リノベーション

住まい探しならリノベーションによる物件がお手軽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




住まいを探す事の理由は、次の通りの理由が、多いと思います。

じゃないかなって(*_*)予想がつきます。あくまでよくあるパターンとなりますが。

お伝えし忘れてましたが、「上京後による住まいを探す」と言う理由も一つの理由としてお願いします。

町中やインターネット上による(不動産屋)で、物件の相談と検索をして、その後実際の物件を下見して、契約をすると言うパターンが、大体の例だと想像がつきます。

最終的には、実際の物件を見て判断してからの方が、堅実的な住まい探しだと思います。属に言う(刑事の捜査の基本は足で捜査する)と言う事です。

いくら今の時代を象徴する(インターネット、デジタル)形式による住まい探しをしたとしても。

最終的な事は、やはりこの目で真実を確かめる事が確実なやり方です。

街中を歩いていても時には、「広告」による物件の宣伝も見かける時が、あります。

その上において「リフォーム済み、リノベーション済み」と記載されている時もあります。

この記事でお伝えするメインテーマである「リノベーション」。

その「リノベーション後の物件」が、どぅしてお勧めなのか?その事をお伝えすべくこの記事を作成する事に、しました。

何故この記事を作成する事にしたのか?それはこの後お伝えする形となります。

お話しを進める前に、対象となる方をお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。




住まい探しならリノベーションによる物件がお手軽です。

以前と言うべきなのか?大分昔ですね(*_*)。とある夕方の報道番組で、(今の時代中古物件を購入してリフォーム)すると言うやり方で、住まいを購入すると言う事を覚えております。

先程もお伝えしましたが、「リフォーム済み、リノベーション済み」の物件を販売している事を考えると、今でもその考えは、根強く浸透します。

何故か?って。恐らくこれは私個人的な考えであり、意見にしか過ぎませんがm(_ _)m、一つ考えられる理由として、新築物件特有の「決まったレイアウト」の部屋の構造が、嫌なんじゃないかなって言うのが、あるかと思います。

それは安くてお手軽な物件が欲しいから。

以前に夕方のニュースで、(中古物件)を購入して「リフォーム」する購入法を聞いた事があります。

その前例として、建物の築年数が、かなり経ってもそれでも築年数が、経っても中古物件を購入し、その後「リフォーム、リノベーション」を施して物件を購入する方が、良いと言う方が、この世の中いるのも事実です。

何故なのか?恐らくこぅ言う理由じゃないかなって考えられます。

となりますかね(*_*)。この「リフォーム、リノベーション」の事に、つきましては、この後詳しくお伝えさせて頂きます。

兼ねてより「何故住まい探しをリノベーション」で探す方をお勧めするのか?その意味もそこで、記されるかと思います。

リノベーションとリフォームの違いは。

リフォーム、リノベーション」の意味をお伝えさせて頂きます。その方が、それぞれの違いを明確にお伝え出来ると思います。

リフォームの意味とは。

その「リフォーム」の意味とは?簡単にお伝えさせて頂きますと、老朽化した物件を新築の状態に戻す状態の事を意味します

ただ物件のレイアウトに関しては、以前の構造と同じ状態だと考えられます。

何故なら「リフォーム」の意味は「悪い状態からの改良による修繕」と言う意味です。

リノベーションの意味とは。

一方の「リノベーション」となるとこぅ言う意味を記されております。「リノベーション」の日本語の意味は「革新、修復、刷新」と言う意味です。

つまり建物その物をレイアウトの段階から大幅に改修し、まるで新築し直すかの様な状態として、物件がリニューアルされます

もっと言えば、(本当の意味で自分好みの家)にする事が、出来ると言う事です。

これこそ「リノベーション」物件として、探すべき理由です。よは(自分の好きな構造)に出来るからこそです。私の場合ですと、トイレ内に(シンクの洗い場)を設置したいと言う事です。

ただしデメリットも御座います。

この事を念頭においてご検討すべきです。




リノベーションの業者なら専門会社にご相談を。

と言った「リノベーション」の専門会社に、ご相談する事が、望ましいです。

その理由は、会社によっては、セミナーによる「リノベーション」の事をより詳しくご説明し、「リフォーム」との違いの意味もより詳しく知る事が、出来ます。

その「リノベーション」の需要の意味も同時に知る事が、出来ます。

更に皆様方のご希望する物件の構造もさる事ながらお見積りもご検討してくれます。

こぅ言うやり方による不動産投資もあり?

率直に言えば、ありだと思います。(不動産屋)とパートナー契約して、自分の理想の物件をご提供するやり方での「リノベーション」もありだと思います。

併せて不動産投資の記事をご覧になられると、不動産投資の事もより詳しく明確に、分かって来ると思います。

ただしオーナーチェンジ物件には要注意です。

詳しい理由につきましては、この場では、お控えさせて頂きます。

簡単に言いますと、事故物件とこの場では、お伝えさせて頂きます。

その理由は、様々な理由が、生じて来ます。




まとめ。

ここまで「リフォームとリノベーション」の区別とその内容をお伝えさせて頂きました。

今後(中古物件)を購入する際、必ずこの「リフォームとリノベーション」の区別と意味を把握し理解してからどちらにするかを検討すべきです。

私なら迷わず「リノベーション」にします。

理由は、トイレにシンクの手荒い場が、欲しいからです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リノベーションによる住まい探しにもぅ一つ必要な事が御座います。

これはあくまで私の個人的な意見であり、考えにしか過ぎません。けど住まいを持つとなると、やはり「火災によるリスク」が、一つ隣り合わせとなると思います。他にも「水害、地震、風害、土砂崩れ」等と言った「自然災害」による対策も必要となって来ます。

この場では、「火災保険」による申請のサポートによる保険対策のやり方をお伝えさせて頂きます。


この「火災保険」申請をご利用して、「自然災害」リスクによる対策を試みれば幸いです。


これがその「火災保険」の申請のサポートです。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。