ビジネス

レンタルサーバーによるWordPressで、サイト製作をするべき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私自身タイトルで、お伝えしていますレンタルサーバーによるWordpressで、サイトを製作する方法を知ったのは、2020年現在から「凡そ2年半から3年位前」です。

この事を知るきっかけとなったのは、私の友人でありビジネスパートナーである衝撃の人からその話しが、出た事です

始めて「レンタルサーバーとWordpress」を知った当初は、何の事なのかさっぱり分からなかったです。

出会った当初は、全く話しはなかったのですが、会う度に段々とこの「日本白井新聞」の立ち上げの話しになり、その過程において、先程お伝えした「レンタルサーバーによるWordpress」での製作する事話しへと進める事になりました。

勿論友人から「WordPress」の事を知って欲しいと言われました。当時は、取りあいず「WordPress」に関するサイトを見ました。

そぅしましたら当時の私にとって、驚くべき真実が、ありました。それは今でも当時ほどではありませんが、変わらないです。

と言う事実が判明しました(;`・ω・)ノ。いや(–;)これ本当です。何処の企業や団体かは、この場では申し上げられませんがm(_ _)m、とにかくWordPressを母体としたサイトで、運営している事が、判明しました

予めご了承下さい。

レンタルサーバーによるWordpressで、サイト製作をするべき。

サイト製作と聞いたら私は、こぅ言う風に思い浮かべます。(Webタグ)によるプログラミング言語で、メモ帳でプログラムを組み、そのプログラムをアップデートして、展開すると言うやり方と、無料ホームページサイトで、ホームページアドレス登録して、運営する展開法の二つのやり方が、存在します。

最低でも私が知る限りこの3つの言語を使用します。

私もサイト製作は、した事がありますが、当時は(HTMLとJAVA)でやりました。ただ母体となるサイトの基盤ですが、プロバイダが、用意した「個人ホームページ専用のアドレス」が、ありましたので、それを使用しました。

けど何故今になって先程冒頭で、お伝えした「レンタルサーバーによるWordpress」でのサイト製作をやるべきなのか!その理由を私自身の考えで、お伝え致します。

まず真っ先に理由として上げる点は、母体となるサーバーによるホームページの土台です。

レンタルサーバーかプロバイダーが用意したアカウントのどちからです。

先程申し上げた私が、利用しているプロバイダで、そのサーバーによるホームページの土台となるアカウントが存在しているなら、かつての私の様にその契約先のプロバイダで使用すれば、良い話しですが、基本的には今の時代だとそれはちょっと難しいと思います。

またAmebaと言った既存のサービスによるアカウント取得だと、色々と制限と規約が、ありますので、この方法ですと、正直申し上げますと、「自分が思い描いている自由なサイト製作が出来ない!」と言う結論になります。

それならwordpressが最適です。

何故「WordPress」が、最適なのかって?「WordPress」ですと、レンタルサーバーだけあって、中には「無料レンタルサーバー」も存在すると聞いた事が、ありますが、基本的には使用容量によって異なりますが、毎月定額の料金を支払う事になります。

この方法ですと、月々定額料金を支払う事になりますが、基本レンタルサーバーでの母体となりますので、言葉悪くて大変恐縮ですが、「俺等はあんた等にお金を払っているから自由に製作する権利あるだろ!」と言う事となりますし、母体となるサーバーアカウントも取得出来るメリットもありますので、お手軽にサイト製作も出来ます。

WordPress」の事を知れば、段々と分かって来ますが、友人曰く「多くの企業はWordpressでホームページを製作している」と言うのが、何となくうなづけます。

レンタルサーバーの使い方を知る事も重要。

これですね。いくらお手軽にサイト製作が、出来ても「WordPress」の仕組みを理解しないと、正直痛い思いをする事となります(>_<)。

まず真っ先に上げるべき点は、先程申し上げた(月々定額料金の支払い)が、義務付けられている事です。こちらも先程申し上げましたが、中には無料レンタルサーバーも存在すると聞いた事が、ありますが、基本的には、「WordPress」でやるからには、必ず毎月定額料金を支払う事を前提と考えて下さい補足として使用容量によって支払う料金が、異なる事もお伝えしておきます

次にドメインアドレスの取得です。簡単に説明しますと、ホームページアドレスです。

昔の例ですと(http://www.◯◯◯.co.jp/◯◯◯)と言う例が、あります。中には(http://www.◯◯◯.com)と言うのも存在します。

つまりこの(◯◯◯)の中に、自分が決めたアドレスを決めて、最後に(.co.jpか.com)を決める事です。個人的には(.com)での使用をお勧め致します。

理由は、世界的に使用しているのは(.com)だからです。世界展開を視野に入れるならこちらの方が、汎用的だからと言う点もあるからです

あとは何処のレンタルサーバーを使用するか!です。勿論WordPress直接のダイレクトサーバーも存在します。その他に色々と存在します。

その事は、この後お伝え致します。

その前に要点をまとめます。

私が使用しているレンタルサーバーのWordpressをご紹介致します。

この場でお伝え出来る事は、私がこの日本白井新聞の運営で、使用しているレンタルサーバーです

(Conoha WING)と言うレンタルサーバーが存在しております。

日本国内最速と言われているだけあって、速度は早いです。また高性能であり、初期費用無料も魅力的な点として上げさせて頂きます。

私は、突発的にこのサーバーを選びましたが、今思えば、これだけの高性能でお手軽だと思ってませんでした。

他にも多数のレンタルサーバーのWordpressが、存在します。

私が知るのは、二つです。

エックスサーバーとロリポップ」です。

一般的には、「エックスサーバー」の利用者が、ダントツで多いと言う印象が、御座います。

理由は分かりませんが、かなり利用者が、多いと聞きます。それだけの機能が、備わっているからこそでしょう。

まとめ。

WordPress」を用いたサイト運営をしている事は、私も友人から聞いて知りました。

様々なサイトを見ていると、ん?これは「WordPress」を使っているな。と言う印象を持ちます。

何せ「WordPress」だとSEO対策に強いと言う利点が、御座います。

だからこそタイトルが、そぅ示している様に「レンタルサーバーによるWordpressで、サイト製作をするべき」と言う事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サイト運営の方針が固まった後にこのやり方で展開すべし!

広く知れ渡っている方法として、googleアルゴリズムによるSEO認証です。またSNSアカウントとのリンクによる運営による展開も一つの方法です

あと私自身が、個人的に推奨するやり方もこの場をお借りして、ご紹介致します。


その理由として上げたのは、次の通りになります。




  • Aistgramによる集客法。

  • Webサイト集客のノウハウの提供。

  • サイト運営における炎上対策の提供。


の三つを上げさせて頂きました。


この方法を用いて、サイト運営の方針が、固まりグローバル展開するなら是非このやり方を取り入れた上で、サイト展開をすべきです。

これこそグローバル展開における最大の味方です!

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。