 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

今の時代Wワーク=副業をする事が一般化となってますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そのWワークと副業こそこの記事のテーマでもありキーワードの言葉です。

今の時代給料が上がった企業も数多く聞きますが、やはり物価の高騰もあってか、普通に企業に勤めるだけじゃ、正直収入は追い付かない時代となってます。

実際に私の知っている方もWワークをしている方もおります。

手取り20万円も行かない安給料だけじゃ生活が、出来ない為に、夕方夜の仕事をして、やっと生活が出来る給料が、入る位ですからね。

それにあの「みずほFG」が、副業をする事を(解禁)した位ですからね!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚。

あれだけの世界的企業なら普通に考えられませんからね。けど副業をする事を認めました(´ロ`ノ)ノ。

どぅやらこれには、理由があり社員に対する何かが、ある様です。言葉を変えれば、何かの背景があり思惑があると言う事です。

実際はそぅみたいですね。確かに銀行じゃ出向はありますが、副業をする事を認める事は、あり得ませんからね。けど認める方針です。

これには理由がある様です。「社員全員がスペシャリストになれる環境を整え、より高い意識を持たせる為」にあると言う事です。

これこそ言い方を変えれば、「多様な挑戦機会を与え、自分を磨く環境の整備」つまりこぅ言う事ですね( ・_ゝ・)ゞ。

この副業の推進には、何かしらの意図がある事は、お間違い御座いません。本題に入る前に対象の方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

そもそもWワークって社会保険が適用されるの?

基本的には、ある一定の条件を満たすと社会保険は、加入され適用となります。

その社会保険は、以上の条件を満たしていれば、加入となります。

以上4つの条件が適していると、副業先でも社会保険は、加入扱いとされます。

ただ条件を満たしていない場合は、加入対象外となります。

またWワークの合計で、やっと条件を満たしたとしても社会保険は、加入外となります。

ただし雇用保険に関しては、どちらか一ヶ所でしか加入は出来ないと言うルールです。

Wワークがばれたら?

私の経験上本業の勤め先の会社には、いられなくなる可能性が、高いと言う事をお伝えしておきます。

特に口が軽くおしゃべりで、胡麻すりな人にバレるとWワークが、バレる可能性が、高いです。

働き方改革の推進で、Wワークを推進し始めている企業が増えつつありますが、現状ほとんどの企業が、就業規則などの理由で、禁止にしている企業が多いのが、現実です。

バレない様に隠れてしている例も。

これはWikipediaで記載されている話ですが、橋本マナミさんが、オスカープロモーション在籍時に、仕事が少ない時期に、事務所に内緒でアルバイトをしていた時期があったそぅです

当時の所属先のオスカーでは、事務所の方針上「アルバイトは禁止」となっております。当時バレたかどぅかは、正直分かりかねます。

そぅ考えると、どぅしてもWワークをしたいなら、やはり一番現実的な方法としては、本業の勤め先にバレない様にするのが、一番無難と言う事になります。

ただあくまで私個人の経験であり意見なので、この事は一概にそぅとは限りません

中でも理解してくれる所も存在すると思います

気を付けるのは確定申告です。

問題は副業先の確定申告した際に、本業先での住民税の高騰でバレる可能性が極めて高いです

また近年マイナンバー制度を設けておりすので、そのルートでバレる可能性もあります

その他にも様々な経緯で、Wワークがバレる可能性があります

バレたら本業の勤め先には、いられなくなる覚悟でいた方が、良いと思います。

もしそれを避けたいなら、理解してくれる勤め先に転職するか、現在の勤め先の上司に事情を告白する事です。

Wワーク=副業をする事は、あるしチャンス!

今でありこれからの時代はますます、個人で勝負する時代となる。

つまりただ人に使われるYESマンじゃ駄目だ!自立心を持ち経営者的マインドを育てないと。

そぅリクルート社が、そぅである様に、「起業家を育てる」と言う社員教育をモットーにする事です。

あと「パソコン教室わかるとできる」もそぅです。いずれ自分でパソコン教室を開校し、常に経営者的マインドで、仕事をしなければ駄目だ!と。

恐らく副業を認める企業は、こぅした狙いがあると思います。

ただ単に家賃などの生活費の支払いだけでなく、より高いレベルの人材育成の一貫として。

副業をするならスマホで、やるのが効率的かも?

そぅですね。別の職種でやるのが、一番確実で現実的です。これは誰しもがそぅ言うと思います。

警備会社勤務なら(一週間の内1、2回夜勤をする事になりますが)。

これもWワークの一種です。ただこの方法だと正直個人的には、心身疲れ果ててしまい、場合によっては(完全無休体制)となりえません。

そこでおすすめなのが、スマホを利用した(ネットショップ開設)(アフィリエイトを活用したHP、ブログメディアコンテンツの展開)。

やるにはそれだけのノウハウを学び、収入になるまでの間それだけの努力と根気が、必要です。

ただ軌道に乗り始めたらそれだけの収入が、入って来ます。場合によっては、本業の倍になる事も有り得ます。

またそのスマホを活用した「在宅ワーク」をする事もお勧めします。

Wワーク=副業は、一つの人生のステップなり。

まさにその通りです。今お伝えした通り、どの副業をし、そのやり方や経験次第では、本当に次のステップに繋がる事も有り得ます。

パソコン、スマホ、タブレットを活用した在宅ワーク系のでの副業ならもしかしたら?

副業の方が、本業より場合によっては、その年収の方が、億単位になる可能性もあり得ます。

その上において、フリーランスとなり、予期せぬ出来事と出会える事も有り得ます。

まさに今人生を本気で考えている方は、是非Wワークが、一つのステップアップだと考え取り組むべきです。

そのわずかな希望を信じ、副業から羽ばたき人生の勝者になれる可能性を秘めた事をお伝え致します。

ただし覚悟を決める決断も必要。

本当に人生勝負に出ると決めたらそれだけの覚悟と決断を迫られる事をお伝えしておきます。

最低でもフリーランスになると言う事は、自分自身の力で、勝負し稼がなくてはいけない立場となります。

その事を念頭において、副業をきっかけで、独立の道を歩む事をお伝えしておきます。

まとめ。

ここまでWワークと副業が、どぅして推奨される理由を私なりの考えでお伝えして参りました。

確かに普通に会社勤めしていても手取りで30万以上の給料なら独身でも生活は、出来ますが、家族を養って行くとなると、それだけ見合った収入が、ないと厳しいです。

そぅなって来ると、やはり副業をし、それをきっかけに次のステップアップをすべきと言う事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。