健康

酵素量を増やしてこそ悪玉コレステロールを減らす方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



酵素と悪玉コレステロール」の二つが、出て来ましたね( -_・)??何でいきなりこの二つが、出て来るの?って思いませんか?思いますよね( -_・)?( -_・)?。

実はこれ結構大事な事であり非常に関連性が、とても深く高いんですよね

お話しを進める前に、その「悪玉コレステロール」の事をお伝えしておきます。

その方が、この記事で「悪玉コレステロール」の事を始めて知った方に、とって分かりやすく話しを進めて行けると思いますので。

悪玉コレステロール」。別名(LDL)。体の中の「脂質」の一種です。

体内の肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ(悪い物質)が、含まれたコレステロールの事です

この「悪玉コレステロール」が、体内に蓄積されて来ると、「肥満」になりやすくなり、後に「動脈硬化」を起こし、後に「心筋梗塞、脳梗塞、高血圧症」等に、繋がりやすくなるコレステロールです。

もぅ一つ呼ばれているのが、「善玉コレステロール」です。

こちらの方は、「悪玉コレステロール」を分解し、体内なら排出する役割を果たしております。

コレステロールは、「善玉と悪玉の二種類」が、存在します。

その悪玉コレステロールが、体内の酵素が、減って来ると何故蓄積されやすくなるのか?その事を今からお伝えして行きますが、お話しを進める前に、対象となる方をお伝えしないといけませんねm(_ _)m。

予めご了承下さい。




酵素量を増やしてこそ悪玉コレステロールを減らす方法です。

そしてこの写真の様に、インナーマッスルを鍛え抜いた細マッチョ体型の様に、内側から引き締まった体を手に入れましょう。と言う意味です。

さてその体内の酵素量が、現象傾向になって来ると、どぅして悪玉コレステロール(蓄積量)が、増えて来るのか?その原因を知りたい

と言う事ですよね?そもそも何で年齢が、重ねて行くにつれて酵素が、減って行くのか?ですよね(–;)

一つの原因は日常生活から来ている。

私なりの仮説になりますが、一番分かりやすく、一般的な原因として考えられる原因は、「日常生活」だと思います。

実はこの「日常生活」における事から(酵素の減少)と同時に、「悪玉コレステロール」が、体内に蓄積されやすくなる原因でもあります(*_*)。

まず上がって来る原因は、「食生活」です。酵素が多く含まれる主な食材は、次の通りになります。

の三点の食品が、一般的に酵素が、多く含まれております

実はこの食生活の乱れも酵素を減少させる原因となると同時に、悪玉コレステロールが、蓄積されやすい原因でもあります

やはり食生活のインスタントと欧米化も関わっている。

何故ならまず「インスタント」等と言った(加工食品)や「食生活の欧米化」が、どんどん進んでおり、これ等の食品には、酵素が多く含まれておりません

更に消化するに辺り、(消化酵素)の働きも作用されて来ますので、結果として酵素が多く消費されますが、新たに酵素を取り入れる事が、出来ませんので、結果悪玉コレステロールが、蓄積されやすくなります

あと不規則な生活からも酵素を減少させる原因にも繋がります

具体的な例を上げます。

となります。これら総体的な原因として、酵素がどんどん減りやすくなり、体の代謝の低下へと繋がると同時に、体の免疫力の低下にも繋がります




酵素は体の細胞を作り出す為に必要です!

もぅここまで言えば、何を言いたいのか!自ずと見えて来ると思います。

そぅです!酵素は体の組織を支え作り出す力が、ありその力を失えば、抵抗力等も低下してしまいます。

その結果として悪循環の連鎖によって「悪玉コレステロール」が、知らず知らずの間に、どんどん蓄積されて行く結果となります( ̄▽ ̄;)。

詳しくはこちらの記事をご覧になられると酵素の事が、詳しく記されております。

お伝えしたい事は、「酵素減少=悪玉コレステロール増加」と言う事です。

この事をこの記事でお伝えする目的です

何故悪玉コレステロールを減らす必要があるのか?

先程冒頭でもお伝えした通り、肥満になりやすくなります。見た目からして、いかにもぽっこり腹、メタボ体型の(太り過ぎ)の完全肥満体型ならまだしも「隠れ肥満」または「内臓脂肪型肥満」体型の方も正直要注意です⚠️。

この悪玉コレステロールの蓄積による肥満化が、どんどん進行して行くと、先程お伝えした事をお復習しつつまた別な事が、起こりやすくなる事をお伝え致します

ん?「関節痛」が、出て来ましたね?「悪玉コレステロール」の蓄積による「肥満」によって、体の重さによる負荷が、かかりやすくなり体への負担が、倍にのし掛かります。

その結果「腰痛や膝関節痛」等になりやすくなります。

また腰への負担もかかりやすくなる事で、「骨盤の歪み」も生じやすくなります。

結論で申し上げますと、肥満になりやすくなる事で、体への負担が、より多くのし掛かりやすくなります。

だからこそ「酵素量」を増やし、「悪玉コレステロール」を減らす努力をすべきです。

酵素こそ悪玉コレステロールを減らす方法です。

野菜、果物、魚、海草」と言った食生活中心に改善する取り組み、風呂上がりを交えたの「有酸素運動と筋トレ」のバランスによる運動を取り入れる事が、現実的な解決法となります。

くどい様で恐縮ですが、大元は、体の酵素量を増やす事からスタートすべきと言う事です。そこから「悪玉コレステロール」を減らす抜本的な解決法となります。




まとめ。

ここまで本文で、体内の酵素量を増やしてこそ悪玉コレステロールを減らす為に、必要である事をお伝えして参りました。

本文でもお伝えしましたが、体内の酵素は、年々自然と減少して行きます。

その上において日常生活における事も大きく関わって来ます。

その酵素が、一体何に組まれているのか?この事をよく知る事が、大切です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。