イノベーション

凄まじい国力は産業革命的による影響力が強いこその現れである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この地球上には、様々な国家と呼ばれる国が、100以上存在しております

中には私が住む日本を始めとし島国も存在しております

どの国もそれぞれ魅力的な文化と産業が、御座います。

その産業について、今回この記事で一体どぅ言う事なのか!?についてお伝えして参ります。

故にその産業こそが、この記事のキーワードとテーマとなります。

よく社会科の授業で、何とか産業とか産業革命とか何とか出て来ますよね。

産業の事につきましては、後程詳しくお伝えしますが、実はこの産業の力も国力の力強さを現しております。

その産業力もまたGDPの数値に現れる時も時には、御座います。

そろそろ本格的にお話しを進めたい頃ですが、その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。




産業革命とは?簡単にお伝え致します。

さてその産業であり産業革命の事についてお伝えしないといけませんね\(_ _)。

産業の意味からお伝え致します。

産業とは国の経済活動を行うにあたって、その国の経済によるサービスの事です。

具体的に言えば、建築、通信、鉄鋼、運輸、金融、保険、不動産業等と言った事を指します。

その産業革命は、その中における成長と発展における事を意味しております。

分かりやすい例で言うと、日本の場合ですと、リニアモーターカーの実現化を目指しており、実現が出来れば、今の東海道新幹線よりも倍以上の早さで、名古屋や大阪にたどり着けます。

あとスマートシティの事も産業革命の象徴的と言えます。

産業革命のメリットとは。

何と言ってもその国の経済が、大きく発展し国力がどけだけ大きいか示せる事が、可能となります。

特にどの分野がどぅこぅでなく、国の経済成長力が、どれだけ国際社会で勝負出来るかその事を証明する事が、可能となります。

あと自国の交通手段の便利さの向上化も図れます。

先程お伝えしましたリニアモーターカーとまでは行きませんが、戦後に誕生した東海道新幹線よりも現在の東海道新幹線の速度が、格段に進歩している事と、他の新幹線もいくつか誕生しておりますので、交通経路の幅の拡大が、産業革命のメリットと言えます。

この項目での結論は、産業革命のメリットは、国の便利さと豊かさの向上化を図れると言う事になります。

産業革命における貧富の差も生じている。

この事につきましては、正直申し上げますと、あまり口には出したくありません。

何故なら顰蹙が、買われる恐れが生じるからです。

その事をご了承の上お願い致します。

改めましてお伝えしますと、日本だけにおいても賃金や仕事の格差が、生じているのが分かりやすい例と言えます。

関東地方の一都三県の都心部だけで例えたらやっぱり東京の方が、求人における賃金の大きさが、違って来ます。

やはりそれだけ東京にビジネスが、集中していると言う事になります。

と言う事は、東京の方が、それだけ産業が発達していると言う事になります。




この先もきっと産業の革命は続くであろぅ。

これは間違いなくこの先の未来も産業革命が、どんどん続きます

それは人の成長と共に、産業もまた2022年8月今日まで、絶え間なき成長を続けて来ました。

それは一人の人物による研究と努力によって、新たな発明が、起こります。

例えばエジソンが、電気を発明した事によって電気が、世に広まった事は、もぅ歴史上において語り継がれております。

またかつてビル・ゲイツが、Windowsを誕生させた事により、パソコンが本格的に家庭に普及した事により、パソコンを用いた社会が、浸透しております。

あとは何と言ってもAppleのiPhoneの誕生によって、インターネット社会が更に身近になると同時に、インターネットビジネスも飛躍的に進歩しました。

そぅ考えるとこの先の未来も我々が、想像もつかない大きな産業による革命が、続く事は、お間違い御座いません。

産業がしっかりしてこそ国の経済が成り立つ。

分かりやすい例えで言うと、自動車と携帯電話の力が、どれだけ優れているか!ですね。

ただ今の時代ですとインターネットを用いたビジネスもどれだけその国の産業力によって、その国の経済が成り立っているか!が、よく示しております。

つまり自動車、携帯電話、インターネットビジネスの三つが、産業の中心となっていると言っても過言じゃありません。

それはトヨタ自動車、SAMSUNG、GAFAと呼ばれている企業が、その事を証明しております。

産業革命はいつの時代にも起きている。

どの元号であり、どの時代においても必ず革命に伴う成長は、続いております。

革命と成長なくして歴史は成り立たないと言うのが、これまでの歴史の歩みがその事を証明しております。

当然その当時を象徴とする技術においても産業革命が、起きております

この事を話せば長くなりますので、手短に済ませますが、中世ヨーロッパと武士の社会だった頃の日本の国を治める城の城壁をご覧になられれば、分かります。

居城と領主を守る為に、分厚い城壁によって、敵軍の侵略を防ぐ為に、知恵を振り絞って、たどり着いた産業の証です。

今の時代ですとサイバーセキュリティーです。




まとめ。

ここまで本文で、国力の強さは、産業革命によって成長しつづける経済があってこそをお伝えして参りました。

この記事では、あくまで経済力の力強さの理由をお伝えしたまでですが、やはり経済あってこその国力の強さとなります

当然政治による政策が、それだけしっかりしないと産業革命によるイノベーションが、誕生しないと言う事になります



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

未来と言う産業革命と改革のパートナーとなる存在です。

この先の未来もきっと続く産業の成長、改革、革命。


自分達が理想とし思い描いている産業革命を実現したいのであるならやはりそれ相応のパートナーが、必要となって来ます。


その存在は、集客拡大ツールの提供、電気代を始めとする経費の削減、更に事業計画の手助けをも実現化してくれるパートナーです。


自分達にない能力を味方につけて、改革を円滑に進める為にも是非手に取るべき存在です。


この存在こそ産業革命と改革になり得るパートナーです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。