健康

耳鳴りと難聴になったら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

と言う事になります。基このキーワードであり、テーマでもある「耳鳴りと難聴」となります。

イラストのデザインの背景に、蝙蝠(こうもり)を背景に、デザインをしております。

蝙蝠のが、バサバサと翼を羽ばたく音って正直うるさく思う時があり、その羽の音のうるささをイメージしますよね?それを値して、この様な形での例えをしました。

そぅすれば蝙蝠の翼の音が、どれだけ耳鳴りに感じ、その翼の音が、どれだけ難聴であるのかが、より分かりやすい例えだと思いましたので( ̄^ ̄)。

何故この記事を書く事になり、どなたを対象にしたのか?それをお伝えして参ります。

と言う事を理由として、作成しました。

これ等の方の事が、何故対象にした事につきましては、今からお伝えして行きます。

予めご了承下さい。

自分で耳鳴りと難聴だと思ったら?

まさにそのイラストの例え通りです。まずは専門医である耳鼻科に行く事です。それも「キーン、ザー」と言ぅ高温や雑音を感じたら。

または「俺何かさぁ最近耳が遠くなったなぁ」って感じた場合でも同じ事です。

何しろ耳が、聞こえなくなったら大変で取り返しのつかない事になります。

そもそも何で耳鳴りと難聴は起こるのでしょうか?

そぅですね。やはりそぅなりますよね?今からその耳鳴りと難聴についてお伝えしないといけませんね。

詳しい事につきましては、この後の項目で、詳しくお伝え致します。

ただこの場で、お伝え出来る事は、イヤホンを着用して、高音で音楽を聴く事による耳の鼓膜が、おかしくなる事が、一つの原因だと言う事です。

耳鳴りと言うのはどぅ言う症状なのか?

先程冒頭でもご説明した通り耳が「キーン」って音が、なりっぱなしになる状態です。

タイトルのイラスト背景にして扱いましたが、苦情を言われるとそれも異常な位のクレーマーに言われたら、そりゃうるさく思いますよね?それだけの事を例えて、この様な形のイラストで説明をしました。

一般的には難聴と共に出現が多いとされます。主に「軽い不快感、不眠、うつ、時にはストレス」などで起こる。

年齢と共に聴力が衰え始め、その時に騒音的な音で、耳の鼓膜がやぶれ音が聞き取りにくくなる。

凡そ40歳から聴力の低下は始まると聞きます

75歳以上になると約半数(二人に一人の方)は、難聴や耳鳴りに悩んでます。現に耳の補聴器をつけている方も時々見ます。

耳鳴りの主な状態とは?

主な症状として現れる事は、次の通りの事になります。

など色々とあげられます。これだけでもかなり耳の状態が、悪いなって思いますね( ̄▽ ̄;)。

これに伴い次は難聴の事をお伝えして行きます。

難聴の原因とは?

このイラストの例えの様に、原因として上がるのは、ハードロックやヘヴィメタルと言った過激で爆音が特徴のジャンルの音楽を大音量で聴く事やライブ、ディスコと言った場所での暴露。

また工事現場や飛行機の音での暴露。ストレス等による自律神経の乱れから生じる。

加齢による「音を察知する細胞数の低下」。

とまぁ原因が多く上がって来ますね(´-ω-`)。まぁ補聴器を難聴の対策として、イラストに加えました。

そぅ言う事になりますね。色々と言われますが、この難聴の対策法としても、耳鳴り同様早期に耳鼻科に通院する事が第一です。

爆音好きな方は気をつけて下さい。

あと日頃から心がけて欲しい事も御座います。勿論私も例外ではありません。私自身もまた海外のHR/HM特にデスメタル等と言ったエクストリームメタルが大好きな一人です

一度でもデスメタル、ブラックメタルと言った物凄く激しいHR/HMの言ったジャンルを聴いた事が、ある方なら分かりますが、あれだけ凄まじい音を高音遮断して聴いたら耳に刺激を与える事になります。

昔の様に、ポータブルオーディオで聴いていた頃の事を考えると、気を付けねばなりません。あれだけ激しい音楽ですからね。

難聴にならない為に心掛けて欲しい事。

最低限これだけ出てきます。

と言う事です。この現代社会において、非常に難しい事です。

住んでいる場所、勤め先でも騒音が凄い所にいる方もいる可能性もあります。

例えば空港や工事現場の側とか。後線路沿いも例外ではありません。

あとは補聴器を取り入れる事も一つの手です。

そぅ言う耳鳴り、難聴にお悩みの方。また騒音が凄い所に住んでいる方、もしくは外出先の方へ。

耳鼻科に通院する治療に伴い、補聴器を取り入れて頂く方法も一つの手段です。

やはり補聴器のよって、聞こえづらくなった聴力を補うのも一つの手段です。

まとめ。

ここまで耳鳴りと難聴の事を本文でお伝えして参りました。

確かに著名人の方でも耳が、聞こえなくなっている方も中には、おります。

恐らく日常生活上における何かしらの理由で、耳を患った事は、お間違い御座いません。

聴力を失ったら今の現代社会ですと、かなりハイリスクな生活を強いられます。

そぅならない為にも日頃から耳をいたわり、ケアをする事が、とても重要です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。