 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

肥満体型には気を付けろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でお伝えするテーマとキーワードは、肥満となります。

世界各国で、今深刻な問題となっているのが、肥満体の方です。

私が住んでいる日本でも肥満体の方を見かける事もしばしば御座います。

一体どぅしてこれだけ肥満が、深刻な問題となっているのか?その事をテーマにして、お話しを進めて参ります。

お話しを進める前に主な対象者は次の通りとなります。

予めご了承下さい。

肥満体型には気を付けろ!

その肥満ですが、現代社会における一種の問題であり、病気の入り口でもあります。

何で肥満に気を付けろ!?ですかって?

簡単に言えば、怪我や病気の元になります。

ただでさえ年齢が重なるにつれて(筋肉の低下や股関節等の関節が固くなりやすく)なります

その上において運動をしなければ尚更低下が著しくなります

また骨量も減りやすくなり、体力の低下も避けれなくなります。

そぅなって来ると当然脂肪が貯まりやすくなり、先程お伝えした通り体の抵抗力が低下して「病気や怪我」をしやすい体になりやすくなるからです。

肥満体型が悪化するとどぅなる?

一般的に言われているのが、まず 糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病です。これには重複して発生するメタボリックシンドロームにも深く関連性があります。

このまま放置しておくと生活習慣病を悪化させ、血管を傷つけたり、もろくしたりして、やがて動脈硬化を引き起こします。

その結果、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気へと進む原因ともなります。

年齢と共に基礎代謝が低下し、若い頃と同じ生活スタイルで行くと落とし穴があります。

肥満体になりやすい方は?

食生活も肉などといった脂っこい物やジュース、スナック菓子などと言った(糖質や果汁ブトウ糖)更にラーメンと言った糖質と脂っこいものが、食生活の主流になっている為、欧米諸国同様肥満になりやすい環境になっているからです

その為そぅ言った食生活が、多い方は、正直肥満体型になりやすくなります。

また見た目が、痩せてても内臓脂肪型の肥満体型になる事も御座います。

肥満になる原因をお伝えします。

その主な理由をこの項目の写真と共にご説明致します。

コレステロールが高く脂っこい物を中心とした食生活。

甘い物と脂っこい物を一緒にした食生活。

年齢と共に低下する基礎代謝。

運動不足。

飲酒喫煙。

不規則な生活。

これ等の生活習慣から来る体内の活性酸素の蓄積による悪化。

と言う事が、上がって来ます。

確かに仰る通り該当している理由が、どんどん上がって来ますね。

ここで活性酸素が出て来ましたよね?

何故これを原因の一つとして上げ、強調したたかって?その事を今からお伝え致します。

活性酸素と言うのは「他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素」の事です。

私たちは呼吸によって大量の酸素を体内に取り入れていますが、そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。

活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしています

ところが活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)してしまうのです。

結論で言うとこの活性酸素と言うのは、体を蝕むいわゆる有害物質の一種です。

この活性酸素が悪化して来ると。

活性酸素が活性してくると老化現象が進行しやすくなり「動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、がん、糖尿病、胃潰瘍、肺炎、脳血管性痴呆症、アルツハイマー型痴呆症、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、白内障、未熟児網膜症」などと言った病気にもなりやすくなります。当然肥満にも繋がります。

なので、病気になりやすい原因としてとらえて頂ければ分かりやすいです。

この肥満に繋がる活性酸素の対策は?お伝えします。

と言う様に体内の組織の働きを攻撃し、その働きを低下させます。そしてその活性酸素の対策法であり、撃退法は、この通りとなります。

飲酒喫煙をなるべく控え避ける。

脂っこい物から野菜、海草、魚を中心とした食生活の改善。

果汁ブドウ糖の摂取を控える。

無酸素と優酸素運動を効率よく行う。

ストレスを溜めない。

酵素の摂取につとめる。

と言う主な理由です。私も自分で改善して10㎏を減らした経緯があります。それを元に今回の記事を投稿しました。

鍵は食生活にある。

その理由ですが、今世界では、日本食が大きく注目されてます

何故かって?(日本食=和食)は、低脂肪かつ低カロリーの為他の国々の調理法とは異なり、「茹でる/焼く/蒸す/生」など油を使わずに料理されるものが多い。

また、昔ながらの和食では、動物性食材は肉ではなく魚が中心で、良質の油を摂取する事が出来ます。

なぜ和食なのか?

答えは、バターやオイルなどでの調理や肉を食べることの多い欧米料理に比べると、脂肪分が少なくカロリーも少なくなる

と言う理由で世界中の認知度が高いのです。

使用されてる食材も野菜や海草と言った低カロリーを使用している為コレステロール低下にも役立っています。

ただどぅしても外国の和食ですと、その国の油や調味料を使う事もありますので、私個人としてはやはり純粋な和食とはちょっとと思いますね。

まとめ。

ここまで肥満体型になりやすく、その改善方をお伝えして参りました。

やはり大元は、私生活が、原因として考えられる事が、上がって来ます。

その私生活をいかにどぅ見直し、改善して行くかが、最大の焦点となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。