イノベーション

ひ弱な心身を徹底的に鍛え直して過酷な社会に生き残ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この「ひ弱な心身を徹底的に鍛え直して過酷な社会に生き残ろう」ってタイトルを見ただけで、正直「おぃ(`Δ´)俺はひ弱な人間じゃねぇぞ(゚Д゚#)ぁ(`Δ´)」って思う方が、大勢で大半だと思います。

ただその一方で、素直に認める方もいるかと思いますが・・・・・・・・( ´-ω-)。認める方は、恐らくごくわずかであり少数の方だと思います。

割合で言ったら10人中一人だと思います。

それだけこの世の中自分に(自信、信念、プライド)を持って生きている方が、この地球上の総人口の9割以上の方が、存在します

何故なら「ネガティブなマイナス思考は、悪い波動を呼び寄せる」事になります。言ってしまえば、(引き寄せの法則)と言うべきです。

言葉を変えれば「運気」が、悪い流れを呼び寄せる事となります。

ポジティブでプラス思考なら良い波動を放ち」逆に先程もお伝えしました通り「ネガティブなマイナス思考は、悪い波動を放つ」事となります。

勿論日頃の行いも「運気」を左右する事だってあります。

この場をお借りして言ってしまえば、「神様は常に人を見ている」と言うべきです。

ここまでの話しをまとめさせて頂きます。

事実目標を掲げて実現した方もこの世の中において、数多く存在します。

その実例を上げるだけでもキリがないので、この場では伏せさせて頂きます。

ただ先程の「運気」の話しに戻させて頂きますと、人の運勢と運命って、生まれた時から定められている事もあります

よく聞く言葉だと「一人一人そぅ言う星の下に生まれて来た」と言う話しを聞きますよね?

夢を実現したいと掲げても時には、「運気」を下げる事だってあります。

これ本当に悲しい事ですよね( ω-、)。夢を実現したい。本当に素晴らしい事です。勿論実現した方も数多く存在します。

ただしこの事を前提にお伝えしておきたいと思います。

この事をお伝えしておきたいのです。読者の方の夢を奪い士気を下げる訳で、お伝えしている事では、ありません。

故に自分の(ぶれない意志)の果てに「弱さ」が、見てえ来る事も時には、あると言う事もこの記事を通して、お伝えしたいのです。

また「ひ弱さ」さを徹底的に鍛え直してたい方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。




ひ弱な心身を徹底的に鍛え直して過酷な社会に生き残ろう。

予めお伝えしておきます。この広い現世では、(完璧な人間)は、存在しません。

言ってしまえば、何でも完全であるオールマイティーな人間と言うべきです。逆に考えれば、オールマイティー。

つまり(全知全能)。何でも完璧にこなせるが、逆にその方面において、専門的でスペシャリスト的に特化した能力は、発揮出来ないと言う事となります。

何をお伝えしたいのか?と言いますと、(完璧な人間)と言うのは、一つ一つにおいて、本当に曇り一つなく欠点も見かけない位の結果と成果を実現すると言う事になります。これは本当に世の中の理想と言うべきです。

生まれ持った能力と人格こそ長所と短所なり。

けど人は生まれ持っての「人格、能力」が、備えている事。

この生まれ持った人格、能力の要素が、一つの長所と短所であると同時に、一つの特徴であると言う事です

お話しを進める事を前提に、まずこの事を理解して頂きたいと思います。

長所と短所。つまりその中に欠点も存在します。

教職者の方によっては、「欠点はその人の個性」の一つと教える教職者の方も中には、おります。

勿論指導方針上、教職者として問題視され疑問視もされます。ただここが大切なのです。

何故かって詳しくはこちらの記事をご覧頂くと分かりますが、確かに欠点は、その人の悪い部分であり、当然(直さない)といけない所でもあります。

当たり前ですよ!組織であり会社勤めをしていれば、その答えが見えて来ますが、組織人として協調の輪を乱す事は、絶対にあってはならない!と。

ただその一方で、この事を強くお伝えしたいです。

最もこれからお伝えする事が、今回この記事を作成した目的でもあります。その内容を今からお伝え致します。

その前にお話しのまとめをさせて頂きます。

となります。お話しを進める前に、簡易的にまとめないといけませんからね(–;)。

ではお伝え致します。欠点は直さないといけない事ではあります。

ただこれはあくまで世間一般的であると同時に、常識的な事であります。そして何より組織人としての範囲となります。

欠点を直す事は時にその人の才能を潰す事も有り得る。

しかし!私自身個人的として、それは逆に「その人の良さを殺し潰す事に繋がる」事だと思っております。

何故ならそれは「その人の特徴を現し能力を発揮する為の要素」だと思っているからです。

組織人としては、欠陥的な考えとなりますが、世界幅広く本当に「弱さ」による己の限界の壁を乗り越えるなら逆に、その欠点をいかに長所を磨く為にの一つの考えとして、己の「弱さ」と向き合い、その「弱さ」を乗り越える為に、そして己の良さを磨き上げ伸ばす事に繋がる事だと思います。

つまり欠点を直す事は、時にその人の特徴と良さを殺す事に繋がる危険性もある

この事を本当に理解して頂きたいと思います。

自分自身が強くないと世の中では生き残れない。

これは本当の事だと思います。自分が強くないとまずこの過酷で難攻不落な世の中で、生き残る事は、まず不可能だと思います。

逆に「弱い」ままだと、まず世の中の餌さとなり餌食にされます。

よくある言葉で例えると(弱肉強食)と言うべきです。分かりやすく言うと(企業のM&A)が、その実例です。

己自身を知り見極めてこそ強くなれる。

強くなる。これは当たり前の事です。ただ欠点と悪い部分を直す事でなく、自分自身の特徴と生まれ持った能力と向き合い、その特徴をどぅすれば、更に伸ばし「能力を発揮出来るポジション」で活かせる様になれるか。

つまりただ欠点と悪い癖を指摘され、その事を矯正されるのでなく、逆にその人の良さを伸ばす事こそが、この過酷で難攻不落な世の中で、生き残れる為の「ひ弱さ」を克服する為に、必要な事だと思います。

またそれに伴う為の体力等による(剛健無双な身体)も必要です。

ただ闇雲に体を鍛えるのでなく、己の身体の本質を知り、その本質の中で、どぅやって体を鍛えて行くか!この事が、大切だと思います。




これでひ弱で軟弱さを徹底的に鍛え直すべし!

これはあくまで一つの提案にしか過ぎません。

正直申し上げますと、この提案を受け入れるのは、一つのきっかけを与える事にしか過ぎません。

本当に己の「ひ弱さ」を受け入れ乗り越えられる為に必要なのは、自分自身と真摯に向き合える方です。

楽しいだけではひ弱さを乗り越えられない。

ただ人生楽しければ、それで良い。女性特有の(優しく親切に接し自分の事を大切にしてくれる)感情を全面的に出やすい方に関しては、まず「ひ弱さ」さを乗り越えるのは、正直申し上げますと、かなり難攻不落であり至難の事だと思います。

この事を予めお伝えしておきます。

心身共に剛健さを身に付けてどんな困難に打ち勝つ為に。

心身の剛健さを磨き上げて、この過酷で難攻不落な世の中を乗り越える為の術を身に付けられる事を切実に願っております。

この記事を示している通り「革命を起こせ」と言わんばかりに、己の「弱さ」を克服すべく、そして己の道を切り開く為に、心身の剛健さを磨き上げる事です。

強い方は、見るだけでもぅその剛健さと言うオーラを漂っているからです。




まとめ。

ここまで本文で、ひ弱な心身を徹底的に鍛え直して、過酷で辛い現実社会に打ち勝てる強さを手に入れましょう!と言う事をお伝えして参りました。

正直申し上げますと、ひ弱さのままじゃ世の中で生き残れません。

かと言ってただ闇雲に弱さと欠点を克服しても時には、その人の強さであり長所を殺す事もあります。

何が理由でひ弱なのか!?まずそこから知る事が大切です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。