでもあります。

どぅして解決出来ないか?それは未だに謎に包まれている。

この地球上生きている限り(決まり事)と言う鎖が存在するその目に見えない鎖に縛られ続けなくてはならないこれも一種の難攻不落なのか?

確かに問題は簡単に解決出来ない。場合によっては、本当に未解決に終わり最悪問題が、修復出来ず解決出来ないまま悪化する事もある。先程の意味と照らし合わすと理屈が、通る。

そぅ。この「難攻不落」こそが、この記事のキーワードとテーマであります。いくつか各項目で、難攻不落な事を記しております。

歴史と現実は常に難攻不落の中で存在する意味も兼ねてお伝え致します。

お話しを進める前にこの記事の対象者の方をお伝えして参ります。

予めご了承下さい。




要塞を攻略する。

言葉を変えれば「城、王宮、戦艦、軍事基地、王都、帝都、首都、国家」なども該当します。

SFファンタジー、歴史、戦争をテーマにした作品の映画。RPG、SLG、アドベンチャーなどのジャンルのゲーム辺りが、分かりやすい例えとなります。

最終的に物語の展開上解決する事になるシナリオとなってますが、この中でも物凄くリアリティーに拘っている事は、事実です。

現にRPGで例えるなら(隠しボス)が、そぅですね通常ラスボスよりもかなり強めに設定されてます。この隠しボスを攻略するには、それだけ難攻不落となります

攻略するとするなら各キャラを最大レベルにし、その上において最強武器を装備した状態で攻略すると言う事になります。

敵の本丸を押さえる事も一つである。

ちょっと視点を変えれば、戦争と歴史をテーマにした映画作品をご覧になられると理解出来ます。

敵の領地を攻略し、支配圏からの奪還が、それを記します。

巨大な権力と支配力を誇る王国、帝国からその植民地支配から解放する為には、当然として戦による奪還法となります。

今の時代だと政治的な駆け引きですかね。

有名な話ですと、日本の戦国時代がそぅですね。最終的に徳川家康公が、乱世の時代を天下統一し、最終的に徳川幕府を設立した事は有名な話です

こぅして見ると要塞と言う一つの建造物が、存在しますが、実は目に見えない大きな存在が、要塞その物となりますね。

それを攻略する事自体が、難攻不落となります。それを制する物こそが、本当の意味で、上に上がれる方となりますね。




言葉、文化、食生活等の種類の壁。

これも本当に難攻不落です。私が日本人ですので、この場では(日本人の視点)でお伝えします。

まず真っ先に上がって来るのは、言葉の壁です。今の世界共通語は(英語)となります。英語と言っても二種類存在すると聞きます

アメリカ式の英語とイギリス式の英語です英語っ聞いたらイギリスこそが、本当の意味での英語になりますよね?事実(英国語)の略式名称として捉えますので。

アメリカ式の英語が世界共通語?

けど今の世界のリーダー国は、アメリカとなりますので、恐らく世界共通語は、アメリカ式の英語となるでしょう?

その他にも(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、中国、韓国、ポルトガル、ロシア、フィンランド、タイ、インドネシア、アラビア、ギリシャ、エスペラント)などが存在します。

これだけでも相当な数ですね。いくら英語を覚えても、これだけの言葉を覚えなくては、外国での生活に支障をきたす事になります。

言葉が通じない事によるコミュニケーションが取れなくなりますので。

文化等に溶け込むのも難攻不落。

また文化と食生活も国よって疎らです。国によって使用する調味料や主食も大きく違います。

そぅなると外国で生活する為には、こぅ言った事を克服し、馴染める様にならなくてはならないと言う事です

その為にはまず英語からマスターしなくては、ならないですね




人生とは難攻不落の試練の繰り返しなり。

まさに仰る通りとなります。

この世の中本当に何が、起きるのか正直申し上げますと、不透明極まりなく矛盾の塊であり、連続となります。

何故それが絶え間なく続くのか?その難攻不落の繰り返す主な出来事をお伝え致します。

学歴社会の壁。

そぅですね。これも一種の壁ですね。今じゃ最低高校卒業じゃないと就職の幅が狭くなる時代です

普通に就職する事を希望するなら高校卒業が、最低条件です

でも今の時代大学卒業それもかなり偏差値の高い大学を卒業しても、大手一流企業に就職出来ない時代となりつつあります

企業によっては、英検やTOEIXなどの資格を取得してないと就職や転職も困難な時代となってます。

それだけ国際社会が、レベルアップしておりますので、それ相応な人材じゃないと国際社会に太刀打ち出来ないと言う事になります。

国際社会問題。

そぅですね。あえて言うなら貿易の関税問題ですかね( ´~`)。

あえて言うなら。貿易時における入国によって相手国政府から課せられる租税の事です。

米中貿易摩擦が、世界経済に影響を及ぼしている事は、間違いございませんからね。あっ。中東の紛争もそぅですね。




まとめ。

全ては難攻不落の中に存在する。

そぅ。この他にも取り上げるべき事は、沢山ある。一つの事にとらわれていて、他の事に目を向けられなくなる事もある。それがやがて解決出来ない事に繋がる。

本当に難攻不落な現実ですね。

この難攻不落な中で、その成功を勝ち取れる者は、ごく少数の一握りに過ぎない。その者こそが、人生の成功者であり、勝者であり、そしてイノベーターである。

この難攻不落の世の中において、やはり言葉の壁がつき物です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

その現実世界と言う過酷なサバイバルの試練を乗り越えたからこそ。

かつて100年くらい前に、起きた世界大恐慌のきっかけから始まった「第二次世界対戦」後の世界。


戦争の傷痕後の世界って、正直言って、かなり滅び去った後の世界となっているのは、事実です。築き上げ来た文明も崩壊された後となっております。

この先に待ち受ける現実は、まさに本当の意味での過酷なサバイバルと言う試練の始まりです。


しかしその滅び去った後の世界を建て直し、今の社会が、存在します。その過程において、新たな文明が誕生し、新たな会社が誕生し、そして新たなリーダーも誕生しました。

そぅ。試練を乗り越えた先に、その強さを象徴とする社会が誕生します。


そのパートナーとなる存在を皆様に、ご紹介したいと思います。


何しろ起業支援、新規事業計画、助成金等の相談も受け付けており、その道標となる存在です


その果てに新たな時代に必要となるイノベーターが、誕生します。それだけの存在を生み出す力が、あるパートナーのなる企業です。


過酷なサバイバルを乗り越えた方にとってのパートナーとなる存在です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。