 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
世界情勢、世界的危機

世界中が米雇用統計の発表がどぅして最重要指標としているのか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資家もそぅですが、FXと言ったトレーダーの方々も最も最重要の経済指標としているのが、この記事のテーマである「米雇用統計」の発表です。

雇用の統計を発表する訳ですから当然雇用者数の発表となるでしょう。

さてこの記事を作成した目的をお伝え致します。

最低この二つの事を目的とさせて頂きます。

仰る通り経済を活性化する為に、必要なのは、労働者の人口の増加となります

詳しい事は、後程お伝え致します。

お話しを進める前に、対象となる方をお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。

世界中が米雇用統計の発表がどぅして最重要指標としているのか!

さて。どぅして「米雇用統計」の発表が、最重要指標なのか!?ですよね。

お話しを進める前に、「米雇用統計」の中で、どぅ言う事をお伝えしているのか!?をお伝え致します。

と言う二つの発表を同時に、行う事が、この記事のテーマとなる「米雇用統計」の発表です。

因みに毎月第一金曜日に、発表されます

ただ月始めが1日、2日とかが、金曜だとその翌週になる事もありますが(–;)

理由は、ADP雇用統計の発表の関係もあります

米雇用統計」の発表時間が知らない方もいる可能性が、ありますので、念の為発表時間もお伝えしておきます。

これはあくまで日本時間の事を前提にお伝えしております

つまり私が在住している日本時間の夜の時間帯に、「米雇用統計」の発表が、あります。

何しろ現地時間の朝方に、発表されますからね

アメリカの経済状態が世界経済の命運を握っているから。

これはダウ平均S&P500NASDAQ100の全てをご覧になられると、その意味合いであり、アメリカ経済が、世界経済の命運を左右する理由が、より詳しく分かって来ます。

この場でお伝え出来る事は、今申し上げた株価指数に上場されているアメリカ企業の中で、グローバルビジネスを展開している企業が、含まれている事が、確かです

なので本社所在地であるアメリカの本社企業が、ガタついたら世界経済が、大打撃を受ける事になります。

もっと分かりやすく言えば、世界経済の中心地は、アメリカである事です

特にウォール・ストリートの存在が、それを象徴しております

アメリカの労働者人口も重要の一つ。

結論を言えば、そぅなります。いや!むしろそぅ言った方が、事実過言と言ってもおかしくありません。

特に鍵を握るのは、「米雇用統計」の中で、先程もお伝えした通り、「失業率、非農業部門雇用者数」が、市場予想を上回る事により、アメリカ企業と経済が、活性化されます。

改めて結論を申し上げますと、アメリカの労働者人口が、世界経済の命運を左右される事が、「米雇用統計」の発表で、よく伝わって来ます。

米雇用統計が株価に影響を与える!?

これは大いに与えます。「米雇用統計」が、株価に影響を与える事は、世界中の誰が何を言おうと、私自身は、そぅ思っております。

株価指数だけでなく、外国為替市場においても同じ事が、言えます。

何が言いたいのか!?と言いますと、経済が力強く活性化している国には、それだけ経済の成長が、望み期待出来るからです。

そぅ言った国には、資金が流入しやすくなり、結果として企業活動も活発になります。

アメリカ三大株価指数の状態も重要。

こちらも先程お伝えしました通り、世界の株式市場において、アメリカの三大株価指数は、物凄く重要視されて来ます。

更に言えば、アメリカ企業の場合「株主至上主義」と言うのが特徴であります。

言葉を変えれば、アメリカ株式市場の体質でもあります

つまりアメリカの「失業率」が、高いとそれだけアメリカ経済が、弱体化していると判断され、株価指数もそれだけ停滞して行きます。

話しは大きく逸れましたが、アメリカ三大株価指数に上場している企業は、基本的に世界的にビジネスを展開している企業が、大半を占めていると言う事を認識して頂ければ、分かりやすい説明と言う事に、なります

アメリカ経済が元気じゃないと世界経済は停滞する。

今の社会の象徴とも言えるIT企業の存在を見ていれば、自ずと「アメリカ経済が元気じゃないと世界経済は停滞する」と言うのが、よく伝わって来ます。

中国の様に、自国で起業し設立したIT企業に関して言えば、また話しは、別になります。

ただ基本的に私が住む日本になって来ると、アメリカのIT企業の恩恵を受けている事を考えると、やはり今世界中を席巻しているIT企業の存在を考えると、アメリカ経済が、元気じゃないと世界経済は、停滞すると言うのが、象徴的とも言えます。

最後はアメリカ国内の労働者を育てる事。

これはアメリカだけに止まらず、世界中どの国にも共通して言える事です

経済を活性化させる為には、やはり最後は、労働者人口の拡充化が、必要不可欠となります。

結局最後は、労働者を育て上げて、その労働者と共に企業を大きく育てる事こそが、経済の成長に繋がります。

更にその労働者の方々を大切にする事こそが、何より失業率の低下に繋がります。

まとめ。

これまで「米雇用統計」の重要性を私なりの考えで、お伝えして参りました。

アメリカ経済の事問わず、アメリカ国内の事は、勿論の事、世界経済の仕組みと本質を知れば、何故「米雇用統計」が、世界経済の命運を握る意味合いが、よく分かって来ます。

今は中国経済の存在感が、日に日に増しておりますが、やはり世界経済の中心は、未だアメリカである事に、変わりありません。

その上においてGDPの記事と併せてご覧になられると、この「米雇用統計」の重要性が、よく分かって来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。