健康

老化と糖化がたまると恐ろしい事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この現世(うつしよ)において、あるいは生きている以上必ずと言っていい位(避けて通れぬ宿命)が、存在します(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)。

それは老化と糖化です。人は皆誰しも必ず一年に一度は、年齢を重ねます生まれてから大人になるに当たって成長」を重ねます。

まぁ当たり前の事ですが、身長が伸びますし、体重も増えます。勿論体の発育や脳の働きが活発になり様々な知識を吸収しやすい時期でもあります。

これがある一定の年齢の時期に差し掛かると、この記事のキーワードてありテーマの「老化」に差し掛かります(≧□≦)。

そもそも老化と糖化って何?って思う方もいると思いますので、簡単に説明しておきます。

その前に、どの様な方を対象とし、この記事を作成した理由をお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

この上において、健康志向が高く強い方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。




老化現象とは?

先程お伝えした通り人は、ある成熟期に差し掛かると老化現象が始まります

よくある事は(身長が縮み、身体の各機能の低下に伴い、体力や筋肉の衰え、記憶力の低下、視力の低下、認知判断力の低下、注意力の低下)が、上がって来ます。

更に身体の各所の痛みが生じやすくなり、病気に対する抵抗力の低下も意味します

こぅなって来ると成人病も老化が、原因と考えられます?

または口臭の原因ともなる内臓に蓄積された悪玉コレステロールの蓄積量も考えられます。

とまぁ簡単に説明すればこの様な感じです。

この老化が始まるのは、人により早い方もいれば、遅い方もおります

何でそぅなのか?それはこの記事のもぅ一つのキーワードでありテーマでもある「糖化」と活性酸素が、関連しております。

今回初めて「活性酸素」に触れる方の事を考慮して改めてお伝えします。

活性酸素とは?

活性酸素と言うのは「他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素」の事です。

私たちは呼吸によって大量の酸素を体内に取り入れていますが、そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。

活性酸素は体の錆を作り出す。

活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしています

ところが活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃酸化してしまうのです

結論で言うとこの活性酸素と言うのは、体を蝕むいわゆる有害物質の一種です別名体の錆びとも呼ばれます

そしてもぅ一つのキーワードである「糖化」についてお伝え致します。




糖化とは一体何なのか?

その糖化とは一体何なのか?

我々人間の体内のタンパク質と食事によって吸収された余分な糖が、結び付いて、体内の細胞などを劣化させる現象を指します

また「体のこげ」とも呼ばれます。

糖化になる原因として上げられるのは、やはり糖質が高い食生活が多く、運動不足になりがちで食生活の量が多い方です

あと朝食を抜き間食が多い方も上がって来ます

更に早く食べる習慣がある方も多い様です

この二つの有害物質「活性酸素:糖化」の体内の蓄積量が、多ければ多い程、老化のスピードを早めます。

更に細胞の入れ替わるスピードの早さも大きく関わって来ます。

糖化による老化の進行速度は?

先程もお伝えした通り人により個人差がありますが、だいたい目安として40歳から始まると聞きます

今もお伝えした通り若い頃は、体の細胞の入れ替わりの早さがありますが、年齢が重なるにつれそのスピードと機能の低下は避けられません

また二つの有害物質となる「体の錆びと体のこげ」の蓄積量が多ければ多いほど老化の進行が早くなります。

その老化の進行を遅くする方法は?

老化のスピードを遅くする方法として考えられるのは、この二つの有害物質を老廃物と共に排出する事です

やはり日常生活からの見直し改善から始める事です

またしてもおこがましく捕らえられる可能性が生じて来ますが、やはり活性酸素を体内から排出する方法としては、酵素の摂取から始まり体内の傷ついた細胞の回復に伴う活性化です

それからこの活性酸素を産み出す原因を追求し、それに伴う私生活の改善を始める事です。

糖化の蓄積を抑える方法は?

一方の「糖化」においても同じ事です。食生活と食べる順番の見直しからですね。松屋に行くと(野菜を最初に食べましょう)。と出てますが、まさにその通りです。

これはどの健康的分野においても同じ事ですが、優酸素運動を取り入れ喫煙を避ける様心掛ける事も糖化予防になります。

この項目でお伝え出来る事は、食生活の見直しに伴う食事の食べる順番と優酸素運動をする習慣を心掛ける事です。

やはり一番大切なのは、本気で取り組む姿勢ですね。誘惑に負けずそれに対する克己心です




まとめ。

ここまで老化と糖化の事をお伝えして来ました。

改めてお伝えしますと老化は、自然現象による事だけでは、ないと言うのが、よく分かります。

やはり日常生活上における事から原因が、あると言うのが、よく分かります。

この現代社会において、活性酸素の減少は、正直申し上げますと、難しいですが、少しずつ取り組んで行く事から始めるべきです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。