投資金融

株の銘柄の探し方のコツを覚えて株式投資に強くなりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



今や貯蓄から投資へとお金に対する考えが、移行しつつあります

少なくとも私が、住む日本では、その傾向が、強いと見ております

今や毎月国民年金、厚生年金と言った年金を支払っても将来本当に、もらえるかどぅか不透明極まりない時代です。

その関係もあってか、idecoやウェルネスナビと言った毎月積み立て型投資を使用して、個人で年金を作っている方もいらっしゃるかと思います。

ただその中において、株式投資、FX、CFDと言ったハイリスク金融商品による投資で、一発逆転を狙って大儲けで、資産を築こぅとする方もいるはずです。

この記事では、株式投資に関する株の銘柄の探し方について、お話しを進めて行きたいと思います。

お話しを進める前に、対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。




Contents

株の銘柄を決め方は?

株式投資をするにあたって、必ず株の銘柄と呼ばれる事が、あります。

この株の銘柄の正体は、証券取引所に上場した企業が、株式を発行して株主に、資金を調達してもらう為の手段です。

つまり融資等による資金調達でなく、証券取引所に上場して、株価として、株主を探して、お金を出資する目的としたやり方になります。

銘柄コードと言うのは、株の銘柄=企業のナンバーと言うべきです。

その株の銘柄を選ぶ時に、大体どぅ言う考えで、選ぶのか!?

私の個人的な考えになりますが、選ぶ基準をお伝え致します。

好きな企業。

やっぱり好きな企業が、真っ先に出て来ます

好きな企業が、証券取引所に上場していれば、そりゃ投資したくなります。

好きな業種。

好きな企業もそぅですけど、好きな業種も投資したくなります。

例えその業種が、好きな企業でなくても好きな業種なら投資する事もあり得る話しです。

例えば、家庭用コンシューマーゲームソフト開発会社でなく、DeNAと言ったモバゲーの会社とか。

あるいは、建設会社でなく建設機械の会社とか。

株主優待が欲しいから。

私自身は、正直株主優待は、全くと言って良い位眼中にありませんし、株主優待が、欲しい理由で、投資は全くしません。

ただ投資家によっては、株主優待が、欲しいと言う理由で、長期投資を視野に入れる考え方の方もいらっしゃるかと思います。

取りあえず株で儲けたいから。

一番の理由は、この株取引で、儲けたいからじゃからですかね?

少なくとも私は、株式投資を始めるきっかけであり、始めた当初は、株で稼ぎたいから!と言う理由でした。

ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと言った歴史上における名だたる投資家の方々が、その事を証明しております。




私の株の銘柄の探し方はこぅです!

この項目では、私自身が、株式投資をするにあたって、株の銘柄の探し方をお伝え致します。

勿論好きな会社、好きな業種も入れる時は、あります。

だからと言ってそれだけじゃ決して、株式投資をするにあたって、必ず成功出来るとは、限りません!

その事を念頭にお伝え致します

指数の基準を決める。

私個人的にもそぅですが、多くの株式投資家の方も重要視しているのが、ROE、ROA、PER、PBS、配当利回り率と言った指数です。

私が、住む日本では、会社四季報と言う証券取引所に上場している銘柄の情報が、記されている図鑑が、3ヶ月に一度に出版されます。

またオンライントレードになりますと、その企業の指数も表示されてます。

オンライントレードになりますと、スクリーニングと言う銘柄を検索出来るシステムが、あります。

私の場合は、こぅ言う基準で、銘柄を検索します。

ROE10%以上。

ROA10%以上。

PER15%以下。

PBS1%以下。

配当利回り率2%以下。

最低でもこれだけは、重視します

この他に、DEシレオ1以下、フリーキャッシュフローが黒字経営、他人資本が20%までと言った事も重視します。

やはりどんなに優れた銘柄でも他人資本が、多いんじゃ投資の対象になりません。

IR情報を確かめる。

上場している企業のHPには、IR情報が、あります。

その中に、アニュアルレポートと言うのが、あります。

勿論企業にお願いして、郵送してもらう事も出来ます。

ただ今の時代は、ダウンロードによるやり方が、主流となってます。

そのアニュアルレポートを含むIR情報の中で、企業の決済や経営者のメッセージ等が、記されてます。

IR情報でのやり方も一つの手法です。

企業の信頼性を見極める。

上場している企業だからかなりの厳選な審査を乗り越えてるからこそ信頼されていると思います。

東証で例えるならプライムとスタンダード市場に上場されている企業ならまだしもグロース市場ですと、成長市場となります。

言葉を変えれば、誕生して間もない企業と言う事になります。

このグロース市場だけに止まらず、プライムとスタンダード市場でも果たして本当に、信頼性が、ある企業だと言う事の見極めが、肝心です。

最後はその企業に投資したいかを決める。

最後は、そぅなります。

いくらスクリーニングの条件に値しても、IR情報で納得しても最後は、その企業に投資したいか!

その決断です。




まとめ。

ここまで本文で、株の銘柄の探し方のコツを覚えて株式投資を出来るきっかけを掴むべきである事をお伝えして参りました。

この記事では、あくまで私の考えを基準に、お伝えする形となりましたが、確かに指数の基準は、とても重要です。

外国人投資家は、必ずROE指数を重視します。

その事を念頭にこの先株式投資を始める事をお勧め致します。

勿論この記事で、お伝えしている事は、あくまで一つの参考として理解して頂ければ、幸いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA