健康

運動不足で筋トレする時間がない方への提案です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




今のこのご時世の一つの課題である「運動不足」。確かに話しは、聞く事も珍しくありませんし、年々子供の体力低下の進行も目立つ時代も事実です。

確かに体育の授業もありますし、運動系の習い事をする子供いれば、大人になっても習う方はおります。

それにスポーツジムに通う方もいるのも事実おります。

そぅ言う時間を上手く利用して、わずかな時間で運動して、健康を維持する方もいますし、中には肉体労働での仕事で、運動代わりをしている方もおります。

ただその一方で、運動が嫌いな子供もいれば、社会に出て運動する時間が、ない方も存在するのも事実ですから、一番の理由って「運動するのが面倒くさい」と言う理由になると思います。

そぅ言った方の為に、この記事が少しでも参考になれればと思い、作成する事にしました。

では対象の方をお伝えして行きます。

これだと明らかに全部ですね。何しろ運動不足が、続くとどぅなるのか?それを今から各項目でお伝えして行きます。

予めご了承下さい。




運動不足で筋トレする時間がない方への提案です。

望ましい事は、やはりスポーツの専門的な知識と技能をあわせ持つトレーナーが、いるジムか地域のスポーツセンターに通う事です。

今お伝えした運動施設に通えば、優酸素と無酸素の両方の運動が、同時に出来る様になり、結果として脂肪燃焼効果も期待出来ます。

ただこの方法もある意味運動するのが、嫌になる一つのきっかけとなり得ます。

平たくいってしまえば、運動すると疲れる!

と言う方の考え方の方が、大勢じゃないんでしょうか?

今の日本は、学歴社会の方が、強い印象があり、その色が濃くハッキリと鮮明に出てますし、外で遊ぶよりも家でゲームとかして遊ぶ子供の方が、多い時代ですからね。

ましてや親も外で遊ぶのは危ないから!と教えるケースが、大半だと思います。結局地方でも都会でも(交通手段)が、どぅしても避けられませんからね。

そぅ言った子供が大人になり、そのまま運動するのが、嫌になる習慣がついたまま大人になりますから、そりゃ運動する時間が、ないのも無理はないと思います

ただそぅ言うわずかな時間でも「風呂上がりのストレッチ」なら可能だと思いますし、毎日やるのが理想ですそれも30分でも工夫すれば、可能と言えば、可能です

何故なら運動する事で、頭の働きがよくなり、勉強もはかどれる様になれるからです故に仕事でも同じ事が、言えます

筋トレをする時間がわずかでも。

ものの10分でもあれば・・・・・・ですよね?勿論やらないよりはマシです。勿論ストレッチでも同じ事が言えます。

ほっとくと身体がそのままたるんでしまう一方となってしまいますから、結果として女性を始め気にしている方には、大変失礼な発言となりますが、不健康体でブヨブヨした身体になる」と言う事となります。

更に身体が硬くなる事が、進行しますので、結果として二十三重運動不足が、続く事になります

なので少しでも良いので、筋トレと風呂上がりのストレッチをやる事をお勧め致します。出来れば両方です。相乗効果が、あってこそ活かされます。




運動を続ける事で。

勿論の事(健康体の維持)に繋がります。筋トレだと脂肪がつきにくくなりますし、怪我予防の一貫として繋がります。

更に筋肉が長持ちに繋がる事も事実のですので、結果として疲れにくく年齢を重ねても(若々しさ)の維持に繋がり、結果として「若僧に負けじと剛健な身体」として、いられます。

丁度70歳越えても、若い者に負けじと現役バリバリの方が、良い例ですね

ストレッチで血行促進効果を高める。

更にストレッチをする事で、身体が柔らかくなり血流効果が、良好となるので、結果として、(老廃物など悪玉物質や活性化酸素)の排出効果に繋がり、身体の状態が良い方向に維持する事が、可能です。

結論として運動不足が、続くと疲れやすく老化の進行が、早まりやすくなります。

継続は力なり。

これはどの分野においても同じ答えとなります。結局最後は、継続する事です。それが一番の秘訣です。それも甘い誘惑に負けない様に。

一つの事でも継続を維持し続ける事は、非常に困難極まりないです。

ましてや運動になって来ると、運動後は、かなり疲れるのは、事実です。

ましてや年齢を重ねて行くと、老化に伴い疲れやすさが、倍増になります。

そぅ考えると一つの事を継続して行くのは、かなり困難な事になります。




まとめ。

ここまで本文で、時間がなく運動不足になりがちな方に対する提案をして参りました。

仰有る通り今の社会の疲れやすさと多忙に追われる事を考えたらとても運動をする時間すら作れないのが、実情です。

そぅ言った方の為に、最も望ましく最適な方法として、風呂上がりのストレッチをする事で、疲れやすさから抜けやすい身体への改善をはかる事です。

やはり身体の基本は、身体の柔軟性の向上化からはかるべきである事です。

その上において自宅トレーニングのメニューを組む事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。