 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
投資金融

子供の頃からお金に関する教育が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正直言って今の日本国内はおろか、世界中の動きの流れを見ていると、そぅ常々感じて来ます

いや!むしろ本当に子供と言うよりも(幼少期)つまり物心がつき、覚え始めた頃から「お金に関する」教育が、必要となります。

理由は当然老後資金の2000万円必要と言う事もありますが、これは私自身にとっても避けて通れない理由でもあります。

まず上がって来るのは、独立つまり社会人になってからの(自活)によるライフプランの事です。

これは社会に出た時だからこそ分かって来る事ですが、独り暮らしするとなると、完全に(自活)じゃないですか?一ヶ月の生活の間、あれやこれや引かれた中での「手取りの給料」の中で、生活していかなければ、ならないじゃないですか。

その中で「家賃、光熱費、生活費」などさっぴかれ、その上において(小遣い)で、どぅ生活して行くか?

色々と大変だと実感して来ます。

ただもっと身近な例で例えると貯金を始めとするお金の使い方です。

これこそこの記事でお伝えすべきテーマです!

さて。そろそろこの記事のターゲット層をお伝え致します。

特に3番目ですね。本当にこのターゲット層は。

予めご了承下さい。

子供の頃からお金に関する教育が必要です。

仰る通り子供の頭が柔らかい頃からお金に対する教育が、必要です。

生きている以上お金と一生上手くお付き合いして行かないといけませんからね。

そのお金の使い方をどぅすれば良いのか?その事をお伝え致します。

欲しい物は本当に欲しい物だけに選ぶ。

欲しい物は即欲しくなりますね。私何かそぅ言うタイプですから。

確かに欲しい物を手に入れば、そりゃ嬉しくなりますね。ただその一方で、何となくあれ?もぅお金がないぞ:-Oともなりかねますね。

こぅなると本当に、大変ですね。特に月の給料が、20万も届かず、生活だけでやっとと言う方は。

そぅ言う方に限って(視野が狭くわがまま)な方が、多いと思います。結局稼ぐ力がなく、楽しみが限られて来ますからね。

逆にそぅ言う方の方が、以外とお金の使い方を知っている方が、実は多いと思います。

やはり少ない稼ぎの中で、やりくりする訳ですからその中で、どぅやってお金の使い方をやるか。そこですね。

現に金融機関から借金をして、最後には債務整理やら自己破産で、苦しむ方の事を考えたら。

最も望ましい時期は、頭が柔らかい幼少期の頃です。

人が最も脳の学習能力が高く、脳が最も柔らかい時期は、幼少期の頃です

物心がついた頃には、急に言葉を話せる様になり、よちよち歩きから、二本足による歩きに変わり、更に脳が柔らかい事もあり、何にでも好奇心旺盛となります。

故に物事を覚えたい時期でもあります。

最も一番脳の働きが、活発な時期にこそお金の使い方を勉強すべきです!

理由として、幼少期と思春期の頃の経験と出来事って、後の人生に大きく関わり影響される事が、あります。

この頃に間違ったお金の使い方を勉強させるか、あるいは全くお金の使い方をさせないまま大人になると後々大変な事となります。

理由はこの時期が、最も吸収力が高いから。

今もお伝えした通り、物心がついた頃が、一番吸収力が高い時期です。分かりやすく言うと(幼稚園児向けの学習塾や英会話教室)が、それを示しています。

ただその一方で、非常に厳格で抑制的な教育をすると、親や周囲に対する不満とストレスを覚えて大人になる危険性もありますので、その辺は上手く臨機応変で、柔軟な対応が必要となります

お金の使い方を知る事は、一生涯有利になる。

当然そぅなります。私も昔勤めてた会社で、会社に甘えて(借金)をした方を大勢見て来ました

こぅ言う方って正直言って、ストレスが理由で、お金に走る方です。

言い換えれば、ストレスに弱いか、自分に合わない事をしているからこそだと思います

今もお伝えしましたが、いくら稼いでも(自分に合わない)事をして、すぐにお金を使い果たし、底をつきる事になりかねません。私自身もそぅ言う方を大勢見て来ましたから。

お伝えしたいのは、お金の使い方を覚えても自分自身の弱さに打ち勝たなければ、本当の意味でのお金の使い方を覚える事は、出来ません!

故に賢いお金の使い方を知る事にもなる。

正しく賢いお金の使い方を勉強しても、最後は自分自身との戦いと言う事です。

こぅ言う言い方って正直言っておこがましく、高圧的な言い方にとらえられますが、いくら幼少期の頃から正しく賢いお金の使い方を勉強させても、同じ頃に覚えた心の傷、不満、ストレスを同時に抱えたまま大人になってしまうと、正しく賢いお金の使い方を勉強させても何もなりません

更に言うと、生まれつきであり本質的に甘えん坊で、自分の事を味方になってくれず、理解してくれないと周囲に心を閉ざす方にいくらお金の使い方を勉強させて、結局己の弱さに甘えてしまう傾向が、あります

やはり自分の弱さに打ち勝つ事こそお金を貯める秘訣。

正しく賢いお金の使い方を覚えるだけでなく、そぅ言った自分自身の弱さと甘さに打ち勝つだけの克己心も同時に幼少期の頃から鍛える事も大切です

故に双方が、上手くかみ合い機能してこそ、本当の意味でのお金の使い方を覚える事となります。

まとめ。

ここまで本文で、お金の使い方を教えるのは、子供の頃からの必要性についてお伝えして参りました。

仰る通りお金の使い方を勉強させるのに、必要な時期は、頭が柔らかく吸収力が、大変優れた子供の頃が、望ましい時期です。

ただその一方で、頭ごなしで抑圧的な教育をしても逆効果です。

理由につきましては、幼少期と思春期の頃のストレスと心の傷は、後々の人生に大きく影響を及ぼすからです。

そのストレスによって、お金の使い方が、派手で粗っぽくなる恐れが、あるからです。

この事を念頭において、お金の使い方を教えるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。