健康

イライラの原因ってやっぱりストレスですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




人って何か突然の事で、イライラする時ってありますよね?私も当然あります。

イライラするって当然(ストレスも絡んで来る)事も大いにありますし、体の何かしらの病気が原因でイライラする時もありますし

何かが上手く行かなくてイライラする時もありますし

そんな「イライラする事」をこの記事のキーワードとテーマとして取り上げます。また記事を作成理由もお伝えして行きます。

あと対象となる方も同時にお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。




イライラしやすい原因って。やっぱストレス?

このイラストの上からの順番(特に真ん中とその矢印)による例えを示す様に、とにかく何かが原因でイライラする事があります

うつ、トラウマと同じ様に厄介な事です。この現代社会において避けて通れぬ出来事の一つです

通勤通学時の満員電車の人々を見てればよく分かりますが、疲れ果ててる方も見受けます。

特に休み明けは。休み明けなのに何で疲れ果ててるのだろぅ?って思いませんか?

その原因の一つは精神的な過労?

私個人的な見方ですが、日頃のストレスやイライラから来る疲れが、取れきれてないが、大勢いらっしゃる可能性が、あります。

逆にストレス発散により(緊張感)がほぐれた事や友人達と遊びに行った方もいれば、飲んで楽しんだ方もおります。

恐らくそぅ言った疲れからもあると見ております?リフレッシュしたとはいえ精神的な蓄積疲労が予想以上に溜まってて(ー_ー;)

一概に決めつけるのはよくありませんが、あくまで個人的な見方ですので、参考程度でお願いします。

ではそもそもイライラする人ってどんな人だろぅ?またどぅ言うイライラがあるんだろぅ?今からお伝えして行きます。

イライラする人の特徴は?

まずイライラするってどんな時だろぅ?「イライラ=怒りっぽい」時は、物事が思い通りに上手く行かない時のストレスが感じた精神的に不快感を露になった状態を意味します。

先程冒頭でお伝えした事も踏まえてお伝えしますと、日常生活から始まる「対人関係、通勤、通学、職場環境、仕事内容、睡眠不足」等からの(ストレス、不満、不安、緊張)から何かしらの事で、過敏に反応してしまい不機嫌な態度になったり、相手を無視し、怒鳴り付けたりする様になります。

他に上がって来るのは、過去の心の傷から来るトラウマが、原因で突然の事で、過剰に反応してイライラする事も時には、あります。

よくある事は、幼少期の頃の親のしつけに対する不満とストレス。

いじめ等が原因で心の傷によるトラウマ。

引きこもりによる拒絶感と無力感。

もしくは、様々な経験によってあらゆる面による精神障害が、原因でどんな些細な事でも過敏にも神経質になりやすく、すぐに不機嫌で苛立つ態度が、出ます。

こぅ言う事は「易刺激性(いしげきせい)」と呼ばれます。この上で怒りっぽい事は「易怒性(いどせい)」と呼ばれます。

どちらも精神障害に値します。

ホルモン的なバランスの乱れも可能性として考えられる。

またホルモンバランスや自律神経の乱れによる(イライラ)も存在します。

私が聞いた話ですと「子宮」の病気が原因でイライラする事を聞いた事があります。

この子宮の場合は、女性のみがなる事です。

正直申し上げますと段階からには、分からない事です。

ただ女性の場合は、定期的に生理が、訪れますので、どぅもその生理的な事が、原因でイライラする事もあります。

どぅやら女性の場合って男性より生理的に(ストレスに対する耐性が低い)様ですね?だからちょっとの事で、急にイラっとしたり気分が落ち込みやすいやも知れませんね?

これ以上話すと返って女性の方に対する誹謗中傷になりかねませんので、ここいらにしておきます

やはりイライラの大きな原因はストレス。

こぅして見るとイライラの原因ってストレスから来る物だなって改めて認識しました

それだけでなく人々の経験から積み重ねて来た事も大きく絡んでるなって感じですね。

過去の記事でもそれ相応な事を記してますが、ストレスから来るイライラは、やがて(悪夢、トラウマ、依存症)に繋がる可能性がありますね。

最後にお伝えしますが、これは本当に見て来た現実です。年を重ねると本当にイライラしやすくなります。

先程お伝えした些細な事でイライラする(易刺激性、易怒性)と関連しますが、ちょっと事でストレスが受けやすくなり、精神的に疲れやすく「人に言われるのが嫌になりやすくなる」。

恐らく年齢的な面から来る(ストレスに対する耐性が弱くなり、今までのストレスの蓄積の歪みが出やすくなりやすい)状態だと思います。

と言う事はやはりこのイライラを抑え、気持ちをリラックスさせる必要がありますね。




イライラ解消法はやはり気分転換?

人それぞれストレス解消法や気分転換法は、異なりますのでどれが正しいか一概に言えませんが、健康第一に病気に繋がらない方法が一番確実ですね。

やはりイライラを抑えるには、結局若い頃からの日常生活からの取り組み方ですね。ただし健康的で確実な方法第一です。

その一つとして運動を行う事。

運動をし体内に刺激を与えると、体内のストレス等による悪い物質が、排出されやすくなると聞いた事が、あります。

確かにウェートトレーニングやランニングマシンを行っていると、それだけでもストレス発散と言う手応えを実感します。

ただ必ず運動前と運動後にストレッチは、行う様心掛けて下さい。

一番は快眠をしやすい様心掛ける事です。

一番はやはり快眠です。

このストレス社会であり、睡眠時間が、難しい現代社会でありますが、少ない睡眠時間でも快眠をしやすい様いかに工夫する事が、大切となります。

最後は、やはり睡眠による安眠です。




まとめ。

ここまでストレスの事とそのストレスの原因の事をお伝えして来ました。

このストレス社会と言われ続ける現代社会となります。

ちょっとした刺激によって、すぐキレる世の中です。

やはりストレスを軽減し、発散させて快眠する事こそが、望ましいストレス発散法となり得ます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。