世界情勢、世界的危機

GDPの成長率と推移は強い国内経済力の象徴である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



各国の経済指標の発表の中で、私だけでなく世界中の投資家なら必ずと言っても良い位チェックするのが、この記事のテーマであるGDPです

タイトルが、それを示している通り「GDPの成長率と推移は強い国内経済力の象徴である!は、その国の経済力の力強さを現し、象徴している事になります

詳しい事につきましては、後程各項目それぞれで、お伝え致します。

まずこの記事の目的からお伝え致します。

となります。その上においてこの記事の対象となる方をお伝えさせて頂きます。

また投資金融にご興味が、ある方も兼ねてより対象ともさせて頂きます

予めご了承下さい。




GDPの成長率と推移は強い国内経済力の象徴である!

一年間の間に、3ヶ月に一度に発表される経済指標として知られる「GDP」。

大体この期間を目安として発表されます。

この四半期の間において、3月期のGDPをその四半期から凡そ1ヶ月後に、発表されます

これは大体の国も共通してます。

この「GDP」のパーセンテージが、どれだけ高いか!によって、その国の経済力と景気が、示されると言う事です。

逆に低下傾向になると、経済力と景気が、低迷すると判断されます

まずGDPとは何なのか?簡単にお伝えしておきます。

GDP」。日本語で略すと(国内総生産)の事を意味します。

具体的にお伝えさせて頂きますと、一定期間内の間で、物価と言ったモノやサービスの付加価値の事を「GDP」と言う名前で、表現しております。

各国それぞれに居住する経済主体を基準とした数値で、「国民の生産者による国内生産活動の結果」として産み出された事によって現れる数値が、この「GDP」である。

改めまして「GDP」は、国の経済力の強さと景気の良さを示す目安を図る為に、よく使用される経済指標として用いられます。

何故経済力の強さがGDPの成長率にあるのか?

先程のお話しに戻りますと、日本だけに問わず各国の四半期における物価とモノの生産による活動によって、その期間における経済活動の力が、国の経済力の成長力と力強さが、「GDP」のパーセンテージとして現れます。

アメリカの場合ですと、次の通りとなります。

個人消費、設備投資、住宅投資、在庫投資、政府支出、純輸出(輸出から輸入を引いたもの)を基準として、国内全体の生産活動として構成されております。

つまりこれ等の歯車全体が、上手く噛み合い機能すれば、経済力の足腰が、強くなり、「GDP」のパーセンテージとして現れます。

言葉を変えれば、「GDP」が、上がれば景気が、上昇し逆に下がれば、景気は後退すると言う事になります。

そのGDPの計算方法とは。

一般的な「GDP」の計算方法は、消費+投資+政府支出+(輸出-輸入)が、基本的となっております。

その中で「経済成長率」のパーセンテージの増減も重視されており、前の期と比べて、何%の数字が、増減したか!によって、「GDP」のパーセンテージが、国の経済力の強さが、示されます。

あとこの計算方法も覚えておいて下さい。

名目=年率ー物価上昇率=実質成長率

つまり「GDP」と「実質成長率」のパーセンテージこそが、国の経済力の強さと景気の良さを判断する為の尺度として、判断出来ます。




個人的にGDPの成長率は米雇用統計の次に重視している。

これ見ていると、正直アメリカ経済だけしか見てないんじゃないの!って疑われますよね。

けど世界経済の中心地は、どぅしてもアメリカですので、やはり米雇用統計の発表に行きがちとなります。

アメリカ経済の最大の要は、やはりアメリカ国内の労働人口による失業率となります。

その失業率が、高まるとアメリカ経済が、弱体化しかねます。

その為の一貫として、世界中が、毎月第一金曜日の米雇用統計の発表の注目度が、高まります。

その失業率の低下による改善によって、先程お伝えした消費と投資が、上手く回り結果として、景気がどんどん上向きになりやすくなります。

何をお伝えしたいのか!と言いますと、労働人口の増加に伴って、景気が上向きやすくなり、結果として物価の消費に伴う設備投資が、やり易くなると言う事です

アメリカのGDPの成長率は世界経済を牽引する。

これは間違いなく事実過言と言ってもおかしくないです。

先程お伝えした米雇用統計の発表による失業率の低下と非農業部門雇用者数の増加によって、経済活動が、活性化するに伴って、景気が上向きになりやすくなります。

その景気の良さを示すのが、3ヶ月に一度発表される「GDP」の発表となります。

何故アメリカの「GDP」を意識するのか!と言う事ですよね。

アメリカの株式市場に上場されている企業は、基本的に世界中にビジネス展開している企業が、大半です。

そのアメリカ企業の存在によって、アメリカ国外の景気も左右されやすくなります。

だからこそアメリカの「GDP」が、重要視されると言う事です。

結論はGDPと雇用統計の二つこそ経済力の強さである。

最後になりますが、アメリカだけに止まらず世界中何処の国も全て、雇用統計による失業率の発表と、「GDP」の発表によって、景気の好さに伴う経済力の強さが、判断されます。

故に景気が、上昇傾向になって来ると、政府支出による財政出動によって、更なる景気加速に動き始めやすくなる事も時には、あります。

失業率の低さと「GDP」の高さこそが、国の経済力と景気の良さを示す一つの判断基準となり得ます。




まとめ。

ここまで「GDP」の事をお伝えして来ました。

改めてこの「GDP」の事をお伝えする事になりますと、様々な要因から動く事になり、その結果として反映されて来ると言う事です。

やはり鍵を握るのは、「実質成長率」のパーセンテージと言う事になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。