イノベーション

これからの時代に必要となるロボット科学教育。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

それは間違いなく今後の時代において、主要カリキュラムとして、取り入れられる可能性が、あります。

教育大国として知られるフィンランドでは、2016年から義務教育として、取り入れられている(プログラミング教育)。

この目的は、遊びを通じて論理的思考力の向上を図る為です

元々フィンランドの教育方針は、実社会において、活躍出来る人材の育成を目的としております

これは私個人的な見解にしか過ぎませんが、元々世界中において、AI技術の発達に伴うロボット開発における発展は、著しいです。

ドラえもんや鉄腕アトム辺りを見ていると、この先の未来において、人工知能が、人の脳を越える可能性もあり得る時代が、到来する事もなきにしろあらずとなり得ます

そぅ言う人工知能ロボットが、主流の時代の時に、備えてフィンランドは、2016年から義務教育として、プログラミングのカリキュラムを取り入れたと思います。

日本でも2020年から義務教育の一貫として、プログラミング教育が、取り入れられます。今問わず今後の時代に備えて、ロボット開発の基礎となるプログラミングの教育が、必要な時代となって来たのでしょう。

そろそろ対象となる方をお伝えしたいと思います。

一般的に言ったら3番目の「論理的思考力を養う必要があると考える方」となりますが、やはり1、2番目の「ロボット社会に対応出来る人材の育成、人工知能社会に対応出来る人の育成」の方が、正しいターゲットとなるでしょう。

予めご了承下さい。

それは間違いなくAI社会の始まりの夜明けとなる!

ロボットの身体の開発における「機械科」における学習は、また別の形での教育となります。

プログラミングとなると、今の時代完全にコンピューターを使えない人は、社会から弾き出される時代となりますからね

人々の論理的思考力を頭が、柔らかい頃から養う事が、一番の目的となりますが、別の角度で、考えたらやはりAI=人工知能技術者の育成に伴う為の教育もプログラミング教育を義務教育化した理由としても考えられます。

来る時代に対応出来る人の育成と言うべきでしょう

理由は人工知能発達に伴う未来が、訪れるから。

もぅそれは、確実に訪れつつあります。病院の玄関とかを見ても、人工知能搭載ロボットが、対応している所も増えつつあります。

その象徴的として高輪ゲートウェイ駅の無人店舗を見ても分かる様に、人工知能が店主の店も存在します

人手不足と言われる社会ですが、その一方で、AIの発達により、新たな時代の到来とも言える時代が、訪れつつあります。

その象徴として、今申し上げた無人店舗の誕生となります

今後ますますAIテクノロジーとロボット技術が進歩し、進化する一方ですので、AIとロボットに携わる仕事に着く事が、なくても最低限の常識と対応力が、必要となって来るでしょう

分かりやすく言うと、インターネット社会と言う事です。スマホが台頭し、当たり前の様に一般化されている時代です。

もぅ本当にスマホとインターネットが、使えないなんてのは、本当に無知と言ってもいい位な時代です

高齢者年配の方ならともかく、若年層で使えないとなると、もぅ仕事にすらならない時代となってます

何しろLineで、資料添付する時代となってますので。

今後活躍が予想される人工知能ロボット。

間違いなく予想される事もさる事ながら、確実に現実になる事は、間違い御座いません。

AIとロボットをテーマにした作品をご覧頂ければ分かる様に、人には出来ない事をロボットなら可能な仕事も存在します。

そぅ言う危険任務の仕事となると、やはりロボットの存在が、大きいです。

今も続く福島原発の作業が、一番分かりやすく良い例えとなります

放射線レベルの危険度レベルの高さを考えたら、人の力じゃ困難な作業となります

AIボットは、社会のパートナーとなり得る存在なり!

そぅなって来るとドラえもんや鉄腕アトムの様なロボットの方が、適任となります。

また深夜営業店舗や24時間当直勤務においても、正直言って深夜夜通しでの勤務は、キツいです。

慣れている方。または向いている方なら話は別ですが、基本的に我々人間は、昼に働き夜は、寝ると言う習慣に身体が、作られてます

普段しない事、合わない事をすれば、当然身体に大きな負担が、かかります。

そぅ言う場合でもロボットの存在も大きいと言う事です

今後間違いなくこぅ言う深夜夜間夜通しの仕事でもAIロボットが、活躍する時代となります。

その社会に対応すべくロボット科学教育が、必要。

まさにその通りとなります。専門職に就かなくても最低限における一般義務教育をすべきとなります。

流石にフィンランドの様に、実社会に対応出来る人の育成までとは、行きませんが、最低限の常識と対応力は、必要となります。

まとめ。

ここまで本文で、ロボット科学教育の事についてお伝えして参りました。

本文でもお伝えしましたが、今のこの人手不足の時代であり、人じゃ対応出来ない危険作業の事を考えたらロボットが、必要であり、そのロボットの実用化と活用性が、必要不可欠な時代となります。

そのロボットとの共存の社会を実現する為には、やはりロボット科学教育に力を入れるべきです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。