世界情勢、世界的危機

アメリカで超有名なS&P500とは。わかりやすくお伝え致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事の作成者である私自身が、日本人である為どぅしても日本株式市場が、主戦上となります。

なので、メインとなるのは、日経平均株価と東証株価指数TOPIXの二つとなります。

じゃあこの記事のテーマであるS&P500って何なの?って思いますよね(-o-;)。

このS&P500の事を記事を通して、わかりやすくお伝えさせて頂きます。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

または株式投資の事を知りたい方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。




アメリカで超有名なS&P500とは。わかりやすくお伝え致します。

タイトルの段階でもお伝えしておりますが、アメリカでは、超有名なS&P500指数って何なの?まずはここからですね。

S&P500指数とは。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが、公表しているアメリカの株式市場の代表的な株価指数です。

その特徴として、ニューヨーク証券取引所、NASDAQ市場等に上場されている企業の中から最も優れており、代表的な500社の中から構成されている株式市場です。

更にその500社に組み込まれている銘柄の時価総額を加重平均して、株価指数として指数化されています

アメリカ経済の状態を示している。

まさにその通りです。

我々日本でも知られているダウ平均株価同様世界中に展開している企業もS&P500市場に銘柄が、組み込まれています。

その組み込まれている企業銘柄をお伝え致します。

おや?見ていると我々が、日頃から利用し、お世話になっている企業が、御座いますね。

しかもGAFAの一角が、公表されてますね。

ダウ平均株価同様こちらも世界的認知度が、高い企業で構成されている市場ですので、やはり世界中の株式投資家が、注目するが分かります。

更にアメリカ経済の状態が、反映されている理由も納得出来ます。

あるしTOPIXと似ている?

似ているのかな?

確かにS&P500とTOPIXは、比較されやすいですね。

分かりやすく言うとST倍率と言う「S&P500÷TOPIX」倍率計算で、算出される計算法が、御座います。

この指数の算出した数値が高いと日本株式市場が、米国株式市場よりも出遅れていると言う特徴が、示される特徴が、あります

そのTOPIXとは。

東証株価指数の別名として世間に知られている株価指数の名称です。

その特徴として、東京証券取引所に東証一部上場銘柄全ての企業で、構成されている日経平均株価225と並んで、日本株式市場の代表的な株価指数です。

日経平均株価と違って時価総額が、大きい企業の影響も受けやすく、日本株式市場の影響も日経平均より市場全体の状態が、反映されやすいのも一つの特徴です

尚2022年4月よりその東証一部、二部、マザーズ、ジャスダックの4つの市場を廃止し、その代わりに、「プライム」「スタンダード」「グロース」と言う3つの新たな市場としてリニューアルされます。

基準として企業の業績や時価総額等を基準に構成されると言う情報です。

今まで以上に、株価の組み替えが、激しくなりそぅですね。




アメリカの株式市場はS&P500だけ見てはならない!

これは当然です。

アメリカの株式市場は、S&P500だけでは、御座いません!

この3つの株式市場を見てこそアメリカの株式市場となります。

なので、この記事をきっかけに、アメリカの株式市場の全ての中心が、S&P500だと決めつけては、いけません!

ダウ平均とNASDAQ総合指数とも併用して見る。

仰る通りです。

S&P500は、ニューヨーク証券取引所とNASDAQから選ばれた銘柄で、構成されていますので、ダウ平均とNASDAQと一緒にチェックする必要性が、あります

理由はNY証券取引所とNASDAQに上場している銘柄で組まれているから。

今もお伝えしましたが、ニューヨーク証券取引所とNASDAQに上場している中で、500社の企業によって、S&P500の株式市場が、成り立っております。

S&P500を始め、アメリカの三大株式市場を日頃からチェックすると、世界の株式市場の状態が、反映されているのが、分かりやすく標準化されております。

特に象徴的と言えるのが、GAFAを始めとしたITと言ったハイテク企業の存在です。




まとめ。

これまで本文でお伝えして来たお話しをまとめます。

S&P500は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが、公表しているNYダウ平均とNASDAQ総合指数と並んでいるアメリカの三大株価指数です

S&P500は、ニューヨーク証券取引所とNASDAQ市場の中から500の企業で、構成されており、その500社の時価総額を加重平均化した上で、指数化されている株式市場となります

その中には、GAFAも組み込まれております

となります。

やはりアメリカ経済問わず、世界経済の状態をご覧になられるには、私的には、このS&P500をチェックするのが、望ましいと見ております。

その上においてNASDAQ100市場も併せてご覧になられる事もお勧め致します。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。