健康

眼のマッサージは、(首、肩、背中)のストレッチで予防。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



眼精疲労の原因も様々な事で、起こり得ます。

同じ姿勢による体のこわばり、目の酷使による疲れからも来る事だってあります。

特に強調するのは、「肩凝り」に伴う「首、肩、背中」のストレッチを強調したテーマです。

それがこのテーマとキーワードです。それに伴いこの記事を作成した理由と目的を兼ねてお伝えして行きます。

更に対象となる方も同時に、お伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。




眼のマッサージは、(首、肩、背中)のストレッチで予防。

私なら目のマッサージは、ストレッチをして、肩、背中、腰等を柔らかくします。

そもそも眼と脳の神経は、直結してますからね。

それにその眼の疲労が溜まると、首から肩にまで負担が、かかりますからね。そぅ言った方を対象にこの記事を作成しました。

肩凝りの原因って?

眼精疲労が、進行すると肩凝りが起きやすくなるとお伝えしました。

これは一部分であり、実は肩凝りが起こる原因は他にもあると言う事が存在します。

そもそも肩凝りって何なのか?

先程の説明の様に、肩の周囲の筋肉が疲労が蓄積した事で、筋肉の緊張がこわばった状態を指します

首や肩が凝り固まり、肩や首が重くのし掛かった様な違和感を感じやすくなります

特に「肩甲骨、上腕骨、頚椎」の部位が凝り固まりやすくなります。いわゆる現代病の一つとも言われてます。

その肩凝りが起こる原因とはいったい何なのか?

まず先程もお伝えした通り眼の酷使から生じる(眼精疲労)から来ます。近年パソコン等を利用したデスクワークが多くどぅしても(眼を酷使)する機会が増えてます。

更にその時に生じる(無理な姿勢や長時間同じ姿勢)による疲労が原因とも言われてます。また合わない眼鏡やコンタクトレンズの使用時においての眼の酷使も原因です。

ストレスも眼精疲労の原因となり得る?

次に上がって来るのは、緊張やストレス、それに伴う睡眠不足や過労も上がって来ます

この部分においての最終的な結論は、やはり睡眠不足から来る眼の疲労の回復が十分でないと言う事ですね。

次に上がって来るのは、運動不足です。筋肉の低下もさる事ながら(肩甲骨のストレッチ)を怠る事も上げられます。この事は後程お伝えします。

あと冷房の使用による体の冷えからも来ますね。更に冷え性からも。

その他に栄養のバランスの乱れも。




肩凝りの解決法としてはこぅなります。

以上の事が上がって来ます。正直この現代社会において難しい課題です。特に眼の酷使です

ただ座椅子の使用による気遣いで軽減は出来るはずです。腰や背中に負担をかけず、正しい姿勢を意識して行けば、血流はよくなります

さて先程原因と解決策内でお伝えした「肩甲骨のストレッチ」をそろそろお伝えして行きます。

肩甲骨のストレッチの重要性。

そもそもこの肩甲骨ってどぅ言う事を意味するのか?

簡単に言えば、肩の稼働部分において重要な部分を意味します。この肩甲骨は肩の稼働の大元であります。

しかしそれと同時にもろく壊れやすい部分でもあります

この肩甲骨が骨折すると(大激痛が走り肩が上がらなくなる事)もそぅですが、様々な神経にも繋がってますし、修復するのに時間がかかります。

実際私も一度肩甲骨を骨折した事が、ある過去を持っております。

骨折時には、本当にとてつもない激痛が、走ってどぅしようもなかったです。

ただ肩甲骨を骨折したと言う経験をした事で、肩甲骨の重要性が、理解しました。

そのきっかけは、2018の5月にインスタグラムで知り合った(櫻井直子)先生と複数の方の著書の(波動物語)の出版イベントに参加しました。

その時に櫻井先生からも(肩甲骨)の重要性を教わりました。

櫻井直子先生は、美ボディーやモデルインストラクターをされている方で、「肩甲骨をしっかりストレッチすると姿勢改善に繋がる」と仰ってました。

肩甲骨は様々な神経と密接に繋がっている。

その時に、肩甲骨は様々な間接とも繋がっているとも仰ってました。

この日から肩甲骨に対して更に意識する様になりお陰で教わった日から股関節などが更に伸びる様になりました

恐らくネット上で肩凝り予防対策として上げられてる(肩甲骨はがし)の事をお伝えしたかったと思っております。

確かに櫻井直子先生が、仰ってた事と一致しますね。この肩甲骨はがしのストレッチをすると肩凝り改善は基、(姿勢矯正、バストアップ、ダイエット、血行促進効果、他の間接の柔軟)の効果があると記されてます。

肩凝りにお悩みの方。是非率先して下さい。あと波動物語の櫻井先生の項目もご参照下さい。

何故ならその櫻井先生の項目で、何故肩甲骨が、とても大事なのか!?も記されております。




まとめ。

ここまで目のマッサージの原因の一つである肩こりの事をお伝えして来ました。

それと並行して、肩甲骨の重要性もお伝えして参りました。

そもそも肩の関節の大元は、肩甲骨と言う事になります。

何せ目と肩の神経は、密接に繋がっていますので、肩を柔らかくする事で、肩こりと眼精疲労の予防に繋がります。

この事をよく覚えておくと役立ちます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。