健康

これぞ!疲れ果てた方にとってのリラックスグッズです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




大昔から続いている事だと思われますが、いつの時代においても、(体力的にも精神的にも神経的にも)「疲れ果てる」事は、事実です。

私は、第二次世界大戦後から始まり(高度経済成長期)の日本からバブル真っ盛りの頃に、生まれた身ですので、正直昔の方の事は、よく分かりません。

ただ一つ言える事は、時代劇や歴史物の映画を観ていると、昔の方も疲れ果てる事は、あったんだろぅなぁ?って思います。

いつの時代でも疲れ果てる方は、疲れ果てると言う事ですね

ただ今の時代の(高度発展に伴う文明の発達)の事を考えると、正直疲れ果てる事が、昔よりも負担が、重くのしかかるケースが、多いんじゃないかなって思います。

理由は、それぞれ千差万別によりますし、「特にこれだ!」って一概に決めつける事は、正直難しいです。

あえて言うなら睡眠時間の乏しさ人間関係による疲れから来る事ですかね(-_-;)。

詳しくは、この後お伝え致しますので、お話しを進める前に、対象の方をお伝えして行きます。

となります。これだけの事を考えると、かなり疲れ果てても無理は、ありませんね。




これぞ!疲れ果てた方にとってのリラックスグッズです!

今の時代昔と言うより「幕末」の頃までの日本と違って、西洋文化を取り入れ、国際社会化が加速する現代社会だと、環境的にも漠然的に、激変しております。

疲れ方もかなり違ってますし、むしろ疲れやすい環境に、なっている現代社会だと思います。

いや(–;)むしろ確実に、疲れやすく、日に日にかぁーーなぁーりぃー!疲れ果てやすい環境に、なっている事は、事実です。

現代社会における大きな理由とは。

大きな理由として、最も上げるべき点において、特化している事は、やはり「パソコンスマホ」と言ったデバイス環境による(眼精疲労)による疲れでしょう。

常に至近距離で、画面を見ながらの作業となりますので、これを日々毎日繰り返すだけでも眼精疲労から始まり、結果蓄積疲労によって「疲れ果てます」。

対人関係による疲れも一つとして考えられます。

また近年インターネット社会特有によるSNSによるコミュニケーションが、一般化されてます。

昔の昭和時代の頃の様な(商店街)による人と人との触れ合う機会が、めっぽう減り、どちらかと言うと、ネットコミュニケーションの方が、盛んな時代となっております。

結果対人関係による疲れやすさが、かなり負担な社会となっております。

それでも人との対面の方が、好きな方も存在しますが、少なくとも私が、見て来た中においては、そぅ言う傾向が、目立つ様に、なっております。

結論は加齢によって疲れ果てやすくなる。

あと何と言っても「加齢に伴う年齢的」な面から来る事も最大の理由として、上げます。

若い頃からの蓄積疲労に、伴う歪みが、抑えられなくなって来ている事が、考えられます

あと無理が効かなくなり、疲れやすくなって来ている事もプラス材料として、考えられます

そぅ言う事になります。そのグッズは、後程お伝え致します。




疲れ果てた方にとっての快眠とは。

通常疲れ果てると、速攻で寝る傾向が、ありますが、ただ寝るだけで、決して疲れが取れたとは、言い難いです

これは電車内の通勤時の方々を見ていると、分かりますが、疲れ果てる原因って、実は他にもあるんじゃないかなって思います。

それは体の仕組みを知らず、ただただ楽しくストレス発散をすれば、その方が健康的だと言う事です。

違います!それだけじゃありません!体の仕組みを知り、その体をどぅいたわり、自己管理を徹底出来るか!これぞ疲れ果てた心身を安らぎ(快眠)出来る為のグッズとなります。

身体の柔軟性を高めてこそ更なる効果が期待出来る。

やはり体を柔らかくし、神経と血行の循環を良好にする環境を整える事が、最重要な快眠グッズとなります

このストレス社会上、どぅしてもストレスは、避けられないので、出来るだけストレスに強い心身に改善する事です。

その上に、おいて活性酸素を溜め込まず、抜けやすい環境に整える事です。

まさに快眠方法にピッタリなマストアイテムです。

そしてこの延長線上におけるマストアイテムは、を皆様にお伝え致します。快眠用のマットレスとオーダーメイドによる枕が、快眠を高める方法となります。

普通の枕やマットレスになって来ると、正直腰と首への負担が、かかって来る恐れが、あります。

それは朝起床した時によく分かります。

先程お伝えしたやり方と、併用すれば、更に疲れ果てた心身を安らげる環境として、整える事が、出来ます。




まとめ。

ここまで本文で、快眠が可能な方法とそれに伴うリラックスグッズの事をお伝えして参りました。

仰有る通り腰と首への負担軽減のマットレスと枕への投資によって睡眠時において身体が、硬くならない様心掛ける事が、大切です。

また日頃からストレッチをする事で、体への負担軽減と同時に、疲れにくい体へ改善する事こそが、最も快眠を高める方法となります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。