イノベーション

独立起業を目指している方へのメッセージです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今のこの時代一生一つの企業に勤める時代ではなく、将来独立を目指す為にある時代だと昔パソコン教室わかるとできるの創業者の方から教わりました。

以前リクルート社が、独立起業を目指す為の人材育成を掲げている事を聞いた事が、あります。

アメリカに至っては、資本主義国家ですので、どちらかと言うと起業家精神を養成する国家ですので、学生の段階から起業する傾向も珍しくありません。

今やそぅ言った企業も多く存在します。

先程の話しに戻りますと、その方は、パソコン教室を経営しており、全国フランチャイズ展開の教室経営のパソコン教室です。

その方がお伝えしたいのは、「従業員気質じゃパソコン教室を経営出来ないぞ!」と言う事です。そりゃそぅでしょうね。

従業員気質だといざ独立起業したら、正直言って受け身ですので、自分の意思による事業計画も作成が、出来ませんからね。

独立起業となると、会社員と違って自分の実力で稼ぐ立場となりますから、当然雇われ者の気持ちでいるとすぐに、潰されてしまいます

そろそろターゲット層をお伝えして本題に入りたいと思います。

この場だと重視するのは、やはり「独立起業を目指している方」となりますね。

予めご了承下さい。

独立起業を目指している方へのメッセージです。

改めてお伝えしますと、この記事は、独立起業を試みており、その事を行動を起こそぅとしている方の為に、作成した記事となります。

この先の日本を考えると、一つの会社で、一生涯勤める事は、とても難しく必ず何処かで、転機が、訪れる時代となります。

その一つとして独立起業をすると言う決断です。

その独立起業を決断した方の為に、お役に立てようとこの記事を通して、お伝えして参ります。

独立起業とは。

それは自分自身の実力で稼ぐ事。

これは経営者だけでなく、自営業者やフリーランスに至っても同じ事が、言えます

独立する訳ですから自分の実力で売り込んで行き、自分自身で宣伝して行かなくてはいけません。

常に人任せの甘えん坊な方は、まず無理だと思います

自分の実力を信じて挑戦出来る覚悟が、出来ない方は、独立起業してもかなりと言っていい位難攻不落で、過酷な現実を思い知らされる事は、間違い御座いません。

つまり雇われ者時代から(経営者)的な考えを持つ方の方が、有利と言う事ですね。そぅ言う方の方が、将来独立起業に向いていると言う事ですね

私が現在お世話になっている鍼灸の先生も、それだけの覚悟を決めて独立起業をしたので。

それは人生の決断の時。

正直言って本当の事です。独立起業となると、それだけ人生最大となる決断を選択する事を余儀なくされます。

昔お世話になった方にこぅ言われました。「男は人生一度必ず何処かで決断をしなければならない時期が来る」と。

これは独立起業する意味だけじゃありません。

必ずどの様な局面に、おいて人生一度は、本当に決断を迫られる大事な時期が、訪れます

この時の決断をどぅ選ぶのか?それによって人生が、大きく左右されるのは、事実過言です。

大きな決断力がある事が問われる瞬間でもある。

ただこの時に決断をせず、甘え根性でぬるま湯を選んだら・・・・・・・そぅ言う方は、まずハッキリ言ってそれだけの人生しか送れないと言う事をこの場で、お伝えしておきます。

全員が必ずしもそぅとは限りませんが、今まで私が見て来た方の中では、少なからずそぅ言う方が、大勢で大半でした。

つまり決断を迫られる時に、自分の人生でリスクを背負って挑戦すると言う覚悟が、ないと独立起業すると言う気持ちが、奮い立ちません。

何しろ独立起業となると、経営者となりますので、支えてくれる仲間がいても最後に決断を下すのは、自分自身なので、甘え根性でぬるま湯に甘える方には、孤独との戦いには、勝てません

それだけ経営者は孤独と言う事です。

独立に失敗しない為に。

これは私自身の経験でしかお伝えする事しか出来ませんので、参考になるか!と言えば、正直言って難しいです。むしろ参考にならない方が、正しいと思います。

ただそれでもお伝えして何かのきっかけになってくれれば幸いです。

私自身の場合今までの人生の職歴は、大半が警備員でした。あとはゆうメイトと言う期間雇用の郵便局勤務くらいです。

なのでフリーランスとなった最初の頃は、本当に何もフリーで活動出来るだけのスキルもなかったですし、人脈も全くいない状態でした

職歴も警備員がメインとなりますので、相手側に自慢出来る職歴もないです

最初の頃は無知の状態でした。

従って全くの無知の状態からスタートしました。

最初の頃は、郵便局在局中に知り合った方と仕事をしてました。いわゆる当時のパートナーの橋渡し的な仕事です。

その事をしばらくは続きました。色々な方の案件の橋渡し的、いわば紹介屋の様な仕事をしてました。まぁいわゆるブローカーみたいな物ですね。

更にあの頃は、不特定の人と会ってましたし、「交流会、パーティー、セミナー」参加等で、そこで出会った方と当時のパートナーに紹介したりしてましたね。

日本白井新聞を立ち上げるきっかけが訪れる。

この記事を作成した2020年から3年位前(2017年頃)に、この日本白井新聞の立ち上げのきっかけとなる方と出会いました。きっかけは、友人の紹介です。

今現在もそぅですが、初対面の時からその方はまさに「衝撃の人」でしたね。

あまりの衝撃さに、初対面の頃から意気投合しました。

会う度に打ち合わせをし、私に「ブログ形式のコンテンツビジネス」をやる事を提案して来ました。その方が、私に向いているとも仰ってました。

今取り組んでいると、やっぱこの方が、自分に向いているなって思います。

参考にならないと思いますが、やはり上手くいかないからって、失敗を恐れてたらそこで終わりです。自分自身を見失わず信じ続けなければ、本当に失敗に終わります。

失敗を恐れては駄目!

まさにその通りです。覚悟を決めて独立起業したなら本当に、自分を信じて死ぬまでやり遂げるべきです。

失敗を恐れ逃げたら、その時点で負けます。

私の場合は、出会いの連続で、今のパートナーである「衝撃の人」に出会えたので、がむしゃらでただ無意味に突っ走ってただけなので、その果てに友人からの紹介で、出会えたに過ぎません。

その一方で、友人と「衝撃の人」に出会えた事には、感謝しております。

今後本当に独立起業をし、自分自身の実力で稼ぎ、勝負をかけている方にお伝えしておきます。

最後は自分を信じる強さと信念がある事です!

やる為に必要な事は、まず自分自身何で独立起業をし、勝負したいのか?まずそのビジョンを明確化し、確立する事です。

次に独立起業する為の資金を作り、支えとなる為の人脈を作る事です。その上で、明確な計画を立てる事です。

そして一番必要な事。それはどんな「困難、逆境、批判、邪魔、夢食い人」にも負けないと言う信念です。その上において「度重なる試練」を乗り越えるだけの強く逞しく強固な意思です。

最後は自分自身との戦いであり、自分自身を信じぬく事です。

まとめ。

ここまで独立起業を試みる方の為に対するメッセージをお伝えして参りました。

改めまして本文でもお伝えしましたが、独立起業をすると言う事は、本当に自分の実力で、勝負する事になります。

ご理解して頂きたい事は、それだけ過酷な環境で、覚悟を決めれる決断力が、ある事が大事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

その独立起業の手助けとなる存在!

独立起業するとなると、確実に言える事。


それは、大きな支えとなる後ろ楯の存在です。いわば起業コンサルタント的な存在です。


その存在こそあなた様にとっての大きなパートナーとなります。


何故紹介したのか?それには理由が、あります。その理由とは?




  • 起業支援を行っている。

  • 新規事業立案サポートを行っている。

  • 助成金申請サポートを行っている。

  • Web集客対策を行っている。

  • 様々な経費削減対策も行っている。


これ等を主な理由として上げております。やはり起業支援が、行っているだけでも大きな味方となります。後にホームページを持つ事になれば、当然御社のWeb集客対策によって、御社のPRにも繋がります。

さぁ。本当に独立起業の覚悟を決めた方!今すぐ下のアイコンをクリックすべきです。その先に、あなた様の後ろ楯となり得るパートナーが、存在します。

このアイコンが、あなた様の独立起業の手助けとなる存在です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。