健康

内臓脂肪と皮下脂肪でお悩みの方へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は「内臓脂肪と皮下脂肪でお悩みの方を対象にしたテーマで行きます。

兼ねてより(肥満、糖尿病、高血圧症)の事も触れる形にもなります。

またこの記事を作成した理由もお伝えして行きます。

予めご了承下さい。

実は内臓脂肪は2種類も存在する。

実はこの内臓脂肪は、(肥満、糖尿病、高血圧症)にも繋がります。そもそも脂肪はこの内臓脂肪と皮下脂肪の二つの種類が御座います

大まかに言えば、内臓脂肪は主に男性が多くその言葉通り内蔵(特に腹部)に付着した脂肪です。

40代以降の男性に多くメタボリックシンドロームとの関連が強いのも特徴的です。

一方皮下脂肪は主に女性に多く、「二の腕、腹部、お尻、太もも」につきやすくその部分を摘まむと脂の塊みたいなのが、分かりますよね?そぅです。この部分が皮下脂肪です。

内臓皮下両脂肪に共通してるのは中性脂肪です。

正直どちらも一度なったらショックでしょう?特に男女どちらとは言えませんが、いずれにしろこの記事に目を通しても実際になった場合でも(どぅすれば痩せる)んだろぅなって思いますよね?

私自身が今でもそぅですが、一時は本当に(太ってしまった)自分にもっと(体を締まって、柔らかく)しないと自分が駄目になる。

と言ぅ自分がおります。以前の記事でもお伝えしましたが、一時期に比べたら本当に引き締まったと言ぅ手応えを実感してます。ただそれでもやはり長年の蓄積と言うか何と言うか・・・・・・・・(*_*)

いずれにしろもっと体を柔らかくして、その脂肪部分に血流促進をせねばなりませんね。でないと脂肪は、しぶといですからね。

内臓脂肪になる原因は?

さてそろそろこの二つの脂肪になる原因部分に入ります。

まずは内臓脂肪からです。結論からお伝えしますと(日々の生活習慣)です。

大きく分けますとこぅなります。

以上となりこの内臓脂肪が蓄積されると動脈硬化、糖尿病、高血圧、心臓病、脂質異常症」等の病気に陥ります。

皮下脂肪になる原因は?

こちらも結論からお伝えしますと(日々の生活習慣)です。

大きく分けますとこぅなります。

って結局ほぼ共通してますね(*_*)ただ皮下脂肪の場合(セルライト)になる可能性もあります。

具体的に言えば「脂肪細胞に老廃物が蓄積された事で脂肪が固まった状態を意味する。こぅなると脂肪や老廃物の排出がしににくくなる」事をさす。

更に皮下脂肪の場合内臓脂肪と違って(燃焼しにくい)特徴も持ち合わせてます。

どちらの脂肪も一度陥ったら大変ですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/他人事ではありませんが、へそ回りの周囲径で(男性がウエスト85cm以上で、女性が90cm以上)になったらメタボの可能性が生じてきます。

あくまで理論上ですので、絶対とは言えませんが。

この二つの脂肪を落とす方法はどぅすれば可能なのか?

まず大事なのは、医者に行きCTスキャンで検査をする事からです。先程お伝えしたウエストの事ですが、理論上ですので確実に知る為には、やはり専門的な検査を受けた上で判断すべきです。

完全に判断された場合は、生活習慣を徹底的に見直す事です。

そこからどぅすべきか?もぅすでに答えは出てます。

二つの脂肪を減らす方法は?

野菜を中心としたヘルシーな食生活の改善それも一日3食で栄養のバランスを整えた上での改善です

この上において脂っこい物や糖質の高い物、果汁ブドウ糖などは断つべきです更に脂っこい物と甘い物を同時に食べない事も大切です

次に有酸素運動や筋肉トレーニング、ヨガなどをし筋肉量や基礎代謝を高める事です

それもストレッチ特に股関節と肩甲骨やヨガを徹底的に行い体の柔軟性を高めた上でです

整体をし猫背や骨盤の歪み等による姿勢改善を行う事ですそれも運動やアロマリンパドレナージュと併用した上でです

ストレスを溜めず飲酒喫煙の量を減らす場合によっては断つ

夜更かし等不規則な生活を見直し以後規則正しい生活を心掛ける

活性酸素を徹底的に減らし、酵素摂取を努める事

更に皮下脂肪の方は、お腹など体を冷やさない事を心掛けて下さい体を冷やすとセルライトが高まり脂肪燃焼効果が低下する恐れがあるからです

結論は若い頃からの生活習慣です。

改めますと、これ等の結論を申し上げますとやはり若い頃は基幼少の頃からの生活習慣から来ると思います。

おこがましく横柄な印象を持たれそぅですが、少なくとも私はそぅ思います。実際今自分自身がそれを痛感してますので。

内臓皮下両脂肪対策の一貫として。

それでも内臓脂肪と皮下脂肪にお悩みの方へお伝え致します。

私自身も色々と試行錯誤をし、様々な方からの意見やサイトの話しをききました

一番と言って良い位最も望ましいのは、やはり(基礎代謝)を高め、それと併用して、(脂肪燃焼効果)を高める事です。

あとはやはり日頃から(食生活)を徹底する事です。

まとめ。

改めまして「内臓脂肪」は、本当に恐ろしいです。

あるし肥満体型には気を付けろ!ですね。

それを克服出来るのは、自分自身にどけだけ厳しく鬼にする事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。