ビジネス

強い組織の作り方。それは成長出来るリーダーシップが条件なり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




組織や団体が、それだけしっかりとし、世の中のトレンドに屈しない組織。

それは、強いリーダーシップの存在が、大きいからです。

二つの言葉を掛け合わせれば、タイトルが、それを示している様に、強い組織の作り方。それは成長出来るリーダーシップが条件なり!と言う事になります。

言い方を変えれば「リーダーが高く優れた学習能力と成長力を重ね備えている」からでもあります。

この記事のキーワードとテーマは、「強い組織」と「成長出来るリーダーシップ」となります。

リーダーシップって言ってしまえば、様々であり千差万別じゃないですか

会社の社長や会長。何かの財団法人の会長。スポーツチームの監督。一国の君主であり主。地区町村の長。色々様々なリーダーと組織(チーム)が、出て来ますね。

組織とリーダーって正直言うと(会社)って思う方が、多分常識的に考えて多いんじゃないかって思います?最も最初はそぅ教えられたんじゃないかって思います。

でも見方を変えれば、「自営業者=個人事業主」の方も「リーダー」なのです。言い方を変えれば、(リーダー=代表)なのです。

そぅ。リーダーって言ってしまえば、代表その物なのです。そのリーダーが、人の体で言えば(心臓)部分なのです。

心臓が止まれば、その時は死を迎え訪れますよね組織も一緒ですリーダーが駄目になれば、その組織も一貫の終わりを迎えます

そぅ言った成長出来るリーダーシップを育てる事を重要としている事をお伝えしています。その対象の方をお伝えした後本題に入らせて頂きます。

と言う様に、若くて学生の内から金の卵と呼ばれる逸材を育てる事が、重要となります。

俗に言う学生起業家と言う事です。

予めご了承下さい。




リーダーが成長しないと部下の指導は、出来ない。

当然です。基本的にリーダーの役割って(模範)的な役割でもあります。

部下を育てる条件として、上司である人物が、模範となります子供は親の背中を見て育つ部下は上司の背中を見て育つ

って言葉をよく聞きますし、そぅ教えられた方が、大勢でしょう。事実そぅだと思います。右も左も分からない。

そんな中で必ず(教育担当)が着きます。その教育担当の方から、仕事の事を始め社会人としての生き方を教わります

教育担当の役割であり、任命すると言う事は、それだけの能力があるからです。その人にその役割を与えるとなると、当然模範となるリーダーが、それだけの能力がないと駄目なのも事実過言じゃありません。

リーダーの成長と共に組織は育つ。

つまりリーダーが、成長出来なければ、組織も成長出来ない。

自分の右腕となるサブリーダーも育たない。本当の意味での有能な人材も育てられない。故に次世代のリーダーも育たない。

またリーダーは「常に敵が多い嫌われ者」でもあり「批判と孤独との戦い」が、宿命の立場でもあります。

そぅ言う意味で、強く息が長い組織を作れ、一人の力で大局的な視野、(批判:逆境:困難)に屈しない精神力、優れた指導力と行動力で大きな事を成し遂げられるリーダーシップを重ね備えた人材を育てる為。

つまり次世代のリーダーを育てる為には、現在のリーダーが、それだけの成長力がなければ、不可能です。

強い組織のリーダーの資質。

つまり模範となるリーダーが、ただ単に仕事をするだけでなく、常に成長しなければ、ならない立場です。

それも仕事面だけではく、健康管理、人格面、教養面等ありとあらゆる面において、一人の人としての模範的な役割を果たさなければ、なりません。

ただ単に身分にあぐらをかいてふんずり返って、傲慢な態度のリーダーじゃ誰もついて行かないでしょうそぅ言うリーダーじゃ組織は、脆弱なのも事実です

部下を育てる事は、それだけリーダーが模範とならなくては、なりません。




部下の教育。それは次世代のリーダーを生み出す事。

そぅなります。今の時代一つの会社に一生涯留まらず、将来的には独立をする時代となります

必ずしも全てそぅとは限りませんが、少なくとも私はそぅ思っております。

部下を教育するにあたって、私個人的には、「イエスマン的な従業員人材の教育ではなく、高い自立心と常に率先して先頭に立って行く姿勢のある経営者的マインドの人材の育成」の教育をすべきです。

稲盛和夫会長が掲げる「アメーバ経営」が、そぅである様に、全員が常に経営者マインドで、仕事をする為の会社環境を整える為に、尽くしている。故に次の経営者を育てる

しかし!学生の起業支援こそが、本当の意味での強い組織の価値が問われる。

日本国内でも珍しい時代じゃありませんし、アメリカでは最も珍しくない出来事です。

今の時代学生の頃から起業をし、その会社が大きくなるのも珍しくありません。

ただ社会人経験がないのも事実ですので、正直そぅ言う支援は、必要になります。

最終的には部下の教育目的、それは独立と起業の成功の為を導く為にある。

そぅ言う事です。今の時代起業家を育てる事をモットーにしている方もおります

次なるリーダーが、社会を大きくするその為には、常に経営者マインドの部下を育て上げる事です

リーダーと組織は、次世代のリーダーと組織を育てる。

これこそ本当の意味で、強く丈夫で、息の長い組織となります。




まとめ。

ここまで本文で、強い組織を作る為には、リーダーを育て上げ、成長させる事が、必要最低限である事をお伝えして参りました。

世の中の歴史を辿ると、リーダーが強くしっかりとした組織や団体は、それだけの場所へたどり着き、成功をおさめられます。

またそれに伴う結果も自然とついて来ます。

常に次世代の時代を担うリーダーを育てる事こそが、我々に課された使命と言う事になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。