イノベーション

常に語り継がれる歴史と言う物語は終わりと始まりが存在する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




予めお断りさせて頂きます。

また何かのきっかけであり、読者の方にとってのアドバイス的な記事では、ないと言う事も兼ねてよりお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。

日本史世界史。どちらを見ても必ず共通するのは、各時代による代々語り継がれる歴史の歩みと、その各時代における出来事です。

またその過程おいて、実際の出来事をテーマにした物語による作品も数多く伝えられております。

まさに歴史と言う物語は、常に終わりと始まりが、存在する

その過程に代々様々な歴史と偉人達の語り継がりが、この先も続いて行くであろぅ。




常に語り継がれる歴史と言う物語は終わりと始まりが存在する。

これまでも我々が、生き続け存在し続ける現夜には、多くの年数に伴う歴史が、語り続け今日まで、存在し続けて来ました。

その主な歴史と呼ばれるのはこれ等となります。

あと有名なのは、(中国4000年の歴史)が、有名なのは、事実です。

私的にはやはり「神話」が、このタイトルである「常に語り継がれる歴史と言う物語は終わりと始まりが存在する」の中の歴史と言う物語が、その事実を記しております。

実際に存在していたであろぅ太古の時代が、現在まで神話上において物語として語り続けております。

それこそが、終わりなき歴史における一つの終わりから始まり、始まりによって生み出され続ける歴史と言う物語の存在です。

いつの時代も終わりと始まりが共通する。

いつの時代でも必ず終わりと始まりが、存在します。私の中で一番近くて、分かりやすいのは、やはり幕末から明治維新の頃です

長きに渡り武士の時代として君臨し続けた日本が、黒船の来航により、一つの転機を迎え、武士の社会から欧米の文化をより取り入れた産業の時代へと変化しました。

何をお伝えしたいのか?武士の時代が、終わりを告げ貴族の時代へと移り変わったのです。

今の時代を象徴するのは、脱炭素社会による環境問題に対する取り組みです。

これまでの豊かな社会を作り上げて来た歪みの象徴である「地球温暖化」による環境の汚染と破壊。

その痛み続ける母なる地球の環境を少しでも和らげるべく脱炭素社会として、旗揚げを試みたのです。

終わりの歴史は破壊である。

この言い方は、正直極端でおこがましい言い方になりますが、現実的な見方をすれば、これまでの歴史の歩みをたどれば、一つの時代の終幕は、まさに破壊の象徴とも言うべきです。

世界を広く見渡すと、とても痛々しく悲しげな話しになりますが、(世界大戦)後の世界が、その言葉「終わりの歴史は破壊である」の意味を記しております。

敗戦し瓦礫による痛恨の焼け野原となった場所から立ち上がり、その後復興を果たし(世界大戦)前以上となった前例が、あります。

始まりの歴史は誕生である。

やがて一つの時代が、終焉を迎え、その夜明けと共に一つの歴史が幕を閉じ、新しき歴史の誕生となる。

これは常に太古の時代から絶え間なき続いている事であります

大昔のアメリカが、そぅであった様に、自由と平等を求めて、一つの大国が誕生したと言う前例が。

また香港が、中国に返還した事もそぅですが、ドイツのベルリンの壁の崩壊により、西ドイツと東ドイツが、一つになった事もその前例です。

一つの時代に区切りをつけ、夜明けと共に訪れる歴史こそが、新たな誕生の歴史であり、物語である




全ての歴史と物語は終わりと始まりが存在し続ける。

今までの歴史の歩みを見ていると、社会の成長と共に歴史と言う物語は、人々によって作られて来ました。

この積み重ねが、あってこそ今の現世に生きる我々の社会が、存在します

しかしその過程の中において、一つの歴史には、必ず限界が、訪れます

それはその時代に君臨し、長きに渡る歴史を作り変える才能の象徴的存在である「イノベーター」として存在する人々が、一つの限界に挑戦をし、新たな歴史と言う物語を作り上げる。

それは各時代における歴史に必ず存在しております

特に誰が象徴的と言うと、正直言ってとても難しく答えにくいです。

私的には、徳川家康公です。戦国の世の戦乱の時代に終止符を討ち、徳川幕府と言う長きに渡る国を治める幕府を作り上げた事は、我々日本人の間では、有名で語り継がれております。

一つの時代が終わり新たな時代が誕生する。

これまでも様々な出来事と歴史の歩みを見て来た様に、今のこの現代社会においても同じく「一つの時代が終え新たな時代が到来」し続けております。

象徴的と言えるのは、これ等と言えます。

となります。これ等が共通するのは、(インターネット)が、大きく関わっております。

通信環境」の改革から始まり、この記事を作成した2021年8月現在まで、終わりなき続く新型コロナの問題から始まったリモート社会の浸透化。

それに伴う「生活環境」の変化。

これ等が、一つの時代の幕切れから始まる新たな時代を作り出す出来事のきっかけとなる

それは新たな未来を切り開く。

まさにそぅなります。何度も読み返しお伝えする様で、大変恐縮ですが、一つの時代における文明開化による社会の歩みと、その発展が、それを記しており、象徴的となっております。

道を切り開く。まさにそれこそが、「イノベーション」と言うべきであり、歴史と言う物語の核とも言えます。




まとめ。

これまで歴史の歩みと核と言うべき物をお伝えして来ました。

そぅ。我々が生きる現世は、常に歴史は終わりから始まり、始まりが歴史と言う物語を作り出す。

それが歴史は終わりと始まりから作られる象徴の証である。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。