ビジネス

サイトの売買も一種のビジネスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この事(サイトの売買)を知ったのは、この日本白井新聞のビジネスを始めてからですそれまでは、正直言って一切知らなかったです

企業売買は、一般的に知られてますが、サイトの売買は、本当に全く知らなかったですし、無縁の言葉でした。

きっかけは、様々な方のブログのプロフィールを閲覧した事です

何でも「サイト間のM&A」が、あると言う事を。これ知った正直言って(へぇー)って思いましたね。こんな事もあるんだなぁって。

サイトを売買となれば、当然サイトを売り買いする訳ですから、それだけの資金が必要となって来ます

サイトの値段は、それぞれサイトのクオリティーによって異なりますが、いずれにしろサイトを買うとなるとそれだけの資金は、必要不可欠となって来ます。

正直言ってサイトの売買時の値段につきましては、私自身は知りません。何しろこの事を知ったのは、ここ1、2年ですから。

言葉と表現を変えれば、不動産や企業を買う事と同じとなります。

ただ売却時は、それだけの資産が必要となって来ますし、購入するとなるとある意味ビジネスの拡大となります。その事をこの後お伝えして行きます。

その前にターゲット層をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

となります。

予めご了承下さい。

サイトの売買も一種のビジネスです。

先程冒頭でもお伝えしましたが、サイト間同士のM&Aが、存在している事は、日本白井新聞を立ち上げるまで、知らなかったです。

ただサイト同士におけるM&Aを知る様になってから自分のサイトと統合すれば、自分にないキーワードを手にする事が、出来る様になり、サイトアクセスの向上化に繋がれる事が、可能になれると言う期待感を持てます。

いわゆるM&A案件に等しい。

そぅ言う事になります。よく経済ニュースで、企業間のM&Aの事を上げれば、分かりやすいと思います。

企業が、M&Aをすると言う事は、新規事業の立ち上げか、既存の事業拡大と言うのが、一般的な見方と見られます。

分かりやすく言うとソフトバンクグループが、「Line、ZOZOTOWN、PayPay」を買収した事が、有名な話です。

またSMBC日興証券が、SMBCフレンド証券と経営統合をした事も有名な話です。

この場合ですと、母体である企業の事業拡大と言う印象が、見受けます。

または母体企業にはない、いわば(自分にはないパートナー)を見つけるのに等しいです。

サイト間による事も恐らく同じ事だと思われます。

母体である個人のサイトをどぅやれば大きく育てられるか?どぅすれば、自分の特徴を活かせるか?そこがポイントとなります。

双方にメリットがあるかどぅかが疑問となります。

まさにM&Aにとってこの事が、最大の焦点となります。

母体となる企業を軸にして考えれば、同業となれば、事業強化と発展に繋がります。

一方で全く違った事業を購入するとなると、新規事業参入すると言う形になります。

忘れていけない事は、双方にとって事業発展に繋がるメリットが、あるかどぅか!です。

サイトを統合すれば。

企業のM&Aの例を例えると、新規事業参入。あるいは既存の事業拡大となりますので、結果として企業は、大きくなります。それに伴い企業によっては、海外進出展開のきっかけともなります。

サイトの売買でも同じ事となります。不要なサイトを売却して、その資金を使ってより高度なサイトを買う資金が、出来ます。

この例で一番分かりやすいのは、googleが、youtubeを買収した事Facebookが、instgramを参加企業にした事。こぅ言う事例が上がって来ます。

結果としてそれぞれの企業間の特徴を活かし、今じゃ物凄い世界的ビジネスとして展開されてます。

サイトM&Aと企業のM&Aは、一緒である。

この事は企業だけでなく個人でも行われております。

その為には専門業者の力を借りる必要性あり。

やるとなるとそれだけの専門家のノウハウを借りる必要が、あります。

やはり無知のままで、行くとなるとかなりと言っていい位痛い目を見ますからね。

サイトを売買するとなると、それだけ完成度が高いサイトでないと買い手側としても売り手側としても双方のメリットが、ありませんからね。

それにデメリットや失敗例も存在しておりますので、当然無知であり生半可なノウハウでやると失敗し、結果不利益となりかねます。

その為には、そぅ言った専門家であり専門会社をパートナーにする必要があります。

買収資金の確保も当然必要になります。

当たり前の話しになりますが、ビジネスもそぅですが、物を購入するにあたって必ずお金が、必要不可欠となって来ます。

そぅなって来るとお金との付き合い方も当然必要になって来ますし、事業資金に必要な資産も必要となります。

最後はお金をどぅやって確保して行くか!が、焦点となります。

まとめ。

ここまでサイト同士によるM&Aの事をお伝えして参りました。

仰る通り企業間同士に止まらず、サイト間同士のM&Aが、成立したら当然事業拡大に繋がります。

やはりビジネスが、起動に乗る最大の武器は、M&Aとなります。

UREBA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。