世界情勢、世界的危機

PCR検査は病院で費用をかけてやるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この令和3年(2021年)頃ですかね?変異株型の新型コロナウイルスが、世に出回ったのは?いや?令和2年(2020年)の段階で、すでに出回っていた様な気がしますね?まぁ今のこの高度情報化社会になると、一つの話題によるニュースの量が、尋常じゃありませんからね(–;)。

ましてや様々なニュースサイトが、世界中に出回っていますから尚更ニュースの量が、尋常じゃありませんからね。

そりゃどのニュースを信じれば良いのか分かりませんよ(;´д`)。

まぁこの記事ではあくまで、その新型コロナウイルスによる「PCR検査」の事をメインにお伝えしておりますからね。ニュースサイトの事は、二の次です。その辺はご理解下さい。

早速お話しを進めたい所ですが、その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。

PCR検査は病院で費用をかけてやるべきです。

仰る通り「PCR検査」は、高い費用をかけてもいいから病院でやるべき!だと言う方もいれば、自宅で簡単に済ませたい!と言う方による意見が、分かれます。

そもそも「PCR検査」は、二通り存在します。

となります。病院でも様々ですからね。設備が整った大きな病院では、普通に出来るでしょうが、町医者でも「PCR検査」が、出来る環境も整っている所もあるかと思います。

PCR検査」をやるならやはり本格的に、設備が整った病院でやるべき!と言う事ですね。

まず何故「PCR検査」をすべきなのか!?その事をお伝え致します。

PCR検査は新型コロナ対策の一貫です。

その「PCR検査」は、新型コロナウイルスの感染対策の一貫です。

確かに新型コロナウイルスが、世界的な大感染が、始まった時は病院じゃないと「PCR検査」は、出来ない体制でしたが、今や自宅でも簡単に出来るキッドが、出回っている社会ですからね。

まぁ平たく言えば二通りによる「PCR検査」が、出来ると言う体制の世の中になっております。

今や自宅でのPCR検査のキッドも出来る。

で?何故自宅キッドなのか?病院での検査なのか?これはあくまで私個人的な意見でしか語れませんので、正直かなり批判的に見られる事を前提とした上で、「PCR検査」が、自宅でやるべき理由と病院でやるべき理由をお伝えしたいと思います。

まずは病院での「PCR検査」での理由です。

となりますかね?一番大きいのはやはり「検査が出来る設備が整っている」事ですね。デメリットは、やはり「検査をするのに待ち時間がある」のが、大きいと思います。あと「外来者が多い為検査が出来ない場合もある」事も大きいと思います。

一方の自宅キッドによる「PCR検査」の理由です。

デメリットは、何と言っても病院による専門機関による検査環境が、整っていない事です。ただ検査のやり方が、進歩したのか?唾液による検査だけで、しかも郵送による手続きで、簡単に済ませる事が、可能です。

やはりそれぞれ自分達に合ったやり方で、やるのが懸命であり一番だと思います

自宅キッドでやる事も一つの手段ですが。

まぁ今だとそぅ言った自宅での「PCR検査」キッドで、やった方が、早いしいちいち病院に行かなくても出来ますからね。ただやはり病院による整った環境で、「PCR検査」を行った方が、私としては無難だと思います。

やはり変異株型のコロナウイルスが、どんどん出回っていますから、その原因を知る為には、病院での「PCR検査」の方が、より的確に出来ると思います。

その上でこの記事と併用してご覧になられる事によって、賛否両論の意見が、分かれる事は、お間違い御座いません。なので、双方の記事を併用して、ご検討頂ければ幸いです。

PCR検査を病院で費用をかけるべきです。

仰る通りです。理由は、当日予約による来院検査が、出来るからです。このご時世どぅしても「PCR検査」は、確実に行いたいですからね(*_*)。

あとこれも大きなメリットです。それは「海外渡航時の陰性証明書の取得も可能」と言う大きなメリットも御座います。

医院によっては、そぅ言った制度も設けている所も存在すると聞いた事が、あります。

例え時間を用いても設備を整った所でやるのが確実です。

そぅ考えると、変異株型のコロナウイルスの存在を考えたらやはり設備が整った環境の病院による来院検査で、行う方が確実です。

勿論検査キッドによるやり方も間違ったやり方では、ありません。ただ医師の説明も兼ねるならやはり病院でのやり方が、望ましいです。

そぅした取り組みこそ新型コロナウイルスの予防にも繋がります。

特効薬が完全に出来るまでの対策。

巷では、新型コロナウイルスの特効薬の開発が、行っていると言う話しも耳にする時が、あります。

他のウイルス同様本当に、完成するまでの期間は、数十年かかると聞きます。それまでの間ウイルスの感染を和らげる為には、やはり「PCR検査」によるワクチン接種が、無難です。

まとめ。

2021年4月現在においても未だ続く新型コロナウイルスの世界的感染。いくらワクチンが出回っても変異ウイルスの誕生により、ますます感染リスクの不透明さが、増して行く一方です。

何か熱ぽいなって、思ったら即座に病院に駆け込んで「PCR検査」を行うべきです。

それが今最も無難な解決法です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。