イノベーション

格差と言う意味とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




格差と言う意味とは何なのか?

この記事では、その「格差」と言う事をキーワードにした事を私なりであり、私が感じた事をテーマにしてお伝えして行きます。

何で今回格差をテーマにしようと決めたのか?きっかけは、先日と言うより「2018年の年末頃」にニュースアプリの(グノシー)の号外記事として上がった「同じポジションだったのに...残酷なまでに差がついた俳優・女優」の記事を見た事です。

内容についてはご本人殿の立場や人権が御座いますので、伏せさせて頂きます

あまりにも誹謗中傷になりかねますので。m(_ _)mそれに記事の引用による(著作権)の問題にも発展しかねますので。

この記事を作成し、どの様な方を対象にしたのか?その事をお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

この様に、格差で何事も決まってしまうと感じている方が、主です。

予めご了承下さい。




格差拡大は留まる事を知らない!

そぅ。この格差現象は(芸能界だけでなくスポーツ界)でもある事です。また全ての社会でも共通してます。

故に太古の昔から作り上げ、長く遠い歴史上において築き上げて来た(一つの制度)と言っても過言じゃありません。

自由と平等に潜む闇。

日本では日本国憲法において(生存権と平等権)があると言われてますが、この世にいる以上人は平等と言うべきです。

しかし国によっては、(実力評価制度主義)の国も存在します。例えばアメリカがそぅです。

(自由と平等)がモットーな国ですが、一方で実力主義による競争化社会制度主義な面も強く現れてます

結果が出ればそれだけの収入が反映されますが、逆に結果が出なければ(それだけの収入)しか得られないと。

日本も段々と実力主義となっている。

これは我々日本企業においても例外じゃありません。

近年は、そぅ言った欧米式「実力正当評価制度」の会社も増えつつあります。

今までの年功序列ではなく完全実力主義の社会へと移行しつつあります。

国際高度情報化社会だけあって、情報の流れや伝達は、今や完全にインターネットによる通信の発達や具体化によりスピードは、尋常じゃないですからそれだけ一つの判断で委ねない状況です。

それに伴い社会もグローバル、競争実力主義制度化してますので、当然各企業も国際社会に生き残れるだけの力がなければならない時代ですからね




世界の貧困による現状。

話しは、大きくずれましたが、この過酷で残酷な現実に生き残る為には、本当の意味で勉強が、出来る人であり、本当の意味で成長出来る人、本当の意味で成功が、出来る人。

つまりその中で限られた中で(選ばれた人)こそが、生き残る環境の社会となっております。

その反面それが「格差」を生み出す一つの原因でもある事も事実だと思います。

過酷な世界環境で生き抜く為には。

話を最初の頃に戻しますが、(スポーツ界、芸能界)の事を題材にしますが、同期であり同じポジションでありながら(残酷なまでに差をつけられた)と言う事ですが、最初の頃は駆け出しと言う事もあってその人に任せられる仕事は、そぅ限られます。

ただドラマやアニメとかでは、たまに(デビュー作が主演である事を聞く時も)ありますが。

その一つの仕事で経験を積み先方としても「この人ならこの仕事を任せられる」「この人ならこの仕事で必ず結果を出してくれる」そぅ確信して積み重ねます。

恐らく格差が生まれるのはここだと思います。仕事をこなすのは当然ですし、誰しもがやらねばならない事です。

この過程において「どぅすればもっと確実な結果が出せるだろぅ」「どぅすればもっと上に行き本当の意味で仕事が出来る様になれるんだろぅ」「どぅすれば本当の意味で仕事が出来る様になり、俺の望み通りの生活がてに入れられる様になるんだろぅ」。

この一つのきっかけがどぅ生かし次に繋げるかで、その人の実力が試されます。

上司に見込まれて出世する事も時にはある。

一般企業における組織でも本質的には、同じだと思います。またその時の人事や組織の体制により(上司)に見込まれて、一つの大きな仕事をこなす事により出世する事もあります。

恐らく「この人ならこの仕事を任せられるだけの実力がある」「この人なら将来役職を出来るだけの人だ」と言う事も。

こぅして見ると一つのきっかけが、どぅ生かすかが一つの焦点となります

そのわずかな望みや運をどぅ掴み取れるかも一つの焦点ですね故にそれだけの環境を引き寄せられるかも焦点です




格差を生み出しているのは階級制度?

今度は別分野になりますが、今でもそぅですが(階級制度)による格差も存在します。

太古の昔で言ったら(貴族、武士、王族、市民、奴隷)等と言ったいわゆる階級制度がありました。現在でもそれは色濃く残っております

組織で例を上げるなら「(資本家階級=会長、経営者などと言った役員)(新中間管理職=管理職弁護士や医者など)(正規労働者=いわば正社員)(アンダークラス=いわゆる非正規社員)(旧中間管理職=自営業者、農業者)」。

また「富裕層と貧困層」も現代においても色濃く残ってます。

学歴社会が格差を産み出している。

こぅして見ると学歴社会が、一つの原因として産み出している可能性が、あります。

今のこのご時世ですから国際社会に、恥じぬない人材を育て上げなくては、ならないのは、事実ですし、大学それも(本当の意味での一流大学卒業)じゃないと、誰しもが入社したい企業の就職が、困難な時代となってます。

その企業に就職しても先程の例を上げれば、「一つのきっかけをどぅ生かし、出世出来るか」で同期の差が開きます。

格差に押し潰されては道は切り開けない!

こぅして見ると格差をなくそぅと努力する事を取り組んでいる事も見受けますが、太古の昔からの遠い教えもあってか(格差)は、この先も無くならない事も事実です。

逆に競争がなくして(成長)出来ずと言うのも事実です。

と言う事は、もぅこの現世で生きて行くには、一つのきっかけでどぅ生かし運を掴み取るか。

また人の出会いをどぅ生かすか?ですね。それも一つの(夢実現、目標達成、環境)等に甘えず、満身創痍せず、ぬるま湯につからずに自分人身に打ち勝つと言う克己心を持つ事も大切です

そぅそれがなければ、人々は成長せず、イノベーションは生まれませんから

そして忘れてはならない。学歴だとか格差とかではない。それに押し潰され、負けては本当の意味で生き残れないと言う事を。




まとめ。

ここまで本文で格差の事をお伝えして参りました。

今の令和の時代に止まらずこれまでの過去の時代から格差は、根強く続いております。

太古の奴隷制度の社会を見ていると、その光景が、根強く伝わって来ます。

忘れてはなりません。その格差に怖じ気づいたら成長は、出来ぬままに終わると言う事を。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。