健康

栄養学に基づいた食事こそが健康優良で剛健な体の証なり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この「栄養学」って言葉を聞くと正直かなり専門的な事だと思う方が、いらっしゃるんじゃないでしょうか。

私自身もどちらかと言うと、今年度の初夏の頃までは、そぅ思っておりました。

今でもそぅ思う時もあります。

けどこの「栄養学」を学べば学び、知れば知る程結構奥が深く、学び甲斐があります。

また自分の為にもなる事も段々と思う様にもなります。

何故そぅなのか!?それは今から各項目で、詳しくお伝えさせて頂きます。

お話しを進める前に、対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。




栄養学に基づいた食事こそが健康優良で剛健な体の証なり。

この「栄養学」は、アスリートの方にとっては、絶対的必要であり、学ばなくてはならない事です。

タイトルである「栄養学に基づいた食事こそが健康優良で剛健な体の証なり」が、そぅ示している通り、怪我しにくく筋肉が、発達しやすい身体作りを目指す為には、やはり「栄養学」に基づいた食生活が、絶対的必要になります。

その証拠に(アスリートフードマイスター)と言う資格も存在し、取得する方もおります。

つまり一流のプロアスリートは、それだけ食生活に対する意識も並みならない程高い意識をもっております。

その事を今からより詳しくお伝え致します。

何故そこまで栄養学にこだわるのか!?

まぁ「栄養学」にこだわらずむしろ「栄養」の意味を知った方が、分かりやすいです。

あるしその方が、「栄養学」の意味も分かりやすくなりますし、「栄養学」にこだわる理由も分かって来ます。

その「栄養学」の意味ですが、我々人間の身体を作る為に必要なエネルギーの元である「栄養」の事を学び研究する為の学問の一種です。

と言う事は、身体作りの為に必要な知識が、そこに含まれていると言う事ですね

つまり長寿健康で、剛健無双な身体を作る為に必要な要素が、我々人間にとって正しく必要なエネルギーが、そこにあると言う事です

更にその栄養バランスに基づいた食生活が、何より「栄養学」にこだわる理由なのです。

食生活の乱れは不健康な証拠。

これは当然そぅなります。いや(–;)これはもぅキッパリと言わせて頂きます。

目立つのはこぅ言う食生活が、多い方です。

となります。あと(冷凍食品、コンビニ弁当)による食生活が、多い方も要注意です。

まぁ現代の食生活のメインは、コンビニ系統と、カップ麺と言ったインスタントが、メインとなりますからね。

これじゃ栄養バランスが、かなりガタ崩れですよね

この場では(コンビニ弁当)と(冷凍食品)の事をメインに取り上げます。

コンビニ弁当が要注意なのは?

何故なら(コンビニ弁当)の場合ですと、「食品添加物」と言う物質が、多く含まれている事が、主な理由として上がって来ます。

この「食品添加物」の働きは、「食中毒防止」と「食べ物の新鮮さ」を保つ事を目的としております。

ただ過去に「食品添加物」による事故が、あった事も取り上げられている為、体にはよくない事は、事実です。

もぅ一つの理由として、(脂質、糖質、塩分)の三大要素が、多く含まれており、野菜不足になりやすいからです。

勿論コンビニでもサラダは、販売しておりますが、先程の「食品添加物」が、含まれている事を考えたらあまり好ましくないのが、実情です。

冷凍食品が要注意なのは?

主に上がって来る理由は、次の通りになります。

やはりここでも「食品添加物」と(塩分)が、出て来ましたね。

こちらでも味つけをより良くし、より鮮度と美味しさを引き立つ目的として作られておりますが、その一方で、(脂質、糖質、塩分)が、多く使用されているのも特徴となります。

更に栄養面でも偏りやすくなります。

そぅ考えると「栄養学」に基づくのには、かけ離れています。

ただし宅配デリバリー弁当による(冷凍食品)は、また別物となりますが、やはり自然食の方が、望ましいですね。

なので自炊が苦手で、する時間がない方は、出来るだけスーパーの弁当を食べる事を心掛けて下さい。




栄養学に基づく5大栄養素がとても大切。

まさに仰る通りです。自然食から作られる栄養バランスに基づいた食生活が、何より心掛ける事が、大切です。

栄養学」。つまり「栄養」。その「栄養」の特徴と意味を知る事から大切です。

何より「栄養」の偏りにならず、日に日に栄養バランスを心掛ける事が、何より大切な事です。

その事を心掛けてこそ健康優良で剛健無双な身体作りの基本です。

その5大栄養素の事をお伝えさせて頂きます。

脂質とは。

(炭水化物、たんぱく質)と並ぶ栄養素の中の内の一つです。

主な食材として上げるのは、「油、バター、牛肉、豚肉」と言った食品です。

特徴としては、血液をサラサラにする効果もあれば、動脈硬化と言った生活習慣病の予防にも繋がります。

その一方で、過剰に取りすぎると逆に生活習慣病を引き起こす恐れが、あります

なので摂取量の見極めも重要に、なって来ます。

ビタミンとは。

簡単にお伝えしますと、人の機能を正常に保ち働きかける為に必要な栄養素です。

特徴としては、体内から作り出す事が、困難な為食事を通して摂取する形となります。

摂取に必要な食べ物は、これかなり複雑でビタミンでも複数御座います。

あえて言うなら「野菜、レバー、大豆」と言った食品です。

またビタミン剤やビタミンを多く含まれているサプリメントでも摂取は、可能です

ミネラルとは。

一言でお伝えしますと、岩や土に含まれている「無機質」です。

この栄養素には、人間の臓器と細胞を活性化させる為に、必要不可欠です。

特に夏場は、大量に汗がかきやすく、汗をかくと体内の塩分とミネラルが、放出されやすくなり、熱中症を起こす危険性が、生じて来ます。

このミネラルを摂取する為に、必要な食べ物は、「ミネラルウォーター、野菜、海藻、魚介類、干し物、芋類、果物」と言った食べ物です。

炭水化物とは。

5大栄養素の一つで、脳と身体を動かす為に、必要なエネルギー要素です。

また筋肉量を維持する為にも必要となって来る栄養素となります

主な食品は、「お米、そば、うどん、パン」と言った食品です。

たんぱく質とは。

こちらの栄養素の特徴は、「筋肉、骨、血」を作り出す為に必要な栄養素となります。

運動と筋トレをする為に、必要となって来る栄養素であり、身体作りにおいて絶対的に、必要となって来る栄養素となります

運動後に消費されやすく、睡眠時において分解される傾向がある為、運動後と寝る1~2時間前には、プロテインで補う様心掛けて下さい

主な食品として上がって来るのは、「肉、魚、卵、豆腐」となります。

アスリートの食生活を参考としてお伝え致します。

彼等アスリートの食生活の特徴は、身体作りが、資本となります。

メインとなるのは、やはり(たんぱく質)が、多く含まれている食生活が、基本となります。

理由としては、先程(たんぱく質)の項目で、お伝えしました通り、(たんぱく質)の働きの特徴は、身体の「筋肉、骨、血」を作る為に必要な栄養素なので、彼等アスリートの場合は、絶対的必要な栄養素となります。

次に必要な栄養素は、(ビタミン、ミネラル)です。

これについては、(ビタミン、ミネラル)の項目でもお伝えしました通り、野菜には、(食物繊維)が、多く含まれており、この(食物繊維)の働きによって、身体の体調を整え、更に夏場の暑さによって蓄積された体内の熱を逃がす働きも同時に作用します。

また暑さで放出した(ミネラル)を摂取する事で、熱中症対策に取り組み、夏場の暑さを乗り切る術でもあります。

言ってしまえば、夏バテK.Oです。




まとめ。

かなり長々とした記事となりました。

ただそれと同時に、読み応えがあり、非常に皆様のお役に立てたと言う手応えも感じております。

本文の各項目でもお伝えさせて頂きました通り、やはり身体の資本は、食生活から来ると言う事です

こちらの栄養学の記事と併用してご覧頂き、更により専門的なサイトと併せてご覧頂いた上で、「栄養学」の事を学ぶとより明確に分かって来ます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。