 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

勉強による通信教育は、タブレット等の通信で楽しくやるべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強の聞いたらやはり「義務教育」による9年間の「小中学校」に通うと言うのが、少なくとも日本での法律として定められてます。

他の国はどぅか分かりませんが、少なくとも日本では、「義務教育」の9年間は、学校に通う事を義務付けられてます。

ただ今の時代だと「高校」までが義務教育って感じが、しますね(–;)。何せ最低でも高校を卒業しないと「就職」が、困難な時代ですので。

最終学歴が中学卒業だと、就職出来る職種が、限られて来ますからね。

その事もあってか、今のご時世はやはり高校までが、義務教育となるでしょう。

その為には、やはり勉強の意味を知り、何が目的で勉強をしなければいけないのか!その本筋を教えないと、ただ義務教育だからと言って、闇雲にそれも「押し付ける形」で、勉強を教えると、返って逆効果となります。

結果「勉強嫌い」になりえないと思います。下手すりゃ社会に出ても勉強を嫌いのまま大人になる可能性も否定出来ません

一番肝心なのは、勉強をする理屈と本質を教える事が、肝心であり重要です。

今もお伝えしましたが、社会に出ても引き続き勉強は、しないといけない事であり、避けて通れない事でもあります。

なので頭が柔らかく物覚えが、早い幼児期の頃からその事を教える必要が、あります遅くても小学校1年生の頃ですね

その他の方においては、何かのきっかけになれればと思います。

予めご了承下さい。

勉強による通信教育は、タブレット等の通信で楽しくやるべし!

その義務教育による9年間の勉強期間の過ごし方で、結構差が出る事は、間違い御座いません。

格差社会に反映されるが如く、高校と大学における「偏差値」の数値を例えれば、その意味が何となく分かって来ると思います。

仰る通りこの「義務教育期間の9年間」において、その人が勉強出来るか出来ないかは、この「偏差値」で証明されます。

その証拠に一流高校大学を卒業すれば、最大手企業就職も夢じゃありませんからね。

一方の三流高校大学だと卒業しただけであって、就職先も限られる可能性が、出て来ます。

何も偏差値の高さだけで勉強出来るとは限らない。

ただそれはあくまで、その人がどれだけ偏差値が高く、学校の勉強が出来るかを試すだけの事であっての事です。

その人が本当に勉強が出来るか出来ないかは、高校なら高校で、大学なら大学で、そして社会でどれだけ勉強の本質と意味合いが、分かっているか!

いくら高学歴の方が、必ずしも本当に勉強が、出来るとは限りません。

大切なのは、何故勉強をしなければいけないのか!の本質と意味合いを知る事です。

それは学校でなく別の環境の方が、分かりやすいと思います。

例えば「通信教育」辺りが、良いと思います。何故かと言うと彼等の目的は、義務教育と同じ学校教育による勉強を教える事です。

この辺は、全く何ら変わりありません。ただ違うのは、学習意欲と自立心を養う事が、何よりの証拠です。

そして好きな時、好きな時間でやれると言うメリットも大きいです。

更に通信教育になりますので、学校に通うのでなく、自宅によるインターネットによる授業となります。

周囲の事を気にせず自分のペースで、集中してやれる事も大きく、本当の意味で、勉強すると言う本質と意味合いが理解出来ると思います。

この事を「義務教育期間の9年間の間」に、勉強をしないといけない本質と意味合いを養わせ、自立心による学習意欲を育てる事が、後々の人生において必要となって来ます

その通信教育とは。

主に「インターネット、テレビ、ラジオ、雑誌」等の媒体を用いた教育の事です。

雑誌等となるとBenesseが、主に上がって来ますね。あとはユーキャンとかですね

通信教育になると、先程から何度もお伝えしておりますが、全ては自分自身の意思で、勉強をすると言う気持ちを奮い立たせなければ、なりません。

それ故に当然意思が強くないとまず乗り越えられないでしょう。

故にその中の「楽しさ」に触れなければ、例え学校の勉強が出来ても、社会に出たとして、本当に勉強が出来るかどぅか疑問視されます。

だからこそ通信教育で、勉強を教えると言う意味と本質に触れなければ、なりません

最後は本当にやりとげる意思があるかどぅかです。

やはり最終的な焦点は、本当にやり遂げると言う意思が、あるかないか!全てはここにかかって来ます。

いくら通信教育で学べる環境が、整ったとしても途中で投げ出したらそれまでです。

まずは楽しさから学ぶ事が、大切です。

まとめ。

ここまで本文で、勉強による通信教育は、タブレット等の通信で楽しくやるべきである事をお伝えして参りました。

タブレットとスマホを用いた通信教育となると、今の時代の象徴とも言えるスタイルと言っても過言じゃありません。

パソコンで行うより物凄いお手軽に出来ると言うのが、特徴とも言えます。

最もインターネット社会だから可能なタブレット端末で、実現出来た事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。