イノベーション

全国及び全世界各地の飲食店の経営者に必要な武器ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




飲食店と聞いたら皆様(どの様な印象)を持たれますか?その言葉通り(飲んだり食べたりする店)と思い浮かべますよね?

私個人的に、この飲食店の言葉聞いて、真っ先に思い浮かぶ事は、「居酒屋」です。

私自身は、そぅではありませんが、気の合った仲間と楽しくワイワイ杯を語り、自分の仕事の事やら何やらで、楽しみたいと思いますよね

そぅ言ったニーズを応え提供すべく、こぅした居酒屋を始めとする「飲食店」が、存在しております。

それ以外の方に関して言えば、純粋に記事を楽しみ、何かのきっかけに繋がってくれれば、幸いです。




全国及び全世界各地の飲食店の経営者に必要な武器ですよ!

そぅ言った飲食業界ですが、実は今時代の流れであり、その社会状況によって、深刻な人手不足に、悩まされております:-(

これは、飲食業界問わず(全ての業界)において、共通と言える深刻な問題となっております(;`・ω・)ノ。

また2020年に起きた「COVID-19」事「新型コロナウイルス」の出来事を始めとし、相次ぐ世界情勢の出来事に、よって「物価高騰」や安倍政権の方針によって、全労働者の「賃上げ」などに、よって「経費上昇」による人件費の高騰も今問題となっております。

確かに安倍政権が、掲げる「物価上昇率2%」による「デフレ脱却」も長年解決すべき課題の一つとして、掲げてます。

その一方で、長年に及ぶデフレ社会に浸透している為に、急速な対応が、出来ないのも事実です。

ましてや人手不足な上に、人を育てるのには、どんな優秀な人材でも最低1年はかかると言われておりますからね

人手不足を補う為にしている事とは。

それを補うべく、機械を用いたやり方で、人手不足を補うかべく、人件費の削減をし、作業効率化を図るべく、作業効率化と同時に業務最適化を図っております

これはドキュメンタリー番組をご覧になられれば、分かって来る事です

更に今飲食業界で、深刻な問題として上がって来ているのは、「業務時間の改善」です。特に目立つのは、24時間営業の見直しです

この問題は、現在コンビニ業界でも深刻な問題として取り上げられておりますが、大きな理由として上がって来る最大の原因は、人手不足に伴う「少子高齢化」です。

少子高齢化も原因の一つでもあります。

高齢世代がどんどん増え、若年層世代の現象化が、進む一方です。今後この事は、どぅ言う風に、改善して行くか正直不透明で読めません。

当面この事が原因となり、結果として経営側も24時間体制で、経営して行く事が困難となり、結果として、経費高騰に伴う(コスト赤字)となります。

結論として上げるなら時代の流れによって、確実な対応が、困難な事が、問題の深刻化となっております。




この不況時に強い会社になる為に。

そぅ言った人手不足が、深刻化する社会なので、正直不況と言ってもおかしくありません( ´-ω-)。

ましてや「COVID-19」による(外出自粛)により、経済が回らない状況でもあるので、この危機に対して、強い会社経営力を養う必要が、あります。

時代の流れには、逆らえないのが、世の中の掟であり、自然の摂理でもあります。

なので現状の事態の深刻化から今後解決後に、おける経済の回復時に備え、どぅやって強く息の長い飲食店経営をして行く事が、最も重要な課題となります。

解決策として考えられる事は。

私なりに考えた対策ですが、まず真っ先にやるべき事は、「ホームページを持つ」事です。

理由として、今の社会経営している以上「ホームページ」が、ないと信頼されない時代となっております。

まず自分が経営する飲食店の存在意義の信頼性を伝えて行く事から大切です。

次に上げる事は、SNSアカウントを利用し、集客ツールを利用する事です。

それに伴い「googleマイビジネス、Lineアカウント」等と言ったツールを有効活用すべきです。

理由として上げる事は、今の時代完全たる「インターネット社会」ですので、インターネット自身が、生活必需品その物です。

そのインターネットを使いこなせないと、ビジネス上においても生き残れない時代となっております。

従って、そのインターネットを徹底的に有効活用すべきです。

そして最後に必要な事は、その店舗にしかない独自でオリジナリティー溢れるサービスとメニューの提供です。

それもお客様が喜び、満足してリピートを呼べるだけの。

となりますね。私なりのアドバイスとしては。

これこそが全国及び全世界の飲食店経営者の悩みを解決出来る武器ですよ!

今までその飲食店内でしか食べれなかったメニューが、テイクアウト出来るだけでもかなりの強みとなります。

最も広く知れ渡ってしるのは、UberEatsによる配達でのテイクアウトです。

経営者の方に、とって賛否両論は、出て来ますが、今後の世界危機に対応すべく、このシステムを取り入れる事で、より足腰が強い飲食店経営が、実現出来ると思います。




まとめ。

ここまで飲食店の経営者にとっての強力な援軍が、何なのか?についてお伝えして参りました。

一番無難な方法は、本文でもお伝えしましたが、ホームページとSNSアカウントを所有し、UberEatsと業務を結ぶ事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

飲食店経営者の方にとって更に必要な武器です。

テイクアウト導入も重要な武器ですが、更に最も最重要な武器も存在します。


そのツールの特徴は、何と言っても「経費削減」の徹底化の実現が可能な事です。


光熱費削減はおろか、「新規事業計画、インターネット集客の手伝い、風評被害」等においても手助けしてくれます。


これだけでも皆様の手助けとなります。さぁ。今すぐアイコンをクリックすべきです。その武器を手に取り、不況を乗り越えられる飲食店経営を実現すべきです。

このツールこそ最も最重要な武器です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。