世界情勢、世界的危機

NASDAQ100の市場で構成されている銘柄が象徴的銘柄である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




NASDAQ総合指数」なら日本でも耳にする事が、御座います。

ただこの「NASDAQ100指数」に関しては、日頃から「日本経済新聞、ロイター、ブルームバーグ」を主にした金融経済関連の情報誌を見る方じゃないと中々耳にする事じゃないのは、お間違い御座いません。

その「NASDAQ100指数」の事を私なりに、この記事を通して分かりやすくお伝えさせて頂きます。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

または「NASDAQ総合指数」を含め株式投資にご興味が、ある方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。




NASDAQ100の市場で構成されている銘柄が象徴的銘柄である。

アメリカの三大株式市場と呼ばれているのが、「NYダウ平均株価」「S&P500指数」「NASDAQ100指数」の三つとなります。

その中で、アメリカ三大市場の一つであり、この記事のテーマとなる「NASDAQ100指数」が、一体どぅ言う株式市場なのか!?

その上においてどぅして、「NASDAQ100指数」の市場で、構成されている銘柄こそが、現代社会の象徴的な銘柄として知られているのか!?

その事をお伝えさせて頂きます。

NASDAQ100指数とは。

NASDAQ総合指数に上場されている銘柄の中で、金融関連銘柄を除く銘柄の中で、時価総額上位100位までの銘柄で、構成されている株式市場の事を指します

英語の表記では、NASDAQ-100かNDQとして知られております

故にアメリカの株式市場の中でも、アメリカ三大株式市場の代表的株式市場としても知られております

主にコンピューターと言ったハイテク銘柄で、構成されている株式市場です。

その他にも小売/卸売、バイオテクノロジー、通信、ソフトウェアと言った企業もこの市場に、組み込まれております。

だからこそ現代社会を象徴的として存在する企業による市場となります。

念の為どぅ言う企業が、この「NASDAQ100指数」に、組み込まれているのか?をお伝え致します。

ん?アルファベットって企業何?って思いますよね。googleの親会社として知られている企業の事です

まぁ(–;)この記事で、googleに親会社の存在が、あった事を初めて知る方が、いる可能性が、御座います。

この機会に知るのもヨシでしょう。

NASDAQ総合指数とは異なる。

大きく異なる点は、金融セクターが、含まれていない事が、第一点である事です。

次に上げる点につきましては、やはり時価総額が、「NASDAQ総合指数」の中で、上位100社となる企業のみで、構成されている株式市場である事が、最低限上げられます。

この二点が、大きく「NASDAQ総合指数」と異なる点となります。

まるで日経平均株価225と似てますね。

日経平均株価も東証一部の中で、最も優れた企業で、組み込まれた株式市場ですからね。

この点に関しては、「NASDAQ100指数」と共通点が、御座います。

そのNASDAQ総合指数とは。

全米証券協会が、運営しているアメリカ最大規模を誇るベンチャー企業向けの株式市場の事です

日本で言うなら「マザーズ、ジャスダック」と言った新興市場の事です。

発足は、1971年に始まり当時は、世界初の電子株式市場として大変注目を集めました。

その新興市場の中で、時価総額上位100社が、「NASDAQ100指数」に構成されています。




NASDAQ100はNASDAQ総合指数の中で選ばれた銘柄で構成されている。

これまでの説明を通して見ると、その内容が、理解されて来ます。

金融セクターこそ省かれ対象外となりますが、確かに仰る通り本当に、「NASDAQ100指数」は、「NASDAQ総合指数」に上場している企業の中で、時価総額上位100社に選ばれし企業によって構成されている株式市場です。

皆様は「NASDAQ市場」をどぅ言う印象で、見ているか分かりませんが、私自身は、今までコンピューターと言ったハイテク企業によって構成された株式市場だと見てました。

しかし!この記事の作成もそぅですが、ある事をきっかけに、見る目が変わりました(;`・ω・)ノ!

NASDAQ100の銘柄の判断基準は。

まぁ。これもこれで、結構判断基準が、日経平均株価同様一年の内に必ず一回は、行われます。

その判断基準をお伝え致します。

更に上位101位から125までの場合ですと、「前年でも上位100以内」までなら残留になる事もあるが、組み入れ基準から外れる事になれば、「NASDAQ100指数」から外れる事もある。

組み替えは毎年12月に行われております。

先程お伝えした通り、毎年一年の内一回は、銘柄の組み替えが、行われております。

日経平均株価の場合は、基本的には、毎年10月に行われますが、こちらの「NASDAQ100」の場合は、毎年12月に行われます。

やはりNASDAQ100指数もチェックする必要性がある。

まさに仰る通りです。

アメリカ問わず世界中の株式市場においても絶大な影響力を及ぶ市場ですからね

ましてや今のグローバルコンピューター、インターネット社会を象徴とする企業をメインに、組み込まれている株式市場でもありますからね。

ダウ平均」と「S&P500」と併用してご覧になられる事をお勧め致します。




まとめ。

これまでアメリカ最大規模であり、アメリカ三大株式市場の一角である「NASDAQ100指数」の事をお伝えさせて頂きました。

やはりアメリカ経済のみに留まらず世界経済の状態を表す株式市場と言う印象が、強く伝わって来ます

ハイテク銘柄をメインに投資をする方は、こちら「NASDAQ100」市場をメインにチェックするのが、望ましいです。

最後になりますが、S&P500指数の記事と併用してご覧になられる事をお勧め致します。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。