イノベーション

人は己の限界を超える時こそ始めて成長が出来る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事のタイトルである「人は己の限界を超える時こそ始めて成長が出来る」と言う言葉を聞いて皆様は、どぅ感じますか。

またどの様に思いますか?

様々なご経験を積み重ねて、すくすくと成長をする事は、お間違い御座いません。

身長体重の成長は、別にして(–;)。

例えばこぅ言う事例は、間違いなくある事は、お間違い御座いません。

好きな事ならまだしも、仕事と習い事になって来ると必ず何かしらの事で、行き詰まる事は、一度ならず何度もご経験されている方は、大勢いらっしゃいます。

何故「己の限界を超える時にこそ人は始めて成長が出来る」と言う事なのか?

その事をこの記事で、お伝えして行きます。

お話しを進める前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。




人は己の限界を超える時こそ始めて成長が出来る。

さて「人は己の限界を超える時こそ始めて成長が出来る」と言う事ですよね。

正直申し上げます。人は最初から優れている方は、よほどの天才じゃない限りまず優れた方は、おりません。

皆それぞれ努力と経験を積み重ねて、始めて優れた人となります。

分かりやすく言うとこれですね。

習い事に関して言えば、幼少期の頃からとまでは、言い切れませんが、ただ小学校一年生の授業だと、あるしこの記事で、伝えたい事には、当てはまる可能性が、ありますね

何故なら勉強が、すくすくと出来る様になるにつれて、分からなくなる時期が、訪れる事もあるから。

それは学年を重ねる毎に、自然に段々と肌身を感じて来る様になって来ます。

その原因と言うか(-_-;)何と言うか。私が見て経験して来た中で、その事をお伝えします。

限界を超える事が出来ないのは己に弱いから。

まずと言っては何ですが、一つの原因として考えられるのは、「己自身の弱さを克服出来ない」事に原因が、あるんじゃないかと見ております。

この様な事をお伝えしたら正直大変傲慢無礼で、おこがましく何様の様に者に見られますが、その事を承知の覚悟で、お伝えさせて頂きます。

原因と私が見て来た事をお伝え致します。

となります。特にどれが!とは言い切れませんが、やはり最低限これ等4つに関しては、間違いなく該当して来ます

やはりこぅ言う方は、正直自分の弱さと向き合う事は、間違いなく困難である事は、事実だと私は見ております

もしくは自分に甘えやすいから。

その上において、「己に甘えやすい方」に関しても該当して来ます。

この事もお伝えすると、先程と同じ様に、傲慢無礼な編集長だと見られる可能性が、極めて高いです。

ただそんな事を恐れて、お伝えしなかったら本当に、自分の意思と意見が、ハッキリ言えない方だと見られます。

そんな事は嫌なので、お伝えすべき事は、お伝えさせて頂きます。

この事の原因を私が見て来た中で、お伝えさせて頂きます。

特に「自分自身に甘えやすい人」に関しては、どんな時、それも他人や周囲の迷惑を省みず、常に「自分の事を分かってくれないとわがままを貫き周囲に拒絶する」方が、この項目に該当します。

嫌いな物は嫌い!そのわがままを押し通さないと、気が済まない方は、正直申し上げますと、やはり自分に甘えやすく、己の弱さと真摯に向き合う事は、まず到底不可能です

逆にそぅ言う方は、むしろ楽しく楽な方向へ向かいやすくなります。

肥満体型の方もあるし該当します。

もっと極端に言えば、肥満体型の方です。昔警備員時代に、そぅ言う肥満体型の方が、いましたが、上司に(痩せろ!)と言われてもその事を不満に持ち、「痩せなきゃ仕事をさせないならこんな現場何か居たくねぇよ!

と言う態度が顔に現れてました。しばらくしてから一度だけ見ましたが、結局肥満体のままでした。

日頃からお世話になっている鍼灸院の先生の話しですと、肥満体型になりやすくなる方は、自分に甘く楽な方へ行きやすい方

だと言う事を常々仰ってます。

と言う様に「自分に甘えやすい」方は、基本的に「自分の弱さ」と向き合う事は、出来ない方だと見ております。

この他にも様々な原因が、見えますが、長々となりそぅなので、この辺で控えさせて頂きます。




己の限界を超える者はあるし挑戦者。

ここからの項目は、逆に「己の限界を超える者はあるし挑戦者」。

つまり成長が出来る人の特徴をお伝え致します。

己の限界を超える事を求める」人の特徴は、やはり気持ちが常に前向きな方が、特徴的です。

何より特徴的なのは、向上心が強く旺盛な方です

この二つが主に特徴的です。

何よりも反骨精神が強く旺盛な方が、この二つである(前向きさ、向上心)が、強い方の特徴だと見ております。

大きな壁をぶち当てる気持ちがないと成長が出来ない。

私自身の中で今からお伝えする二つの格言が御座います。

と言う私自身の中での二つの格言が御座います。

成長が出来る人」には、それだけ目に見えないとてつもなく大きな壁が、立ちはだかります。

その壁が大きく厚い程試練が、大きいと言う事です。

つまりそれだけの試練が、訪れ与えられた人には、それだけ成長が出来る器なのです

その大きく分厚い壁をぶち壊し、乗り越えられるからこそ成功が出来る可能性が、秘めていると言う事です。

口先で分かったと言って実践出来ない者は成長が出来ない。

これは本当にご最もです。私の中で特に目立つのはこぅ言う方です。

他にも様々なケースが、見えますが、長々となりそぅなので、この辺で差し控えさせて頂きます。

以外と物事の飲み込みが、早い方は、これに該当する事もあります何せ要領が良いと言う特徴が、あります

どぅ言う事か?って。簡単な事です。世渡り上手で、胡麻をするのが、上手いからです。

こぅ言う方は、その場しのぎで、乗り切る傾向が、強いので、成長が出来るのが、困難になって来るからです。

以上の理由で、上げさせて頂きました。

あとはとにかくただ何となく生きており、何となく毎日を過ごしている方です。

己を極限の底まで追い込んでこそ限界を超える時。

やはりここで、その人が本当に「己の弱さと甘さに打ち克てる克己心」が、あるかどぅか見極められて来ます。

何故ならそぅ言うストイックな方こそ常日頃から「己を極限の底まで追い込む」傾向が、あります。

昔で例えたらやはり文武両道で語り継がれる剣豪宮本武蔵殿が、該当して来ます。

現代で言ったら・・・・・・色々な方が、おりますので、特にどなたって言われてもね(´-ω-`)。

お伝えしたい事は、己自身を極限の果てまで、追い込み常に、限界を超える為に、日々克己心を持ち続けられる方は、あるし人の痛みが分かって来る方も中には、おります。




まとめ。

ここまで本文で、己を追い込める方と追い込めない方の事をお伝えして参りました

やはり世の中で、本当の意味で、成長が出来る方は、常に危機感と克己心を持ち続ける事を心がけている方が、特徴的な印象が強いです

または、一流と呼ばれる方の特徴でもあります

最後は自分との戦いに打ち克つだけの精神力が、あるかどぅかです



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。