社会

社会人になってもWワークによるバイトもする方もおります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




社会人になれば、アルバイトをしなくても「本業の収入」だけで、生活が出来る様になれる!

そんな自信と言うか何と言うか。とにかく正社員の方なら税金や保険などは、給料から確実に引かれますが、残業代等年二回のボーナスなどを考えたら流石に、無理してまでアルバイトをする必要は、なくなります

でも何か事情が、出来るとなると本職の収入だけじゃ生活をして行くのは、困難になる事は、間違いないと思います

例えば本業の収入だけじゃ、独り暮らしの方の場合だと、家賃光熱費等の生活費だけで、出費が出るので、将来に向けての積み立て預金額が、必要になって来るとか?あるいは家賃光熱費代を稼ぎたいとか。

とにかく色々と人それぞれ事情が、あります。

何かしらの事情で、社会人になっても本業以外にアルバイトをする必要性が、出て来ます。

つまり今のご時世において、本業の仕事の収入だけじゃ自分達が、望む収入が難しい為アルバイトによるWワークを余儀なくされる時代となっております。

こぅ言った何か事情が、あってWワークをしなければ、ならない方がこの世の中において沢山おります。

その事を今から各項目でお伝えして行きます。

予めご了承下さい。




Wワークマンによる収入には理由がある。

Wワークマン(ダブルワークマン)。別名複数の仕事を掛け持ちしている方。

街中や各求人募集のペーパー紙などを見ていると、求人項目によっては、「ダブルワーク可」と出ている所もチラホラ見かけます。

募集する時間帯にもよりますが、見ているとやはり「ダブルワーク可」と見かける所も御座います。

確かに今政府もダブルワークを支持している方針ですから、募集をかけても何の違和感もありませんし、不思議とも思いません。

ましてや人手不足と言われている時代ですからね。

Wワークを積極的に呼び掛ける以前に、Wワークをするのには、何かしらの事情が、あります。

家庭と個人の事情が大きく関わって来ます。

フリーランスの様に、複数の仕事を掛け持ちしなくては、ならない方は別として、普通に会社勤めをしている方で、Wワークをする方の場合ってやはり何かしらの事情がある事は、間違い御座いません

家賃光熱費の支払いが、理由なのは基、私が今まで聞いた事をこの場で、お伝えして行きます。

まず出て来るのは、家族など家庭事情です。覚えている範囲ですと、実家の仕送りが真っ先に出て来ます

やはり地方から上京して来る方って必ずおります。その実家には、高齢となった両親しかいない所も存在します。

その両親の事情で、仕送りをしなくてはならない事が、余儀なくされる事が、あります。

Wワークの落とし穴もあります。

後覚えている事は、この件も家族事情です。娘さんが、怪我か何かで入院をしていたと言う事で、入院代等の治療費を払わなくては、ならないと言うケースです。

その方の場合は、確かにWワークはしてました警備会社の給料だけじゃ無理だと言う事で結果会社に目をつけられましたがね:-(

私が見て来た中では、この様な理由が、上がって来ます。

やはり何かしらの事情で、本業の収入だけじゃ難しいと言う理由で、Wワークマンの活動を余儀無くされます

恐らく何かしらのお金の目的がある。

今もお伝えしましたが、家庭や個人的の事情等で、本業の収入だけじゃ難しいと言う理由で、Wワークマンとなる事が、余儀無くされます。

ただ忘れてはならないのは、Wワークをするとなると、日本の社会体質にありがちなお金を稼ぎたかったら朝から晩まで人の倍は働け!って言う事に、なります

詳しい事は、この後でお伝えしますが、それだけ酷使すると言う事になります。




Wワークによるアルバイトとは。

まぁ。一番分かりやすく言うと収入UPすると言う事になります。それも本業の収入以外に、別の収入が、入って来ると言う事です。

亡き叔父が昔言ってましたが、「お金が欲しがったら人の倍は働け!」って。いわば日本の社会体質に基づいてと言う事に、なります

お伝えしたいのは、ここからです。確かに朝から晩まで働けば、残業代等でお金は入って来ますアルバイトなど時給制度の雇用形態だと尚更です

ただ今の時代「働き方改革」で、労働時間の規制も厳しくなってますし、本業の収入だけだと難しい世の中となってます。

その為にWワークマンとして活動を余儀無くされます。

この方法でも結局は、朝から晩まで働く事に変わりありません。

更に募集時間の項目を見て分かる様に、大体の場合昼か夜の忙しい時間帯が、多いです。

高齢になればWワークでないと生活が厳しい。

それに年齢が、高齢になるにつれて正社員としての採用も難しく絶望的となって来ます

そぅ言うフリーターやパートタイマー方の場合って、複数の掛け持ちで、やっと手取りで20万行くか行かないかです

お伝えしたいのは、Wワークでも結局は、心身を酷使する事になります。

その上完全な休みも取れないケースとなります。その事を理解した上で、Wワークを考えるべきです。

それは一種の社会勉強なり。

勿論別の職場でも一種の社会勉強となります。その職場じゃないと学べない事もありますからね。

私自身が、お伝えしたい事。それは「身体が資本」と言う事です。

理由としてお伝えしたいのは、Wワークをするにしても結局体を酷使する事になります

酷使すると言う事は、それだけ休む時間もなくなって来ると言う事です

それでもWワークマンとして活動したいならこれだけは、私からお伝えしておきます。

自分自身の身体の本質を見極めそれに対する節制をストイックに取り組む事」です。

これ以上言ったらおこがましく思われますので、差し控えますが、最後は自分自身が全てです。

個人的には在宅ワークによるWワークがお勧め。

あくまで個人的な意見ですが、Wワークマンとして活動するなら「在宅ワーク」として活躍する事をお勧め致します。

理由として、別の職場で勤務するとなると、本業の仕事の流れで、残業を余儀なくされる事もありますので、時には急に休みを余儀なくされる事もあります。

その為正社員で、一般のサラリーマンの方なら数多くのネットビジネスマンの様に、インターネットによるWワークが、やり易いです。



まとめ。

ここまで本文で、Wワークの事をお伝えして参りました。

確かにこのご時世本業の収入だけじゃ生活が、厳しい社会となりつつあります。

特に月の手取りが、20万も満たない月給の方になりますと、出費だけで凡そ収入の内の7、8割りかかります。

正直独身の方になりますと、生活が厳しく制限を余儀なくされます。

そぅなって来るとやはりWワークによるアルバイトをする事が、余儀なくされます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。