イノベーション

Googleのゲーム事業参入による化学変化。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事では「Googleのゲーム事業参入」について投稿させて頂きます。

Googleのゲーム事業参入を知ったのは、2019年の3月21日(bloomberg)の記事です

今となってはもぅ過ぎ過ぎた話になりますが、当時これ知った時には、ピンとは来なかったのです。

何だろぅ( ̄~ ̄;)かつてMicrosoftが、XBOXを発表した頃の事を思い出しましたね

これこそかつての話しですが、SEGAがまだハード事業をしてた頃の話ですが、今から20年以上前にDreamCastを発表しまして、開発にはSEGAを中心に、日立製作所、ヤマハ、Microsoft、NECとの協力して開発されたのが、有名な話です。

私は当時こぅ予想してました

もしDreamCastで、失敗したらMicrosoftの逆襲が、ある可能性があると。

結果予想通り後に、Microsoftが、ゲーム事業に参入し、XBOXを作った事は、もぅご承知の方が、大勢でしょう。

それにSEGAもハード事業から撤退した事も現実ですからね。

本題をお伝えする前に、どの様な方を対象にしているのか?それからで入らせて頂きます。

予めご了承下さい。




その背景はPlaystationシリーズの台頭です。

やはりそぅ言わざる得ないでしょう。こぅなった事のきっかけは、Playstationハードシリーズの台頭となります

まぁ後にPSPやPSVITAと言う携帯ハードにも参入しましたが。任天堂もDSや3DSによって存在感を保ってますしね。あっ(^o^;)Wii、WiiU、switchもあったか\(_ _)。

未だに家庭用ハードも根強い人気が、誇りますからね。それにアーケードも今じゃ限られたメーカーしか残れない時代になってますからね

あのSNKもかつては、自社でアーケードマシンを作ってましたが、現在は、他社の基盤に参入する形となってますからね。

そのGoogleの新規参入のきっかけは、スマホゲームの背景にあると考えられる。

そんな中先日あのGoogleが、ゲーム事業参入のニュースが舞い込んで来ました

今の時代スマホ向けアプリゲームが、主流の時代でもありますからGoogleが、参入しても何ら不思議でもありませんからね。

ただこの情報が、入った時(ソニーと任天堂)の株価が、下落傾向になりました。

何故なら彼等Googleは、スマホなど向けのクラウド型配信向けとして、ゲーム事業に勝負に出たからです

今の時代を象徴するダウンロード形式。

言い換えれば、コンシューマーハードではなく、(完全的ダウンロード型)によるソフトの提供となります。

確かにGoogleは、インターネットやAndroidで成功を納めてますからそれだけのノウハウは、持ってます

それにソニーと任天堂もダウンロードサービスは、主流ですが、大きな違いであり、両社の株価が下がった最大の理由は、コンシューマーハードの必要性がない為、いつでも何処でも、(限られたハードじゃなく自由にソフトを購入出来る)と言う強みがあるからです。

今後今話題の5Gの技術が、本格的に始まれば、今回のGoogleゲーム事業の更なる加速が、見込まれます。




これはかつてあったソニーのゲーム事業参入の時と同じですね。

先程もお伝えした通りMicrosoftの参入もさる事ながら、25年以上前にソニーが、ゲーム事業参入した頃と一緒ですね

またDreamCastから始まったインターネット環境によるサービスも。

そぅ。今さかのぼれば、インベーダーゲームから始まり、任天堂のファミリーコンピューター、SEGAのメガドライブによる家庭用ハード。

広井王子氏の存在も革命的な発想である。

広井王子氏のゲームとアニメの融合による一つの改革。それに伴う声優の起用。

ソニーのゲーム事業参入により、広井王子氏が、築き上げたノウハウの本格化。

ダウンロード形式による昔のタイトルのダウンロード。

どれも一つの化学反応による革新です。今回のGoogle参入により、かつての改革転機により、今後のゲーム業界に新たなイノベーションであり、化学反応変化が起こるのは、間違いありません。何度もお伝えしますが、かつての出来事と同じです。

ただ問題は、サードパーティーの参入ですね。任天堂の場合は、色々と審査が厳しいと聞いた事があります

言い換えれば(クソゲーは発売させない!)と言う事でしょう。ソニーの場合は、(自社による問屋のシステムの確立)により参入しやすい環境となってます

現に初代PSの段階で、(500社の参入)があると昔聞いた事があります。

転機はやはりメガタイトルの発表でしょう。

一番有名なのは、やはり当時のスクウェア(現スクウェアエニックス)でしょう。ファイナルファンタジーシリーズの事で、任天堂との意見の食い違いで険悪な関係になった事が、理由です。今は関係は改善されてますがね。

まぁ。そぅ言う過去の出来事がありますので、Googleが、どの様なサードパーティー参入戦略を立てて来るかが、一つの焦点ですね。

ゲームは人々に夢と感動を伝える為に存在する。

ただ私としては、ゲーム業界は、そぅ言う事を伝える為に存在する訳じゃない。

その開発者達が伝えたい事や学んだ事を一つのソフトとして、形にし(夢や希望を伝える事がどれだけ大切かと)ただ暇潰しの為に作る。

娯楽商品として開発する、マネーゲームによるビジネスではなく本当に人々に(感動、希望、意思、元気、知恵、行動力。そして夢)を与えなければ、意味がなくゲームその物に存在意義がないと

誰が何と言おうと私は、彼等ゲームクリエイターの方々からそぅ教わって育ちましたので。そして今でも(その教え)を信じ続けてます。




まとめ。

ここまでGoogleのゲーム事業参入に伴って、私のゲームに対する想い等をお伝えして来ました。

確かに仰る通りGoogleのゲーム事業参入は、かつてのソニーとMicrosoftの様に、ゲーム事業における化学反応が、起きます。

それと同時に、ゲーム業界でもイノベーションが、起きる事は、お間違い御座いません。

ただ忘れては、いけません。例えどの様な化学反応が、起きてもゲームは、娯楽商品じゃない事を。

ゲームは、人々に夢、希望、感動を伝える為に存在すると。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。