イノベーション

経営者の方。フリーランスの仕事能力を活用すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




今のこの世の中「フリーランス」と言う職業が、よく耳にする様になりました。私と衝撃の人と呼ばれる友人もこの職業に属してます

そもそもフリーランスとは?

企業や組織に属さず、自分の力で勝負して仕事をする言わば「個人事業主」または「個人事業法人」事を意味する。

言葉を変えれば「自由業」「自由職業」「一人社長」も意味する。

ん?今「一人社長と個人事業法人」って出て来ましたよね?そぅです。フリーランスになると言う事は、言ってしまえば「会社を起こす」事に等しいです。

つまり独立して相手側に対し、何かアピール出来るだけのスキルが、ないと仕事がなく収入が、入って来なくなってしまいます(;´д`)

これは会社経営者側も同じ事です。何をビジネスモデルとして、事業展開して行くのか!それも他社にはない(オリジナリティー)を強く現したモデルを展開し、勝負して行くのか!

結論を申し上げますと、過酷な世の中に勝てなければ、収入が入って来ないからです。

ただ真似たビジネスモデルじゃなく、(その人にしか出来ない)ビジネスモデル、それもオリジナリティーを徹底追求したモデルを展開しないと意味がないからです。

個人の力で勝負しているフリーランスの方の有効活用が、必要な事。それをお伝えして行きます。

ではターゲット層をお伝えして参ります。

その理由を今からお伝えして行きます。




経営者の方。フリーランスの仕事能力を活用すべきです。

会社経営者の方へ。そもそも何故フリーランスと言う職種が、誕生したのか?

または今まで勤めてた会社を退職し、自分で会社を起業したのか?その事を考えた事が、ありますか?

またはかつて「何故自分自身が会社を起業したのか?」その当時を振り返って見て、その理由を考えた事が、ありますか?

答えは優秀な人材は、独立し自らの力で稼ぎたいから。

そぅです。今日本企業で深刻な問題であり、各会社経営者の方の悩みの種である人手不足の大きな原因が、今お伝えした通り、会社にとって必要な人材が、独立起業すると言う事です。

これが全ての原因と決めつけている訳じゃありませんが、少なくとも同じフリーランスの立場として、私はそぅ見てます。

では何故その原因を生み出したのか?主に上げるポイントは、こぅなります。

これは私自身の個人的な考え方ですが、やはり拘束時間の中で、限られた給料じゃ正直言って社員のモチベーションが、上がりませんし、本当に優秀な人材を手放す原因を産み出す事にも繋がります。

それじゃ良い人材は、辞めて行く一方です。

月給で社会保障。それも会社に守られていると言うぬるま湯気質になってしまうだけです。

その上において、過酷なノルマを与え、残業までしないと、仕事が終わらない。または30万40万の給料が、貰えない。

いくらミドル採用を積極的に行っても、本当の意味での人手不足解消は、ハッキリ言って抜本的な解決に繋がりません。どぅすれば出来るのか?その事をお伝えして行こうと思います。




フリーランスの仕事に対する姿勢なら可能です。

まず第一に言える事は、社員の意識改革です。これは常々各企業の経営者の方が、毎度当たり前の様に、語ってます。

どぅすれば実現出来るきっかけとなり、理屈が通った答えにたどり着けるのか?答えは(フリーランス)の方に、業務提携し、その彼等に重要な仕事を任せる事が第一です。

何故そぅ言う答えを導き出したのか?それだと多額の報酬を支払うリスクが、出て来ますよね?

そのポイントと理屈が通った答えはここです!

彼等の様に、高い能力を持ち仕事がなければ、「収入が入って来ないと言う危機的な立場に立たされていると言う意識」を持った方々のマインドの方が、仕事に対する意識が高く、言葉を変えれば(経営者意識)に基づいて、仕事をするからです。

だからこそそのフリーランスの方を積極的に有効活用し、経営者としてのマインドエッセンスによって、社員に対し、仕事に対する意識改革的な教育にも繋がります。

一方の経営者の方においても「何故優秀な人材を手放す原因」となる事も見つめ直すきっかけにも繋がります。

だからこそ実力成果主義の考えで生きているフリーランスの有効活用が、必要な時代となって来ております

そのフリーランスとのマッチングを目指すなら。

改めまして優秀で、会社の抜本的な意識改革が出来るだけの力があるフリーランスを求める経営者の方へお伝え致します。

法人向けのフリーランス人材採用支援サービスを利用して有効活用する事です。

このサービスだと、幅広い職種と人材。それも先程お伝えした通り、会社を変えるだけの人材のご紹介が、可能です。

つまり外部からの有能な人材を委託契約して、仕事の効率化を図る事が、可能となります。

何故なら独立心が、強く結果を出せないと収入に繋がらないので、仕事に対する取り組み方が、従業員と大きく違います。




まとめ。

ここまで経営者の方に対して、フリーランスを有効活用すべきである事をお伝えして参りました。

改めて振り返りますと、経営者の方が、独立し起業家として間もない頃を振り返りますと、独立して自分の力で、勝負出来る自信が、あるからこそ独立したからだと私は、見ております。

その当時の自分を振り返って独立したフリーランスの能力と仕事に対する姿勢を考えたらやはりフリーランスの能力を有効活用すべきだと私は、考えております。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。