イノベーション

国家資本主義による世界経済とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事では「国家資本主義」と言う言葉をキーワードであり、メインテーマにした事を記事とさせて頂きます。

私としては「資本主義国家」でも良かったのですが、やはりこの方が、より常識的な言葉として捉えやすいと判断しましたので、最終的にこちらに変更となり、決定させて頂きました。

本題に入る前に、この記事をどの様な方を対象にしているのか?それから本題に入らせて頂きます。

故に、国家資本主義による世界経済とは何なのか?についても併せてお伝え致します。

予めご了承下さい。




その国家資本主義の始まりとは。

そもそもこの制度の始まりは、実は古くからさかのぼれば、イギリスやオランダなどが17世紀に始めた東インド会社からであります。

一方日本では、明治時代から始まったと歴史上では、語られています。

きっかけは、やはり幕末時代によるアメリカの黒船の来日による鎖国の開放でしょう

やがて武士から貴族の社会へ移行する。

その後武士から貴族の階級に変わり、西洋文化や社会を取り入れた事により、株式会社、銀行の設立に伴い、円、銭、厘と言った新しい通貨の始まり、やがて鉄道網、海運業の発展なども著しく、学問の発展により、海外の留学により産業革命が更に昇華したのもこの頃でした。

詳しくは明治時代をテーマにした書物を読んだり、サイトを閲覧すれば、より詳しく知る事が出来ます。

また個人的には(イノベーターたちの日本史)と言う書物を読む事を推奨致します。何故なら明治時代の頃をテーマにしております。

ルネサンス期もその象徴。

あと私個人的には、14世紀から16世紀までヨーロッパで行われた(ルネサンス)が、一つの国家資本主義じゃないかなって思いますね(-_-)゛。

因みにフランス語で「再生:復興」を意味します。

この制度の始まりは、フランスではなく(イタリア)から発祥しております。

何故なら地中海貿易によるイタリア諸都市の富裕化とカトリック教会による世俗化がありました。

中世以来のキリスト教による価値観や制度が、時代の流れによる発展と共に、その伝統が時代に対応が出来なくなって来たのです。

当時のイタリアでは、複数の自治都市が発展が著しく(金融業)が、盛んになってます

その中において芸術などによる(人文主義)と言う運動がありました。いわゆる芸術による文化の発展です。

確かに国家資本主義や世界経済とは、かけ離れている様に思われがちですが、今のヨーロッパの文化や国家資本主義の基礎は、このルネサンスの発祥に、あると私は思っております。

この他にも長く語り継がれる歴史上において、国家資本主義の基礎を作り上げた出来事は、いくつも御座いますが、説明をするとキリがないので、この場ではこの二つの出来事で留めておきます。




現代社会の国家資本主義は。

今つまり現代上において、それぞれの国による国家資本主義の強みが、あり一つの資本主義としての形が、確率している時代と私は見ております。

中国だと半導体製造がニュースで取り上げられてます。

確かに半導体と来たらアメリカのIntel社が有名ですが、今じゃ中国がその半導体事業の勢力が増しています。

ただその一方で、ファーウェイの問題や米中貿易摩擦問題も鮮明になってますが(;´д`)

ビニート・ナイアが一つの経営モデルを作り上げる。

インドに本社を構える(HCL)の再建も国家資本主義における一つの出来事じゃないかと思いますね。

かつてインドで(ハードウェア)事業を確立してましたが、2005年にビニート・ナイア氏が、創業者から経営を引き続いだ頃が、丁度大きな転機となります。

今もお伝えしました通り、かつてはハードウェア事業が、メインの会社でしたが、Mr.ナイアが就任する前までは、インド国内では、ライバル社に大きく水を空けられました

そんな時にナイア氏が、就任から8年間の間にインドを代表する(グローバル企業)に成長を遂げました。

勿論の事日本を始め世界各国にも進出してます。何故この8年の間で、ライバル社に大きく差をつけられた企業から逆に、世界を代表する企業として出来たか?と言うと「社員全体に常に危機感を持たせた」事が、一つとして取り上げられます。

大きな要因は経営者的思考を植え付けた事。

この上において「従業員第一主義」として大きく改革をした事が主な要因です。

ビニート・ナイアは、社員一人一人に働きやすい環境を作り上げた事で、高い目標意識を持たせました。

従業員一人一人が、経営者的な働き方としての組織作りを作り上げました。

やはり官僚気質で、上からの命令が絶対であり縦社会的な会社になく、従業員一人一人が経営者としての意識を持たせる事で、会社を建て直したと言う事になりますね

いわゆる脱官僚ですかね(*´-ω・)

この場で伝えたいのは、国家資本主義社会は、その国の強みをビジネススタイルとして、世界経済の競争に挑んでいると言う事です。

やはり最大の象徴はアメリカのIT企業の存在でしょう。

アメリカではやはり(IT)産業ですね。もぅ知っての通りApple、google、amazon、facebook、Microsoft、twitter等が、有名です。

今やアメリカのIT産業は、世界中を席巻しており、多大な影響力を及ぼしております。

日本の資本主義の強みは。

一方日本だと(橋の建造、地震対策)と言った技術が強みですね。

あと(水の再生技術)も優れていると聞きます。まぁ日本ほど水道水が、飲める国はありませんからね。

あっ。ウォシュレットがありましたね。それにアニメやゲームも日本は群を抜いてますからね。




まとめ。

ここまで国家資本主義による世界経済についてお伝えして来ました。

お話しを改めてお伝えし、整理をするとやはり国家資本主義社会は、その国の経済の強みや長所を現している事になります。

と言う事は、日頃から世界の動きを見る習慣が、必要と言う事になりますね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。