イノベーション

産業革命による改革の象徴の一つ。それはコンピューター社会である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この紀元前から今日2022年8月まで、常に歴史上において、人類の進化と共に、我々生命もまた進化を遂げて来ました。

人類と生命の成長と共に、自然の流れに伴い生活面においてもその時代の流れに沿って、生活サイクルとライフも便利さによる効率化を追い求めて来ました。

分かりやすく言うと、紀元前の時代ですと火を起こす様になった事が、まず第一に上げられます。

狩りを行った獲物を生で食べると、お腹を壊す恐れがあります。

そぅ考えたら火を使用して、少しでもお腹に優しい様に、食べた方が体に優しい事になります。

あと狩った動物の皮を加工して衣類に、使用する事も原始時代の頃から始まった事だと考えられます。

これに比例して現代社会において、パソコンの進歩による産業の改革と革命が、常に絶え間なく続いております。

今回この記事では、そのパソコンにおける産業革命による進化と歩みをお伝えして参ります。

そろそろお話しを進めたい頃ですので、お話しを進める前に、対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。




コンピューター社会は一定期間において成長期に入る。

そもそもパソコンでありコンピューターが、この人類に誕生したのが、一体いつの頃なのか?

常識的な事でありますが、以外と知らない方も中には、いらっしゃる可能性が、ありますので、まずコンピューターの誕生の事からお伝え致します。

始まりは1946年アメリカで開発された黎明期の電子計算機としてコンピューターが、誕生されました。

世間一般的に知られるコンピューターメーカーですと、1964年にIBMが、System/360をリリースした事で、語り継がれております。

更に1976年にAppleが、Appleの最初のコンピューターとして知られているAppleIをリリースし、その後1984年にMacintoshをリリースした事で、知られております。

一方Microsoftにおいては、1981年にMS-DOSをリリースし、その後1995年にwindows95をリリースした事で知られております。

その一つがCPUである。

CPU日本語に略すと中央演算装置と言います。

我々人間で例えるなら頭脳と言うべき装置と言えます

昔コンピューターの事を勉強してた時期の頃に、パソコンのCPUは、半年に一度グレードアップすると言う話しを聞いた事が、あります。

今の時代で例えるとスマホが、半年に一度の周期でバージョンアップしたモデルが、発表されるのと同じです。

我々生物が人類の進化と共に、常に頭脳は成長し続けてます

それに比例してCPUも常に進化し続けてます

その代表格がIntelです。

またはメモリの容量も象徴とも言える。

パソコンのメモリの役割は、データを記憶する役割を果たしております。

増設やより多くのメモリに変える事は、可能ですが、パソコンのスペックによって最大メモリの容量は、限られております。

このメモリの容量によって、パソコンの処理速度が、大きく関わって来ます。

大きければ大きいほど記憶する容量と共に、パソコンにかかる負担も軽減が出来ます。

ただ記憶容量が、多いとその分パソコンへの負担が、大きくなります。

パソコンの進化と共に、メモリの容量も大きくなると言う仕組みです。




決めては何と言ってもノートパソコンである。

ノートパソコンに関して言えば、私の個人的な考えであり見方となります。

なので偏見的な考えだなって思われる可能性が、高いですね(;^ω^)。

このノートパソコンの事を始めて知ったのは、1999年頃です。

きっかけは、当時通っていた専門学校の頃の授業です。

当時始めてノートパソコンを知った時には、かなり革命的なパソコンだ!って思いました。

このノートパソコンの誕生は、1989年にTOSHIBAが、Dynabook J-3100SSをリリースした事で、始まりました。

その後NECを筆頭にIBM、Appleが参入して1995年頃に、現在の形の主流的なノートパソコンが、確立されました。

その後省電力化、小型化、高機能性能、軽量化が進み普段外出先でも当たり前の様に、ノートパソコンを使用して仕事をしているビジネスマンが、増えて来ております。

分かりやすく言うと、クラウドサービスとWi-fiルーターを利用して、インターネット環境でのデータを持ち運ぶ事で、外出先でも作業をしている事です。

今やデスクトップと性能面に関しては、そんなに遜色がなく、むしろノートパソコンの方が、使用範囲が広く実用性があります。

もしくはディスプレイ一体型のデスクトップ。

今でもデスクトップにこだわる方でしたらデスクトップでの使用となります

ただ私が10代後半から20代中頃と違い、今のデスクトップパソコンは、ディスプレイ一体型のデスクトップタイプが、主流です。

私の個人的な考えになりますが、SONYが掲げる小さくてコンパクトな商品を作る技術を元に、従来のディスプレイとハードが、別々ですと場所が取られます。

所が今のディスプレイ一体型のデスクトップパソコンになりますと、かなり場所が大きく使用出来ます。

更にハードディスクやディスクドライブと言った機器もかなり小型化でありながら高性能化しております。

あとはタブレット端末ですね。

きっかけはやはりipadです。

パソコンと違って作業面においては、制限される面もあります。

ただ使用目的によっては、ノートパソコンよりもかなり小型化な為お手軽に使用出来る事も出来ます。

テクノロジーの進化と革命により、今やwindowsタブレットと呼ばれるキーボード付きのタブレットもあれば、ノートパソコンでもディスプレイを取り外して、タブレットとして扱えるノートパソコンも存在しております。




まとめ。

ここまで本文で、コンピューターの進化と成長こそが、産業革命の象徴の一つとしてお伝えして参りました。

本文でもお伝えしましたが、今やデスクトップと性能面が大差のないノートパソコンが、メインとなっている時代です。

更にタブレット端末の誕生によって、使用目的の幅も広がりました。

まさに産業革命の象徴の一つとして現れです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この先も続くパソコン社会の成長を支える存在です。

この先永遠と続く未来においてもパソコンの進化に伴う産業革命と改革が、間違いなく続きます。


その証拠に人工知能によるAIの誕生が、パソコン社会の革命的象徴とも言えます。


そぅなって来ると、その進化し続けるパソコン社会の産業革命において、支えとなるパートナーが、必要不可欠となって来ます。


そのパートナーとなる存在も産業革命を支えるべくして運命的に生まれた存在です。


その運命的な出会いと言える存在と手を取り合い新たな産業革命を起こす時が来ました。


さぁ!今すぐ下のアイコンをクリックすべきです!


この先にパソコン社会の成長を支えるパートナーがおります。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。