 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
ビジネス

WTI原油価格の動きの推移は世界経済の状態を見れる要素である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウ平均、日経平均両株価指数の事は、少なくとも私が住む日本国内では、様々なメディアを通じて耳にする機会が、御座います。

日頃から日本経済新聞、ロイター、ブルームバーグをご覧になられる方は、このWTI原油価格の値動きの事を耳にする機会が、ある事は、間違いなくあります。

ご興味あるないにしろWTI原油価格の事は、嫌でも知る機会が、ある事は、お間違い御座いません。

この記事の目的をお伝え致します。

まぁ。どちらも一緒ですね。

そろそろお話しを進めさせて頂きます。

ただその前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

また経済の事にご興味が、ある方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。

WTI原油価格の動きの推移は世界経済の状態を見れる要素である。

こぅして見ていると、原油価格市場もあるし、世界経済の体温計と言っても過言じゃありませんね

原油価格が、高騰して来ると経済活動が、活発化して来ますし、逆に原油価格が、低下して来ると投資家の心理が、極端に下がる事となり、結果経済活動のモチベーションが、下がる事も生じて来ます。

まぁ。原油が買われなければ、それだけ自然と安値になると言う事ですよ(>_<)。

どぅして原油市場が世界経済と関連しているの?

これはこぅ言う風に考えると、経済に詳しくない方でも分かりやすく説明が、出来ます。

原油は、一つのエネルギー資源として考えておくと分かりやすいです。

一番身近な物と言えば、この二つになります。

今の時代ですと、エアコンや床暖房と言ったのが、主流となりますので、石油ストーブは、正直需要が、薄くなってますが、自動車も電気自動車にシフトしつつありますが、まだまだガソリン車は、健在です。

つまり配送業、観光業と言った車を用いる業界の事を考えると、やはり原油が、必要になります。

そぅ言う捉え方で、原油価格市場が、低迷すると経済活動が、停滞する恐れが、あると言う事になります。

外国為替の動きとも連動している?

これは多いに関連している事は、お間違い御座いません。

そもそも外国為替市場は、世界経済の動きと密接に連動しております。

原油価格市場が、上場気流になって来ると、経済活動が、活発的となり、企業活動も活性化して来ます。

勿論インフレによる懸念も生じて来ますが、インフレ傾向になって来ると、株価指数も上昇しやすくなります。

結論で言えば、原油価格市場は、インフレになりやすく、経済活動に大きく貢献しやすいと言う事です。

WTI原油が上がると景気が良い?

良いとも言えますが、逆にインフレ傾向になって来ると、ガソリン価格が、高騰に繋がって来るので、原油価格が、上昇したからと言って決して良いとは言えません。

逆に言えば、ガソリン価格が、安いからと言って企業や家計に負担が、かかりやすくなる事もあり得ると言う事です。

デフレ傾向に陥りやすく、デフレスパイラルにハマリ、給料と言った所得が、安いままとなります。

なのでWTIが、上昇しているからと言って、確実に良いとは言い切れません。

そもそもWTI原油とは何なのか?

ニューヨークに存在するニューヨーク・マーカンタイル取引所、別名(NYMEX)に上場している(West Texas Intermediate)のそれぞれの頭文字を取り、略した名称の事です。

日本語で言うと、ウェスト・テキサス・インターミディエイトと言う名称です。

改めてご説明しますと、アメリカの代表的であり、世界の三大原油の先物市場の事です

その名を示す通り、アメリカのテキサス州内の西テキサス地方で採取される原油です。

この地域では、ガソリンと軽油が、多く取れる為、世界的にもかなり原油市場の牽引となっております。

まぁ。結論を申し上げますと、テキサス州の西テキサス地方は、原油の産油国と言っても過言と言えます。

WTI原油価格市場のチャートの動きをチェックすべし。

これは正直世界経済の動きを見る為には、欠かせない習慣とも言えます

FXCFDによくあるチャート分析と同じ様に、chartparkと言うサイトで、そのチャート分析による値動きを見る事が、出来ます。

こちらでも基本的に、ローソク足でのチャート分析が、基本的となっております

5分、1時間、日足、週足、月足と言ったサイクルで、見れる様になっております

つまりそのサイクルの値動きを見て、どの様な形で、原油価格市場が、動いているのかを判断する事が、可能となります。

また北海ブレンド原油、ドバイ原油の両市場とも併せて値動きを見る事も大切になって来ます

その中で、WTIは、取引量と市場参加者が、圧倒的に多く、市場の流動性も併せて高いので、タイトルである「WTI原油価格の動きの推移は世界経済の状態を見れる要素である」が、それを示している通り、世界経済と外国為替市場の体温計であり、尺度を計るのには、うってつけと言える経済指数と言えます

まとめ。

ここまでWTI原油価格市場の事をお伝えして来ました。

確かにシェールガスと言った資源も経済を支え、発展させる為には、欠かせない素材の一つとなります。

だからこそ原油価格市場の指数も経済の尺度として捉える方もいらっしゃいます

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。