イノベーション

どれだけ軌道に乗っても初心を忘れるべからずの謙虚さが必要です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事をご覧になられる前に、予めお断りしておきます。

タイトルの段階でどれだけ軌道に乗っても初心を忘れるべからずの謙虚さが必要です!と言われましたら正直頭に来て、怒り心頭になられる可能性があります。

場合によっては、白井テメェ何かに言われたくねぇよ(`Δ´)と言われ場合によっては、間違いなく私の所にこの記事に対するクレームが、行く可能性も断言出来ます。

勿論皆様に顰蹙を買われるつもりで、作成した訳ではありません

けどそれだけの覚悟を決めて書かないと伝わらない事が、あると言う事は、ご理解頂くと幸いです

改めてお話しに戻りますと、確かにどんなに成長をし、成功と言う功績を得たとしてもやはりおごり高ぶったら、尊敬するのに値しないと言う事です。

むしろ初心を忘れるべからずと言わんばかりに、謙虚さとそれに伴う向上心が必要です!

その事を踏まえた上で、そろそろお話しを本題に入らせて頂きます。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。




人は成長すればおごりが出て来る。

もぅこの項目のタイトルをご覧になられた段階で、怒り心頭になります。

場合によっては、私の所にクレームが、入る事は間違いなく有り得ます。

ただ人は常に成長を追い求め続けます。

勿論仕事が出来れば、それだけの信頼と報酬が得られます。

これは当然当たり前の事です。

ただ大切なのは、いくら仕事が出来る様になり、一つの成功を修めたとしても自然と目的を達成したと言う一つの区切りが、現れて来ます。

肝心な事は、ここからが分かれ目です。

一つの成功を修めたとして、初心を忘れず常に下積みであり、全く駄目だった頃の自分を忘れず謙虚さと相手の立場になって考えられる方もおります。

その一方でそれが出来て当たり前だ!と言う自分勝手で傲慢な態度になる方もおります。

どぅしてそぅなるのか?私の考えとしてお伝えして参ります。



原因の一つとして経験が上げられる。

原因の一つとして上げたいのは、やはり積み重ねて来た経験が上がって来ます。

確かに人生は何事も経験を積まなければ、ならない!と言うのが、現実的な宿命です

経験を積めば、それだけの能力が磨き上がりそれに伴う自信と考え方も同時に身に付いて来ます。

忘れてはならないのが、そこに落とし穴があると言う事です。

経験を積み重ねて行くにつれて、かつて駆け出しで下積みだった頃の自分の苦労を忘れる時が、あります。

言葉を変えれば、今の自分を基準に物を考えると言う心構えです。



次の原因は成長による自信です。

この事も原因の一つとして考えられます。

試練を乗り越えれば、それだけの自信がついて来ます。

著名人のインタビューにしてもそぅですし、身近な人の話しを聞いていても発言に力強さが、あるなって感じがして来ますよね。

それに伴う自信も道溢れて来ます。

ただ自信があっても上には上がいてある。

大きな壁にぶつかりそれが試練となった時に、自信喪失になる事も時には、あります。

常に自信と共に謙虚で低姿勢な気持ちも合わせ持つのが、大切だと言う事です。



やはり大きい原因はその人の心構えです。

やっぱり最終的には、その人の心構えに行き着きますね。

自分はこれだけの努力をして来て、絶対に負ける気がしない!と言う自信が出て来ます。

ただ忘れてはならないのが、幼少期と成長期の頃どぅやって過ごし教えられて来たか!

言葉を変えれば、どぅ言う過程を得て、教育を受けて成長して来たのか!?

やはり幼少期と成長期の頃の出来事が、左右されて来ると言う事になります




例え成長しても謙虚な気持ちを持つ事が大切です。

さてそろそろ何が大切なのか!についてですよね。

謙虚で低姿勢な心構えは、とても大切です。

言葉を変えれば、どんなに仕事が出来能力が高くてもその高さに伴う人間性が、ないと正直申し上げますと、本当の意味で人として尊敬されない可能性があるからです。

つまり能力と人間性の伴いが、あってこそ本当の意味で、進歩出来る方と言う事になります。



成長と幅が拡大すればするほど大切となって来る。

この考えはあくまで私個人的な独りよがりの考えにしか過ぎません。

成長に伴い視野が広がれば広がる程、それに見合った人と環境に出会えると言う事です。

例えそぅでない立場であっても出会えると言う事は、その人には何か内に秘めた可能性があると言う事になります。

本当の意味での成長に伴い可能性が、広がりますが、それと同時に初心を忘れるべからずと言わんばかりに、謙虚な姿勢が伴わないと悪い流れが、引き寄せ邪念を呼ぶ事になりかねます。



おごり高ぶれば即刻奈落に墜ちる事もある。

この見出しのタイトルを聞いただけで、速攻で頭に来る事は、まずお間違い御座いません。

時々ニュースやら何かで、成功者が突然奈落の底に墜ちると言う話しを耳にします。

あと超大企業が、突然倒産する事も時には、あります。

何が言いたいのか!と仰いますと、世の中突然何が起こるか分からないと言う事です。

成功して順風満帆に乗ってもある日突然大挫折する事だって時には、有り得ます。

やはりその人の心構え一つで、その流れを引き寄せると言う事になります。

これが絶対と言い切れませんが、その人の心構えによる思考で、予期せぬ流れを引き寄せると言う事です。



最後は自分に返って来る。

結論を申し上げますと、少なくとも私はそぅ思っております。

上手く説明出来ませんが、例えば誰かをいじめたり馬鹿にしたりすると、後に自分に返って来て、逆に自分がそぅ言った痛い思いをする事になります。

分かりやすく言えば、神様は常日頃我々を見ていると言う事です。

他に言える事は、過去の自分に足を引っ張られる事もあり得ると言う事です。




まとめ。

ここまで本文で、どれだけ軌道に乗っても初心を忘れるべからずの謙虚さが必要だと言う事をお伝えして参りました。

成長と共に自信がついて来て、それに伴う考えになります。

言ってしまえば、成長と共に言葉の発言が、いかにも力強く前向きな発言になります。

それと同時に初心を忘れず常に謙虚で低姿勢な心構えが、必要となります。

今の自分を基準に出来て当たり前と言うのでなく、初心だった頃の自分の事を思い返す気持ちで、相手を教え導く事です。

人の上に立つと言う事は、人の人生を後押しし、正しい成長に導く事です。

それが上に立つ人に必要な事です。

それに伴って人から尊敬される人格でなければなりません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初心を忘れずべからずの気持ちを保ち続ける気持ちがあってこそです。

それはこの先のクリック先の環境を創業者の方こそ初心を忘れずべからずであり、数多くの苦しみと試練を乗り越えた方の象徴的な方です。

何でもかつては、引きこもりでしたが、引きこもりと言う己の弱さと邪念に打ち勝ちその試練を乗り越えた方の中のパイオニア的な存在の方と言えます。

こぅ言った方に師事してこそ皆様の道が切り開けるチャンスが、訪れます。


新世代のパイオニア的な存在です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。