整理整頓

不用品処分にお困りの方に手助けしてくれる存在です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




皆様「不用品」を処分する時って、どんな時ですか?大体の方の場合は、恐らく(引っ越し)の時が、一番多いんじゃないかなって思います?

もしくは、オフィス家具の取り替え時の時も不用品の処分時だと思います

広く一般的に考えれば、大きな片付けの時だと考えられます。

最も盛んな時期は、年度末。つまり3月中の引っ越しシーズンの時が、一番目立つ時期と言う事になります

丁度この頃は、転勤や事務所の移転などで、引っ越し業者が、忙しい時期ですからね

私もかつて(引っ越しのアルバイト)をしていた時期もありました。

あっ。そぅ言えば、家電製品の買い換えの時にも「不用品」の家電を業者が、してくれる「アフターサービス」が、ありますね。うっかりしてましたm(_ _)m。

そぅそぅ。広く分かりやすく言うと、「テレビ、冷蔵庫、オーディオ機器」は、回収してくれますね(^-^)。

私も(4KテレビとUltra HD Blu-Rayレコーダー)を購入した時に、その前に使用していた(テレビとレコーダー)を回収してくれましたね。今でも覚えてます。

そぅ言う「不用品」をメインとした話題を今回お伝えして行きます。その前に対象の方をお伝えしておきます。

やはり全部ですね。ん?ゴミ屋敷が、出て来ましたね?実はこの事も対象となります。理由は後程お伝え致します。

予めご了承下さい。




不用品処分にお困りの方に手助けしてくれる存在です。

さて。そろそろお話しの方を進めたいと思います。まず真っ先な対象である「不用品の片付け」の方です。

ある一定の時期が訪れると、片付けによる整理整頓が、必ず行われます。

特に年末年始と年度末においては、新年に向けてや新年度の新たなスタートに向けての大掃除による片付けが、盛んに行われる事もあります。

私個人的に、最も印象強いのは、やはりオフィスの不用品です。

自分達で、やれればこれに越した事は、ないですが、何しろ「オフィス家具」ですからね(´-ω-`)。

通常の家具でも大変なのに、オフィス家具となるとね(-_-;)

まぁ。役所の不用品回収か、廃品回収業者に、依頼するのが、最も確実で無難な選択となるでしょう。

でもこれ不用品として出るのは、正直言って、かなり数多の数となりますね?理由につきましては、ご想像にお任せ致します。

遺品整理も時にはあります。

他に上げるとすれば、「遺品整理」ですね。これもこれで、正直申し上げますと、非常に難しい事の場合もあります。

いや(–;)。遺品って聞いたらね・・・・・・・(-o-;)。家族の方で、お亡くなりになられた方が、生前大切にしていた物ですからね。

あるし(形見)でもありますから、正直形見の品を整理する事は、ためらいがあると思いますので、もし整理するとなると、やはり倉庫にしまうか、あるいは、業者に依頼するしかなさそぅですね(-_-;)。




やはり一番望ましいのは、廃品回収業者に、依頼する事です。

これはあくまでほんの一例にしか過ぎません。

大きな片付けになって来ると、普通の地域回収のゴミ回収業者じゃ対応出来ない場合が、あります。

何故なら地域自治体のゴミ回収業者は、あくまで可燃ゴミ、不燃ゴミが、メインとなりますので、家具とかになって来ると、やはり廃品回収業者に依頼をする形となります。

その存在はゴミ回収業者としても存在している。

最も強くお伝えしたい事は、この「ゴミ回収業者」の存在です。

その理由として、先程冒頭で話題に触れた(ゴミ屋敷)の存在です((((;゜Д゜)))。

私自身も片付けは、正直言って苦手です。長らくほったらかしにしておくと、部屋内が(ゴミ屋敷)になっている時期もありました(;`・ω・)ノ。

私自身の事は、前置きにして、以前警備員だった頃、この頃私もそぅでしたが、同じ様に同僚の警備員の方が、「ほぼ毎日朝早くから夜遅くまで仕事をし」、帰っても寝に帰る様な生活でした(ー_ー;)。

私と違って、その方は、独身で会社の寮に住んでたみたいですが、ある日突然社長が、その方の部屋を見に行ったら!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚何と部屋中がゴミ屋敷まみれでした(@ ̄□ ̄@;)!!

その後業者に依頼し、部屋中のゴミ回収をした後、整理整頓をした後、大掃除をしたそぅです。

こぅした理由がこの記事を作成した理由です。

そぅ。こぅ言った疲れ果ててゴミの整理すら出来る気力すらない方にこそ、この記事の対象とする理由です

何しろいくら綺麗好きでも心身共に疲れ果ててたらそりゃ掃除する気力もなくなります。

そぅ言う意味合いで「部屋中のゴミ屋敷を何とかしたい方」を対象の理由にしました。

掃除と片付けが、苦手で嫌いな方は、定期的にゴミ回収業者に依頼すべきと言う事です。




まとめ。

ここまで本文で、不用品の処分は、廃品回収業者に依頼すべきである事をお伝えして参りました。

最終的には、やはり廃品回収業者に依頼して、不用品の回収をしてもらうのが、無難であり確実な方法になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。