イノベーション

台風は首都圏の利便さの弱点である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




今画像でお伝えした通り、来る2019年10月12日に、関東地方が、物凄い台風と大雨に直撃した事は、記憶に新しい出来事です

私も当日この台風と大雨を見て、「これがいつも九州四国地方など西日本に来る台風何だなぁ」って思いました。

西日本地方在住の方々には、大変失礼な発言ですがm(_ _)m。

この事を意識と言うか何と言うか、とにかくこの事を体験した事を理由でこの記事を作成する事にしました。

故に感じた事も兼ねてお伝えして行きます。

改めましてこの記事を作成した理由。

特に最後に上げた、「首都機能の弱点」!これですね。

この事を考える必要があり、それを実行すべしと思っている方をターゲット層にしております。

予めご了承下さい。




台風は首都圏の利便さの弱点である。

当日のリアルタイムの台風情報で、報じられてましたが、鉄道路線は、午後から運休空港など各空路も閉鎖郵便も配達中止店舗も台風の影響により、休業

当日は色々と報じられましたね。正直今後また今回の様な暴風竜巻級の台風が、関東地方に来る可能性は、否定出来ません

年々地球温暖化が、刻々と進行しておりますし。その証拠に、ゲリラ豪雨やサモアの水位低位の進行が、著しいですからね。

話題はそれましたが、やはり今後今回の様な台風が来る事を想定して、首都機能の麻痺を避ける為の対策をする必要が、あると恐らく神様からのお告げが、来たと思います

まるで九州四国地方の台風と豪雨に見えた。

先程冒頭でお伝えした通り、当日リアルで今回の豪雨と台風。

それに交通状況を見て、本当に「これがいつも九州四国地方に来る台風と豪雨何だなぁ」って思いましたね。

東日本だと富士山が、障壁となっている関係で、その富士山が、台風を弱まらせる事が、あると聞いた事があります

私が今まで生きてきて、西日本によく来る台風は、来なかったのもそのせいやもしれません?

けど今回は、完全に関東地方に進行し、直撃ですからね(?_?)。報道でも西日本によくある「川の水位上昇、土砂崩れ、地盤の緩み」など実際に起きてましたからね。

東京23区こそ台風の対策をするべき。

都内23区でも埋め立て地や盆地地域も存在しております。この場所の壊滅を避ける対策をするべきです。

今もお伝えした通り、東京23区もただ事じゃありません

かつて埋め立て地と盆地だった地域にも国の最重要機密や機関が、存在します

そぅ考えると、やはり国の機能低下を抑える対策が、必要となります。

地球温暖化の影響であり原因の可能性がある。

何かそんな気がして止まないですね。海面水位上昇が、それを示してますから。

日本全域も段々と「亜熱帯地域」と言われる様になり、アマゾン地域などに、ありがちな(スコール)いわゆるゲリラ豪雨が、目立ってます。

お伝えしたいのは、今まで暴風竜巻級の巨大台風が、本来来ない地域に、来る様になった事が、何よりの証拠です。

今世界各国、環境問題に真摯に取り組んでます。この事を真剣に、取り組まなければ、今後大げさに聞こえますが、東京を始めとする各国の首都機能、国の最重要機密が、麻痺するに伴い、世界大混乱を招く可能性も否定出来ません




今後首都圏に必要なのは、自然災害対策である。

今もお伝えした通り、これは日本問わず世界各国でも同じ事が、言えます。

特に日本の様に、「首都機能」など一極集中化している国は尚更です。

この上において三大都市と言われている場所を抱えている国と地域をは、尚更該当します

平たく言えば「東京/ニューヨーク/ロンドン」です。日本国内だと「東京/大阪/名古屋」となります。

大都市ほど交通網による対策が必要。

こぅした地域ですと、やはり共通してるのは、「国の最重要機密と機能」を抱えている事です。

当然交通網もそれだけしっかりとしており、重要となってます。

2013年の大雪の成人式の日、2011年の東日本大震災の時も、交通状況が、思わしくなかった事は事実です。

振替輸送こそ存在しますが、現実的に考えたら交通状況が、麻痺したら国の機能の低下は、免れません。

今後必要となって来るのは、やはり交通網の台風等の自然災害対策を考え、見直す時期が来ていると思います。

首都機能が壊れたら世界は大混乱なり!

当たり前です。特に世界三大都市と呼ばれる地域を抱えている国が、崩壊したら完全に、世界中大混乱になりかねません

分かりやすく言うと東日本大震災と福島第一原発事故によって、福島県の農産物が、放射線によって危ないと言われた事が、ありました。

それが理由で、当時日本の農業に、大打撃を与えた事は、間違いない御座いません。

その後福島県とTOKIOの懸命な活動によって、信頼が回復されて来ました事も事実です。




まとめ。

ここまで本文で、台風の事と、その台風こそが、首都圏最大の弱点の一つであると言う事をお伝えして参りました。

話しはそれましたが、やはり今回の台風に、よって首都機能の低下と麻痺が、弱点となりました。

この対策をし、最低限今回の様な台風が来ても、首都機能と国の機能の正常化を保つ必要が、ある事をお伝えしたいと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。